:

2012年01月

3c4cb948.jpg自室は2部屋あります。
まあ自室の定義がいまいち分からんけど。
自室と言いましても特段に俺の部屋ではないです。
親が建てた部屋に住ませてもらってるだけです。
2部屋は建て増しで今は倒産した工務店が建てました。
どうも寒いんですが。。。。。。
俺の単なる気のせいかい。。。
ファンヒーターで部屋を暖めてます。
1部屋だけ。
ファンヒーターにもデジタル温度計機能が備わってます。
同じ部屋の中にも関わらずファンヒーターが置いてある付近から俺のパソコンをしてる場所まで離れると4度ほど室内の温度が低いです。
同じ部屋でも室内の温度がだいぶ違うんです。
部屋の2面は屋外に面してるので寒いのでしょうか。
あるいは最強寒波の影響でしょうか。
一応は外壁と内壁の内部にグラスウールの断熱材が入ってるらしいのですが。

216fbadf.jpg自分は旧500円硬貨をコレクションしてます。

旧500円硬貨とは?
五百円硬貨(ごひゃくえんこうか)は、日本政府発行の貨幣。
五百円玉(ごひゃくえんだま)とも呼ばれる。
2000年8月にデザインと材質が変更された[2]。
記念硬貨などを除いた一般流通硬貨では、世界で有数の高額面硬貨である。
登場当時も、スイスの5フラン、ドイツの5マルク、スペインの500ペセタ硬貨と並び、高額面硬貨として話題になった。
このことが一因となり大量の変造硬貨使用事件を招き、2000年のマイナーチェンジのきっかけとなった。
新旧の硬貨の違い
旧硬貨が銅75%、ニッケル25%の白銅製だったのに対し、新硬貨では銅72%、亜鉛20%、ニッケル8%のニッケル黄銅製となった。
これにより電気伝導率などが変わるため、機械での偽造硬貨の検出が容易になった。
またこれにともない、色がやや金色がかり、質量も少し減っている(写真付記参照)。

要約すると旧500円玉の材質は銀色の白銅製です。

白銅とは?
白銅(はくどう、cupronickel)は、銅を主体としニッケルを10%から30%含む合金である。

けど変造硬貨事件が続発。
日本の旧500円硬貨と韓国の500ウォン硬貨が非常に似た構造になってます。
材質が同じ白銅であり、大きさが同じ26.5mmで重さ7.7gとやや重いだけである。
特殊に細工加工された韓国の500ウォン硬貨で自動販売機などで普通に使用が出来ちゃう。
自動販売機が日本の500円硬貨と認識してしまうのです。
韓国の500ウォン硬貨と言っても当時のレートで日本円で50円ほどの額面価値しかないです。
この変造硬貨事件により旧500円硬貨は廃止され新500円硬貨が誕生しました。
新500円硬貨の特徴は材質ですね。
旧500円硬貨の材質は白銅ですが新500円硬貨の材質はニッケル黄銅です。

ニッケル黄銅とは?
洋白の一種です。
洋白(ようはく)は、銅と亜鉛、ニッケルから構成される合金である。
現行のの五百円硬貨は、銅72%、亜鉛20%、ニッケル8%の合金製であるが、貨幣の世界ではこの合金をニッケル黄銅と称し、造幣局もこれを材質の正式名称としている。

ニッケル黄銅なので若干ですが金色を帯びてます。
真鍮(黄銅)と成分が似てるので真鍮の色を若干ですが帯びてる感じでしょうか?

これだけは覚えてたほうが良いかも知れません。

青銅=砲金
黄銅=真鍮
白銅
これらは全て銅の合金です。

砲金=銅と錫の合金
銅の歩留まりは約80%〜90%
真鍮=銅と亜鉛の合金
銅の歩留まりは約65%。

スクラップで一般的に白銅とか洋白はあまり見かけない。
洋白製の洋食器などは出る可能性もある。
白い金属でも銅の合金も存在する。
洋白や白銅などなど。

話を戻すか。。。
自分は全く無意味に旧500円硬貨をコレクションしています。
全くですが意味は無いです。
額面以上の価値は無いです。
けど昭和62年製の500円玉は価値はある。
この年に製造された500円玉が極端に発行枚数が低いから。
俺は日本貨幣カタログを1冊もってます。
日本で発行された硬貨の大半を網羅してます。
プルーフや完未や未使用や美品や並品の貨幣の相場が乗ってます。
もちろん江戸時代などの硬貨の相場や写真などの掲載されてます。
大判小判なども。。。。。。
ゴミの中から大判小判が出てこねーかな。。。
もちろん材質も載ってます。
金が672で銀が294で雑が34など。

