2006年01月09日

里美八犬伝

録画していた里美八犬伝を見た。
子供の頃にはまらなかったせいか、すんなりと入れた。
横では薬師丸ひろ子の里美八犬伝が好きな相方が解説を入れながら見ていた。

今回のお話は誰も死ななかったですね。
昔のやつではみんなの死に際が見せ場だったようだけど…
大森美香さんの脚本だから多分殺さないだろうなーとは思っていたけど、ほっとしたような拍子抜けしたような…

ドラマ自体は面白かったです。
ただ、ストーリー的にはラストがやや綺麗過ぎ…

タッキーは立ち回り頑張っていたけど、台詞回しがちょっといただけませんね。台詞回しのひどさは仲間由紀恵とタメを張ってます。
仲間由紀恵、どちらかと言うと好きな女優さんだけに、台詞回しの臭さが気になる。ごくせんの時の立ち回りのひどさも気になってはいたけど、今回は立ち回りがなくて一安心

その点カンノはやはり演技がうまいなー。
涙流してるだけの女優さんじゃないんだね。
悪の悲哀もよく出ていたと思います。
そういう意味では武田鉄也、悪役の似合わない事、あれじゃただのスケベオヤジだよ。あの役と、渡部篤朗の役は入れ替わればよかったのに。
渡部さんも頑張ってはいたけど、武田の役のほうが本領発揮できたような気がする。

ラストに不満は残るものの全体的には面白かった。
maririn0014 at 20:22│Comments(1)TrackBack(0)ドラマ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by タイシ   2006年01月09日 20:43
僕のブログも映画のことやってるんで見てください!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