:





個人的に思い付いた事を記事に書いてる無題のブログです。
記事の内容は千差万別で無差別的に書き込んでおります。




















スクラップの野積み廃材、15時間焼く…異臭通報150件超

ブログ
26日午後9時20分頃、福岡県糸島市高祖の「光華リサイクルセンター」から出火、野積みされた家電などの廃材を焼き、約15時間後の27日午後0時30分頃に鎮火した。

県警糸島署の発表によると、センターは敷地約1200平方メートルで、うち約300平方メートルにエアコンの室外機などの家電や発泡スチロールなどの廃材が野積みされているという。

同市や隣接する福岡市では、消防など関係機関に異臭に関する通報が26日夜以降、150件以上寄せられている。

一方、県は27日朝、福岡市西区で微小粒子状物質(PM2・5)の濃度が高まったため、一時、同市など17市町に注意喚起をした。県は、この火災が影響した可能性があるとみている。

福島県の白河市の鹿嶋神社で夏越の大祓が行われてます

DSC06833_new_0000
今日ですが奥さんと一緒に仕事に行きました。
帰りなんですがそう言えば福島県の白河市の鹿嶋神社で何かイベントが行われてると思い鹿嶋神社へ行きました。





鹿島神社とは?

白河 鹿嶋神社

御祭神 武甕槌命(たけみかづちのみこと)

御由緒

宝亀年間(770〜780年)光仁天皇の御代この地に祭られ、弘仁2年(811年)坂上田村麻呂が東夷征伐の際、改めて常陸国鹿島大明神を勧請した神社で、白河地方の総鎮守とし、武の神、白河以北を守る神として、戦勝を祈願したと言われています。延喜式神名帳(成立927年)にのこる式内社でもあります。その後も歴代城主の尊崇あつく、城主自ら奉幣、参籠し、祭田や社殿の寄進もありました。

文明13年(1481年)時の城主小峯政朝が神社において1万句奉納の連歌会をおこないました。著名の連歌師宗祗が西国からはるばるこの地にやって来たのも、この会に出るためでした。このことは、当時の白河地方の文化が相当高い水準だったことを示しています。

文化3年(1783年)松平大和守により『鹿嶋大神宮』の額が、また大正14年(1925年)海軍元帥東郷平八郎により『鹿島宮』の額が奉納されています。この両額は今も神社の正面に掲げられています。寛政7年(1796年)松平定信公により『楯無しのよろい』(市文化財)も奉納されています。

明治43年(1910年)不幸にして火災にあい、建造物、備品のほとんどを焼失しましたが、大正元年(1912年)再建され、現在に至っています。また、古来より歌枕にある転寝の森(うたたねのもり)は、当神社の飛地境内で、東へ300メートル程のところにあります。

〒961-0051

住所 福島県白河市大鹿島8番地 

TEL0248-23-3079 

FAX0248-22-9933






ここで 夏越大祓(なごしおおはらえ)と言う行事が行われてます。







夏越の大祓(なごしのおおはらえ)とは?

〜この夏を元気に過ごす神事です〜

夏越の大祓は、夏の暑さによる精神のおとろえを防ぎ、正月からの半年の間に知らず知らずのうちに身についた罪(つみ)・穢(けが)れを祓う神事です。

罪穢れを祓い、茅 の輪(ちのわ)をくぐり清らかな心をとりもどし、残り半年の家内安全・無病息災を祈 ります。

夏越の大祓のお祓いを受けた方に御札(おふだ)をお送りいたします(発送は8月1日以 降)。

【茅の輪くぐりの期間】平成29年7月1日(土)〜30日(日)まで

【お初穂】200円 (御札をお送りします)

【夏越の大祓い日時】平成29年7月30日(日) 15:00

【夏越の大祓 お初穂】 200円 (すでに茅の輪くぐりでお初穂を納めた方は無料)

参列者に「茅の輪守り」「お神酒(180ml)」を授与します。








実は去年もこの行事に参加しました。
やり方が難しいんですよね。
人形代 (ひとかたしろ)に郵便番号や住所や氏名や年齢を書くんですが年齢が確か数え年で書くんですよね。
数え年一覧表があるんですが見方がいまいち不明なんです。
おみくじなどの縁起物を売ってる人に数え年を聞いて人形代に書きました。
次に人形代と200円を箱に入れます。
そうすると後ほど自宅に木製の札が送られてきます。
次に茅の輪をくぐるけど厄介です。
スタートから輪をくぐったら左手へ移動して戻って次は輪をくぐって右手へ移動して次は輪をくぐって左手へ移動してラストに輪をくぐったら賽銭箱などがあるところに行きお願いをするんです。
お願いをする前も軽く会釈したり深く会釈したり手を何度か叩いたり神様の言葉を唱えたり色々とやる事が多くて大変です。