話を戻すか。。。。。。。
旧500円硬貨がお釣りで来たら集めてます。
ここ数ヶ月ほどはお釣りで旧500円硬貨は来てない。
そしたら社長がなぜか旧500円硬貨を何枚か持ってました。
換金してもらった。
今では旧500円硬貨が20万円ちょいほど貯まりました。
貯まったと言っても先ほども言いましたが額面以上の価値はほぼ無いですがね。。。
旧500円硬貨は銀行や郵便局へ入れば強制的に回収されて廃棄処分されてます。
今では白銅の鮮やかな銀色の旧500円硬貨は見かけないでしょう。
社長に旧500円硬貨と新500円硬貨の話をして色が違う事を教えても色の見分けが付かないそうです。
どんだけ老眼なんだよ。。。。。。。。。
眼鏡をかけてもいまいち色の違いが分からないそうです。
。。。。。。。。。。。。。
年はとっても別に良いけど老眼だけにはなりたくないな。
つーか覚える気が知る気が全く無いの旧も新も同じ色にしか見えないだけだと思います。
社長に砲金くずと真鍮くずの選別をさせるとごちゃ混ぜになるのでやらせません。
色の見分けが付かないのでごちゃ混ぜになるのでしょう。
と言うか色の見分けを付ける気が無いので色を見分ける事が出来ないのでしょう。

b94ced2f.jpg先日は少し暇だったので雑多なミックスメタルくずを選別しました。
4時間ほど。
画像のように色々な金属くすがごちゃ混ぜです。
特段に難しい作業ではないです。
不純物を外したり解体したり切断したり材質ごとに選別したりするだけです。
俺は広域な意味合いとしてミックスメタルと勝手に呼んでますが。。。
砲金や真鍮系の金属が多いかな。
スクラップの金属屑の王様は銅くずです。
銅屑や銅の含有率と言うか歩留まりと言うか銅率が高い金属がたくさん回収できれば採算に合います。
逆に見た目が白っぽい金属くずばかりだと大物で重量が稼げれば採算に合うけど難しいかも知れん。
アルミニウム屑や亜鉛合金屑(丹入屑)やステンレス屑などなど。
これらの金属は単価が赤系の金属屑よりだいぶ安いですからね。

f7e24ba8.jpgいやあ、今日は半端じゃなく寒かったです。
今季最強寒波、ここに降臨。
日中でも道路の電光掲示板の気温の表示が−2度でした。
日中も氷点下でした。
まあニュースでは最高気温はゼロ度となってましたが。。。
気温が低いだけではなく物凄く風の通り道の現場だったので北風ぴゅーぴゅーでしたよ。
朝に社長が現場へ灯油ストーブでも持ってくかとなったけど却下。
火事にでもなったら危ないし忙しくてストーブで暖を取る時間なんてねえだろ。
まあ気温が低くとも風があるとないとでは体感温度が全然ですが違いますからね。
それでも流石に氷点下の中での作業は堪えます。
寒いだけで体力が消耗します。
それでも仕事が始まっちゃえば寒いも暑いも無いですね。
仕事で本気になっちゃうから寒いと言う思いは無くなってします。
逆に休憩時間の時とかのほうがめっちゃ寒さが堪える。
早く仕事を始めちゃうべとなっちゃうよ。
自宅へ帰ってきたらコタツで30分ほど飯も食わずに横になってました。
体の芯から芯まで冷え切ってしまってなかなか温まらない。
自室へ来て部屋のファンヒーターの電源を入れたら驚いた。
ファンヒーターに温度計機能があるでしょう。
0度でしたよ。
0度。
冬って言っても朝晩の部屋の温度は寒くとも4度から5度はあるぞい。
自室がゼロ度は記憶にないなあ。
と思いきや天気予報を見たら地元の最高気温は氷点下1度でした。
明け方は氷点下10度だったんだよ。
明日もキツイだろう。
今日と同じような気温だ。
いやあどうもどうもだよ。
1週間天気予報を見ても最高気温が超低空飛行状態。
最高気温がゼロ度から2度が続くよ。
それでもやる。
寒い言ってられない。
もっと寒い地域などいくらでもある。
気合でやるしかないね。
もう気合一番で行くしかねえだろ。

c41abc93.jpg先日ですが社長が銅ブスバー屑を持ってきました。

銅ブスバーとは?
無酸素銅又はタフピッチ銅の長方形の中実断面を持つ導電体。

意味不明すぎる。。。

要するに電線じゃなく電板なんです。
電気を流すための銅板です。
画像の銅ブスバーは何か黒い色をしてるでしょう。
実は被覆が巻いてあるんですんわ。。。
被覆銅ブスバーくずです。。。
何の被覆か分かりますか。
被覆と言っても塩ビ樹脂製ではないです。
何とチタン合金です。

