1956年(昭和31年)に原子力発電の促進をめざして設立された政府の原子力委員会が65年(昭和40年)に決定したものに「原子力開発長期計画」があります。
これは90年(昭和65年)度末の原子力設備を1億1千970万キロワットとすることを目標とした非常に“野心的”な計画であり、最終的には40箇所前後の立地に130基もの原発を建設することをもくろんだものでした。
日本では現在、17箇所に54基もの原発が集中立地していますが、この現状と比較してみても上記「長期計画」のすさまじさがわかります。
しかし、日本の商業原発の本格的な運転が始まると、安全や環境への危惧から全国で原発立地反対運動の火の手が広がり、原発立地計画はたちまちにして行き詰まりに直面してしまいます。
まさにその時に首相として登場したのが田中角栄氏であり、田中内閣は74年6月には電源3法の導入へと踏み出します。

さて、電源3法とは原発立地市町村にたいして交付金や補助金を出すためのものであり、財源となる電源開発促進税は電気料金に転嫁されて最終的には国民が負担する仕組となっています。
田中角栄氏はこれ以前にも、その著書「日本列島改造論」のなかで、地元の抵抗なくして電源立地をいかにして進めるかと問いかけており、「発電所を作る場合には住民も利用できる道路や港、集会所などを整備する。また、地域社会の所得の機会を増やすために工業団地などとセットにする」などと電源3法の構想を披瀝していました。
だが、電源3法は過疎で財政的に厳しい市町村につけこむ「札束で頬を叩く」式の懐柔策であり、おまけに建設から10年もすれば交付金が激減し、交付金で作った「ハコモノ」の維持管理費用すらも工面ができなくなるのです。
そのために、いったん原発を受け入れたら最後、2基3基と続けて原発増設を受け入れざるを得ない仕組みにもなりました。

「交付金の巧妙な制度をつくったのは日本の原子力の展望を形づくった田中角栄首相である」とニューヨークタイムズが今年になって報じたとおり、電源3法とそれにもとづく交付金はその後の原発増設の大きな原動力となったのです。

原発マネーは推進する側の人々の金銭感覚も人権感覚も麻痺させること!
さて、この電源3法交付金ともよばれる原発マネーはこれに依存する人々の考え方をも荒廃させていきます。
石川県の石川町で88年に志賀原発の建設が始まりましたが、これに先立つ5年前に敦賀原発や高速増殖炉「もんじゅ」をかかえる敦賀市の当時の高木市長が、原発の「先輩」として同町で講演をおこなっています。
だが、そこで語られたことの中には驚くべき内容が含まれていました。

「原子力発電所は、一瞬をあらそう事故というのはない。そのかわり、100年たってカタワ(障害者に対する差別用語)が生まれてくるやら、50年後に生まれる子供が全部カタワになるやら、それはわかりません。わかりませんけど、今の段階でおやりになるのでしたらおやりになったほうがよい。いつまでも心配する時代ではない」
原発マネーはこの当時の敦賀市長の高木氏のように、推進者の金銭感覚はもちろん、人権感覚すらも麻痺させていきました。

また、同じ原発推進者である自民党の某福井県議は原発を推進する理由として次のように語ったといいます。
「私らには原発の技術的なことはわからない。じゃどうやって原発の是非を判断するかといえば、それは地域振興だよ。地域振興がOKなら原発はOKなんだよ」
この発言から明白なように、某県議氏などの推進者にとっては原発立地が地域振興につながればOKなのですが、では現実に原発の立地は地域振興につながってきたのでしょうか。
さきの敦賀市の場合に電源3法交付金(原発マネー)が1974年から2010年までの間に累計で462億円も注がれましたが、市は交付金依存の「ハコモノ」行政に熱を上げる一方で、ものづくりには力をいれずに地場産業は廃れていきました。
この30年の間に市の製造業者の数が半減しており、敦賀市の実例などは原発マネーが地域振興に役立つものではなかったことを実証しています。

参考 「しんぶん赤旗」連載「原発マネー」より

追伸
(原発推進の片棒を担いだ“マスコミ文化人”への風刺詩のご紹介)

さて、原発マネーに目がくらみ原発推進に協力する自治体の責任も問われるべきですが、原発推進に協力して「安全神話」の片棒を担いだ“マスコミ文化人”の責任も見過ごすことが出来ません。
米国生まれの44歳、日本在住で英語教師のAJレボウイッツ氏は「原発音頭」(『詩と思想』9月号掲載)なる詩でその現状を痛切に批判しています。

「アントニオ「小銭ちょうだい」言っただよ/「かしこまった」と電事連/ほっぺ叩く札束で/猪木さまケッチ過ぎ!」(アントニオ猪木)
「鋭い男タケシ君/ 笑えぬ言葉 地震前/他の施設がダメになる 避難するなら原発だ/ 今そこへ逃げ込めば」(ビートたけし)
「球に詳しい 仙ちゃんは/関西電力のCMキャラ 熱くなったらかなわんね/非温暖化だ とアピール/原子炉もめちゃアッチ」(楽天イーグルス監督星野仙一)