2005年12月07日

菅原文太@私のグランパ2

完璧に菅原文太さんのかっこよさだけに頼った作品だなー。
この監督の今までの監督作品を見てみても今一歩地味だもんな。

役者の演技が良かっただけになんか非常に脚本の地味さを感じた。
文太さんには「古きよき時代の男のダンディズム」を感じたけど、脚本と言うか構成がいまひとつぱっとしなかった。

シーンの一つ一つはいい場所であったりいい場面なんだけど他がどうもねー。
でも文太さんはいい年の取りかたをしている気がする。
じいさんになっても十分かっこいい。
健さんも文太さんを見習った方がいい気がする。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