チタンとは?
チタン (英: titanium, 羅: titanium) は、原子番号22の元素。
元素記号は Ti。
チタン族元素の一つで、金属光沢を持つ遷移元素である。
チタニウムと呼ばれることもある。

なぜ銅ブスバーにチタンで被覆されてるかと言うと銅ブスバーが腐食などしないようにです。
この状態じゃスクラップ業界では銅くずの何に分類されるのかな。
山行銅くずでも通らないでしょう。
買い取りしてる業者があっても単価を叩かれるでしょう。
銅ブスバー屑に巻いてあるチタン板を外します。
外すと言っても刃物では刃がたちません。
チタンと言う金属はガッチガチに硬い金属です。
例えるならステンレスよりももっと硬い感じです。
チタンと聞くとアルミニウムを連想するかも知れませんが全然です。
アルミニウムと似てるのは比重が軽い事でしょうか。
チタンと言う金属はめちゃくちゃ比重が軽い金属です。

金属素材のチタン合金
チタン、あるいはチタン合金の持つ、強度、軽さ、耐食性、耐熱性といった性質から、航空機、潜水艦、自転車やゴルフクラブ等の競技用機器、化学プラント、生体インプラント材料など多岐にわたって使用されるほか、鉄鋼合金との脱酸剤や、ステンレス鋼において炭素含有量を減少させる目的などにも使用される。加工性にはやや難がある。

とりあえず電気で熔かして切断してみました。
独自の方法で切断してチタン板を外して行きました。。。
初めの頃は試行錯誤の連続でしたが徐々に要領を得てきたので今では結構ですが順調に外せます。
途中から現場の視察へ行ったので作業が中途半端になってしまった。。。
それでも半分ほどは外したかな。
残りは暇な時にでもまた外すか。

03a1420c.jpg先日はアパートのゴミの片付け作業でした。
去年の東日本大震災の揺れでガタガタになってしまったアパートです。
要するに建物解体の取り壊しです。
アパートの一世帯の住人がゴミを全て置いて出て行ってしまいました。
何だこのゴミ屋敷は。
凄いゴミの量です。
とりあえず1部屋ずつ片付けて行きました。
そしたら何か知らんけど動物の糞が大量にあるのですが。。。
何とウサギが住み着いてたと言うか前に住んでた人がアパートでウサギを部屋の中で放し飼いで飼っていたんです。
いやあ疲れた。
選別選別の糞の始末の従業員に指示出しで疲れた。
自分の作業に専念が出来ないんですよね。
定期的に従業員の事を監視してなければ。
知識に乏しいんですよ。
かと言って本気になって教える気は無いです。
教えるのに何日も何週間も何ヶ月もかかります。
それにたぶん覚えないかも。
出来るだけゴミの選別などを教えるときはなぜ選別しなければならないのか根本から教えてるのですがその根本をなかなか理解してくれません。
古紙が満杯になったので資源ゴミ屋に捨てに行ったら古紙の中にカセットテープなどの異物が10個ほど混ざってた。。。
それでも皆さん流石です。
本物のみが生き残れる世界が本物のみが生き残れる世界です(謎
要領が良い人や気配りが利く人や細かな作業が得意な人などなど。
そう言えば現場でこう言う話がありました。
社長が現場へ来たらウサギに餌をあげる話をしたので速攻で怒鳴りつけてあげまし。
偽善者的な事は一切ですがするなと。
兎畜生の事など今後一切ですが構うなと。
来月から取り壊す建物に住み着いた兎畜生に餌など与えて何になると言うのでしょうか?
建物の取り壊しを中止して兎の寿命が来るまでアパートで飼い続けると言うのでしょうか?
誰一人として兎の面倒など見れる訳が無いのにその場凌ぎで餌など与えて何の意味があるのでしょうか?
戸は全開に開いてるのでいつでも逃げられるでしょう。
それでも居つくのであれば兎は無視してそのまま建物を壊します。