中古で1万円ほどのチェーンソーが修理代で18000円も取られた

会社に4台ほどのチェーンソーがございます。
その内の1台は10年ほど前に農機具店で新品で購入した共立製のチェーンソーです。
確か新品で10万円以上もした高級なチェーンソーでした。
けど今では型式遅れで中古市場での価格は約1万円ほどです。
そのチェーンソーが壊れたので社長が農機具店に修理に出しました。
俺はもう中古市場で値がほとんど付いてない型式遅れの物だから買い替えようと言ったけどまだまだ現役で使えると言い張り修理に出してしまいました。
そしたら何と修理代が18000円も取られたのですが。
。。。
中古で1万円で買えるチェーンソーで修理代が18000円とかマジあり得ないっす。
農機具店の方も言ってました。
次に故障して壊れたら寿命だと。
何とその18000円も修理代がかかったチェーンソーですが全くですが直ってませんでした。
自分はチェーンソーを20台ほど所有してます。
雑品屋や貿易屋から1台で7000円から8000円ほどで買い集めてます。
国内のリユース市場へ転売する目的です。
この中から程度が良く価値が有る物を整備して修理して使用した方がまだ有意義だと思います。
今は農機具店やホームセンターで国産のメーカーのチェーンソーがだいぶ安く売ってますがどんな案配なのでしょうか。
とりあえず今回に話のネタになってる共立製のチェーンソーはたぶん寿命だと思うので今は3台体制ですが3台もあれば十分かな。
年中年がら立木の伐採工事を行ってる訳じゃないので。

立木の伐採工事を行いました

DSC06835_new_0000
先日は空き地の立木の伐採工事を行いました。
敷地内に4本の立木がございました。
1本は隣の建物と隣接してるのでチルホールを使用しました。
残りの立木は大した事がないのでロープを使い引っ張り倒しました。
チェーンソーは共立とゼノアとスチールを所有してます。
幹の部分を伐る場合はスチール製のチェーンソーを使います。
中古で5万円ほどする良いチェーンソーです。
枝を払う時は一回り小型の共立製やゼノア製のチェーンソーを使います。
伐採した木の幹の部分や太い枝の部分は薪ストーブの燃料として欲しいと言う方が居たので無償で譲りました。
枝葉は現場の2ヵ所に山にしてあります。
枯れたり乾燥してから処分する予定です。

福島県の矢吹町の本宮家(ほんぐうや)でラーメンを食いました

DSC06405_new_0000
先日は奥さんと一緒にどこかに昼飯でも食いに行こうとなりました。
福島県の矢吹町にある本宮家(ほんぐうや)でラーメンを食べようとなりました。



本宮家とは?

福島県の矢吹町にあるラーメン店。

店名 本宮家 (ほんぐうや)

ジャンル ラーメン

〒969-0264

住所 西白河郡矢吹町中畑478-1

電話番号 0248-43-2348

営業時間 11:00〜14:00 16:00〜20:00

定休日 火曜日

特徴 ランチあり

ランチ営業 日曜営業

予算 〜¥999






ここのラーメンの一押しは何と言ってもチャーシュー麺です。
チャーシューの肉が柔らかくとても美味しいです。
とりあえず俺は普通に本宮家ラーメンを注文しました。
価格は600円と良心的です。
あの美味しいチャーシューが1枚だけ付いてくるんでしょね。
とても美味しかったです。
奥さんはチャーシュー麺を注文して食べました。
価格は少し豪華で1000円です。
とても美味しそうに食べてました。
おしまい。
これはレビューや批評や感想のブログです。












記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール

自画像(戦場ヶ原 ひたぎ)
名称未設定-1 hspace=

自画像(高屋敷 青葉)
高屋敷 青葉

自画像(月代 彩)

名称未設定-1

自画像(菊坂 胡蝶)
4

自画像(秋庭 里香)
名称未設定-1

自画像(小町 つぐみ)
5bc4c842

自画像(神尾 観鈴)
21138019.jpg

自画像(藤林 杏)
rfr
自画像(我妻 由乃) 我妻由乃