※本イベントは終了いたしました。
202311061753396515
札幌北九条小学校、札幌北高校、北海道教育大学札幌校特設美術、博報堂
ここに「ワタキン」と呼ばれる男がいました。
札幌駅北口にあった書店 金門堂 が実家だから金門堂の渡辺が由来。

ワタキン氏が大学生時にマリヤの現会長の家庭教師をしていたのが縁で、
来札のたびにマリヤに遊びに来て私(社長)にも様々な出会いや発見をもたらしてくださいました。
「大倉山ジャンプ台のランディングポイントにスキーを担いで登って直下滑するとウェアの風切る音がすごいんだ」
「うまいドリアンは木で決まる。危ないから鉄板を頭の上に乗せて取りに行くんだ」
などなど、とにかく面白い方でした。

再開を楽しみにしながらも、残念ながら2023年に亡くなられた故・渡辺隆雄氏やご友人のコレクションや作品をマリヤギャラリーで展示します。一部作品・コレクションは販売もいたします。

昭和から令和まで、美術工芸芸術からサブカルチャーまで、ここまで人々を巻き込んだ、札幌の生んだ天才・ワタキン。
ワタキンを知っている人も、知らない人もぜひご覧ください。