53dce57b.jpg先日は結構な雪が降りました。
30cmほどの雪が降り積もりました。
先日の仕事は会社の倉庫まで中古のユニットバスを運び入れる作業でした。
けど道路から倉庫までの道のりは雪が降り積もったままです。。。
社長がトラクターで踏み付けて圧雪状態にしてしまうとか言ってました。
圧雪させて車が走れるようにするんです。
俺は少し野暮用で出撃しました。
会社へ帰ってきたら何と倉庫までの砂利道の道路にユンボが歩いた(走った)跡が付いてるではないか!!
たまたま道路の圧雪した雪を除雪したユンボに走ってもらったそうです。
とりあえず道は開けた。
後は任せろ(謎
残りの雪は俺の軽トラックを走らせて圧雪状態にしてしまいました。
かなりの雪の深さです。
軽トラの腹が雪に引っ掛かってしまいます。
まあ雪は柔らかい物なので引きずっても壊れたりしないでしょう。
ユンボと軽トラックを使い無事に道路に降り積もった雪を圧雪状態にして車が行き来できるようになりましたとさ。
おしまい。

7eeb52c7.jpgそう言えば福島県道37号白河羽鳥線が通行止めになってた話をしたかと思います。
これです。

福島県の羽鳥街道の県道37号線が通行止め
http://blog.livedoor.jp/mark2mx40/archives/1838582.html

福島県道37号白河羽鳥線とは?
福島県道37号白河羽鳥線(ふくしまけんどう37ごう しらかわはとりせん)は、福島県白河市と岩瀬郡天栄村を結ぶ主要地方道。
天栄村内では羽鳥湖畔に沿う。

2011年3月の東日本大震災の地震で法面が崩れ落ちてしまい通行止め状態が長らく続きました。
けど2011年の12月頃に片側通行ですが再開通(仮開通)しましたよ。
先日ですがたまたま羽鳥湖方面へ行ったので工事の進行状況を見てきました。
そしたら何と通行止めの看板が全く見当たらないのですが??
どうやら通行止めは解除されてるっぽい。
とりあえず走ってみました。
そしたら片側通行ですが再開通(仮開通)してた。。。
何か 待ち時間、10分以上 とかの看板も見受けられるのですが。。。
10分以上。。。。。
とりあず法面が崩れた現場付近まで来た。
そしたらただ単に片側通行で信号機が設置されてありました。
とりあず法面が崩れて工事が行なわれてる現場の動画を暇だったので撮影してきました。
これです。

福島県道37号白河羽鳥線が仮開通(片側通行)2011年12月頃
http://www.youtube.com/watch?v=ZkCoXV68qKE

47cc9256.jpg先日は野暮用で夕方頃に出ました。
帰りは夜の11時ごろになってしまいました。
その日の日中は気温が高く降った雪が融けて道路の路面が濡れてました。
けど夜は寒いっしょ。
ツルツルに路面が凍ってました。
見えざる敵。
路面には雪がほとんど残ってなく舗装が見えるが凍ってる感じ。
路面に薄い透明な氷の膜が出来た感じの状態です。
それでも四駆なので普通に走る分には余裕でしょうか。
余裕じゃないか。。。
何が怖いかと言うと信号機がマジで怖い。
目の前で信号が黄色から赤に変わっても急には車は止まれません。
いくら四駆のスタッドレスタイヤでもスーって滑ってしまいます。
ある程度は信号機を逆算して走らなければ駄目だな。
歩道用の信号機などが青点滅状態になったら車道の信号機もやがて青から赤に変わるなどなど。
それでも国道を走っていたので時速50kmほどは出します。
陸橋の上へ差し掛かりました。
陸橋なので路面がアイスバーン状態でした。
車が流れ始めた。。。。。。。
車が左右に4度ほどぶれたけど何とか制御不能状態に陥らず制御しきりました。
前も横も後ろも車だらけで制御不能で自爆事故を起こせば多重衝突事故は間違いない状況でした。
普通じゃ考えられないっしょう。
急ハンドルや急ブレーキを踏んだなどなら車がぶれたりするけど普通に真っ直ぐ走ってる上体でぶれるなど。
次の信号機が赤で停止したので急いで車から降りてぐるっと車を1周して違和感の原因を確認。
特段に異常は見られなかったと言うか信号が青へ変わったので急いで車に乗り込み発進しました。
それでも何か違和感を感じる。。。。。。。
何だこの違和感は。。。。
そう思ってる内に何と車が真っ直ぐに走らなくなり始めた。
常時ですが真っ直ぐに走ってても右側へハンドルが取られる。
おれは異常事態だと思いました。
何気にドアを開けてタイヤを見たら暗くてよく分からんけど何かタイヤがパンクしてるっぽい。
。。。。。。。。。。。。。。。。
国道沿いのトラックなどが休憩する広場に車を停車させてタイヤを見たら完璧にパンクしてますね。
例えるなら格納容器も圧力容器も1気圧じゃねぐらいの壮烈無比なるパンク状態です。
けど楽勝っしょう。
スペアタイヤと色々な工具が積んであるので。
どうせこんな夜中じゃ自動車整備工場など営業してないでしょう。
つうか夜中の日曜日なのでガソリンスタンドなどでもパンク修理は無理かな。
それでもスペアタイヤと必要な工具さえあれば楽勝っしょう。
とりあえず十字レンチとジャッキさえあれば楽勝にホイールナットやパンクしたタイヤ付きホイールを外せます。
後は普通にスペアタイヤを装着すればOK。
次の日に急いでお世話になってるガソリンスタンドでパンク修理してもらいました。
後はパンク修理したタイヤ付きホイールとスペアタイヤを入れ替えればこれでOKです。

