〇中東外交を誤った政府の責任と人質事件に便乗した自衛隊海外派兵への動き!
安倍首相は中東外交を誤り、「イスラム国」を敵視し、イスラエル寄りの姿勢を鮮明にした。中東外交では元々日本は珍しくアメリカ追随でなく独自の立場で接してきたが、今回の首相の外交的立場は明確にイスラエルよりであり、反「イスラム国」の立場を鮮明にし、中東の怒りをかった。そして「イスラム国」が日本人人質2人を取っていることを承知で中東に乗り込んだ。これが「イスラム国」人質事件の最大の原因となった。単なる身代金目当ての誘拐ビジネスではないだろう。また国会で野党はバラマキ中東歴訪でとんでもない事態を招いてしまった首相の責任を追及すべきだ。
ところで政府が人質救出に全力を尽くしている時には、それを黙って見守るべきという主張にも一理あるかもしれない。だが安倍政権はこの事件を利用し、「邦人救出」の名目で自衛隊の海外派兵に踏みだそうとしていることはミエミエ。政府を批判している時ではないと「同調圧力」に合わせて黙していたら、何をするかわからない。本来、国の未来に関わる安全保障・農業・基地・原発などの大事な問題を官僚が勝手に決め、なし崩しに既成事実化してはならない。だが事件を理由に沈黙していたら、ちゃんとした議論無しに、今回の邦人人質事件を利用した「ショック・ドクトリン」のような汚いやり方がまかり通る。
〇私たちは普通の日本人,安倍ではない!「I am not Abe」のメッセージについて!
安倍首相は中東訪問で「イスラム国」を名指しして、そこと戦おうとのメッセージを送った。「イスラム国」有志連合の米英などを正義とし、その一員に加わって共に戦うということだった。そしてこの表明が日本人の人質を危険にさらした。
だが安倍首相は日本国憲法と相容れない特殊な日本人であり、普通の日本人なら、日本は憲法に則って日本を攻撃しないあらゆる国や人々と仲良くし、それをとおして世界平和を作っていきたいと思っている。だから私たちは「I AM NOT ABE」というメッセージを率先して世界に発信しなくてはならない。「人の命がかかっているのだから政府の足を引っ張らずに黙っていよう」という状況ではない。日本人の命を守るには安倍首相の考え方を否定すべきだからだ。
(補足)
米国が中東に民主化をもたらすとしてイラクを攻撃し、その占領の泥沼状態で生まれたのが「イスラム国」。
だから米国との同盟関係の枠内での中東への貢献などはありえない。空爆や軍事路線でねじふせようとしても空爆による民間人殺害などで怒りが増長して「ジハード」に共鳴する予備軍は増え続ける。テレビではこうしたテロの根源を言及するコメンテーターが殆ど出ない。
〇戦後70年の安倍談話について!
「植民地支配」も「侵略」も言葉さえ使わない!当然、これらに対して「痛切な反省」もなく、ましてや「心からのお詫び」なんかない。戦後70年の安倍談話はこんな中身になってしまうだろう。これが「村山談話」を全体として引き継ぐが、文言にはこだわらないということだ。
〇「岩盤規制」を打ち破るとのスローガンについて!
「岩盤規制」を打ち破る「改革断行」と称し、政府が持ち出そうとしているのが「残業代ゼロ」法案と生涯ハケンに道を開く労働者派遣法改悪案だ。口では「賃上げ」と言いながら政府主導で「賃下げ」促進の法改悪をおこなう。「岩盤規制」の打破によって壊されるのが国民の暮らしだ。
また「岩盤規制」の打破の一環として提出されるのが「農協改革」と称する法案。TPP反対運動の要として頑張ってきたJA全中を邪魔だから潰してしまえというところにその最大の狙いがある。TPP反対運動つぶしを狙った農業破壊の企てには反対だ