8c21e813.jpg今日なんですが朝起きて外を見たら凄い雪が降りました。
夜中の知らぬ間に降ったのでしょう。
朝にはもう雪は止んでました。
30cmほど降り積もったと思う。
ここは気合を入れて雪かきだな。
貴重な日曜日の初っ端から雪かきって。。。
とりあえずマジで気合を入れて雪かきをしました。
母がシツコク疲れるから休め休めと言うけど無視して雪かきを続行。
俺はやると言ったら何が何でもやり遂げるぞ!!
終わりました。
気温はそれなりに高いので早めに雪解けするでしょう。
直射日光が当たる場所などは。

7db31fab.jpg先日ですが知人からエンジンチェーンソーを買ってきました。
俺はエンジンチェーンソーなら物が良ければ3000円から6000円で買ってます。
もちろん不動の故障したチェーンソーです。
最低でもエンジンの焼き付きや重大な部品の欠品などが無い限りは。
もちろん輸出ではなく国内のリユース市場に出します。
だから国内で需要が無い物は扱っておりません。
先日ですが知人から共立製のV3501モデルのチェーンソーを買ってきました。
4000円で売ってくれと言ったら売ると言うので買ってきた。
状態は重大な部品の欠品などは無さそうです。
けど油と言うか固着したオイルと木屑がへばり付いてます。
とりあえず燃料を入れてスターターを引っ張ったら普通にエンジンが始動したけど刃が回らん。。。
キャブの異常と言うか故障じゃなくて良かったです。
キャブ清掃とか面倒なので。。。。。。。。。。。
とりあえずバーや遠心クラッチなどを保護してるカバーを外して清掃しました。
灯油と洗浄用シンナーを混ぜた液体で。
ゴミがガッチガチに詰まってバーや刃もさび付いてます。
それらのゴミや錆などを除去したら直りましたよ。

4afd3cb5.jpg先日は某方面へ野暮用で出撃。
そう言えば思い出した。
某方面に廃棄プラスチック屑を買い取りしてる業者があるんだ。
廃棄プラスチック屑と言っても歴とした資源ゴミです。
廃棄プラスチック屑からプラスチック製品に生まれ変わります。
空車で行くのも何だから廃プラを積み込んで行きました。
画像のプラスチックくずが廃プラくずです。
実は廃プラと言いましても材質が多種多様なんです。
ポリプロピレン樹脂やポリエチレン樹脂やポリスチレン樹脂などなどです。
画像の屑物は樹脂未選別のMIX品です。
色々な樹脂がごちゃ混ぜになっております。
ちょうど軽トラックに1台分に仕上がりました。
1回に捨てに行くと150kgほどになるんです。
まあ売値は鉄くずなどのスクラップと比べると劇的に安いですけどね。。
けど逆に産業廃棄物で処理すれば30円の逆有償ですからね。
差額を考えると結構な差額が出ます。
まあ画像に写っている廃プラの大半は一般廃棄物ですがね。。。
バラ積みでバラ降ろしです。
どのようにMIX品をリサイクルしてるのかは謎だ。。。
まあ粗破砕や圧縮などして中国へ輸出して樹脂の選別や不純物の除去など行なってリサイクルしてると思いますが。
中国は日本よりもはるかに人件費やゴミの処理費が安いですからね。

75aca9a4.jpg先日は結構ですが雪が降りました。
そして今日は半端じゃなく雪が降りました。。。
冬場は自動車のフロントガラスやリアガラスやドアガラスやサイドミラーなどに霜や氷や雪がへばり付いてます。
俺は金ベラを使いそれらを削り落としてます。
おれはあまりお勧めは出来ません。
俺の独自の手法なのでどのような副作用があるのか全く分からんから。
金ベラと言ってもしなるタイプの物です。
しなっこい。
霜でも氷でも雪でもすーっと削り落とせます。
しなっこいので湾曲したガラスにも綺麗に刃先が密着します。
これがカワスキなどの硬いケレンベラじゃ一部しか削れないと思います。

5c2a539c.jpg先日ですが社長が廃棄灯油くずを譲り受けました。
廃灯油と言っても今まで普通に使用されてた灯油なんですがね。。。
その汲み取りに動因されました。
とりあえずプラスチック製の18リットルのポリタンクを5個ほど現場へ持って行きました。
あの灯油などを入れるポリエチレン樹脂製のポリ容器です。
そしたら灯油タンクがの容量が大きいです。
最大で480リットルも入る灯油タンクでした。
タンクに付いてある灯油の残量を示す油量計を見たら約半分ほど残ってます。
単純計算で約200リットルほどの灯油がタンク内に残っている計算になります。
とてもポリタンク5個じゃ足りません。
ポリタンク5本が満杯になったので一旦ですが会社へ戻りました。
会社の灯油タンクへ移し変えました。
この灯油タンクの灯油は全てストーブ用の灯油です。
全て廃灯油なので若干ですがヤバイです。
ファンヒーターって結構ですが精密構造だから混ざりの燃料を使うと壊れる恐れもあります。
その点では灯油ストーブのほうが単純構造なので若干ですが不純物が混ざっていても壊れません。
空になったポリタンクを6本積んでまたしても現場へ灯油の回収へ行きました。
6本に満杯にありましたね。
単純計算で11本×18リットル=198リットルほどですね。
これは今年の冬は燃やし切れないほど譲り受けたんじゃないですか。
灯油を。
めっちゃあれっしょ。
いいっしょ。

25ca60f8.jpg先日ですが鉄くずを譲り受けました。
農業や園芸に使う支柱くずです。
この金属屑は基本は鉄くずですがプラスチックが巻いてあるんですよね。
鉄製のパイプに錆びないように樹脂が巻いてあるんです。
このような樹脂などが巻いてある鉄くずを嫌う業者もあるかと思います。
あるいは樹脂分の重量を引くスケール引きやダスト引き扱いされたり下級な鉄くずで扱われたり。
適当にスクラップ屋に電話して聞いたらダスト引き無しのシャー1級で大丈夫と言うので会社の鉄くずのストック場へ運ばず直接ですが捨ててきました。
かなり重いです。
かなり重いです。
支柱が荷台へ収まらなかったのでリアのアオリをボディの高さと同じくなるように倒して鎖で引っ掛けて行きました。
そしたらスクラップ屋のほうでその鎖が外れなくなってしまいました。
倒したアオリに支柱の重量の負荷がかかって絶対に外れない。
アオリもコンパネも無視してそのままマグネットクレーンで粘着けて荷降ろししました。
どこかに鉄くずが車体のどこかに引っ掛かった状態でマグネットクレーンで引っ張られたら壊れてしまうけど何とか大丈夫でした。

6823e09f.jpg先日に福島県の天栄村にある羽鳥湖の羽鳥ダムの話をしたでしょう。
これです。

福島県の羽鳥ダムの堤体が壊れてた 2012年1月
http://blog.livedoor.jp/mark2mx40/archives/1858946.html

羽鳥ダムの水は主に農業用水として使用されてます。
主に矢吹町などです。
けど羽鳥ダムの堤体などが去年の東日本大震災で壊れてしまいました。
復旧作業が続いております。
それ以外にも羽鳥ダムから水を流す水路のパイプも揺れによってダメージを受けてしまいました。
地層のずれや大揺れに伴いパイプがずれてしまいました。
画像のようにこちらも急ピッチで復旧作業が行なわれてます。
主に福島県の矢吹町や鏡石町などでです。
方針としては今年の田植時期ごろまでには何とかダムや水路の復旧を終わらせたいそうです。
去年はダムや水路が壊れ水が無く稲作などが出来なかった田畑が相当数の面積でありました。

去年ですが日本に大地震が襲いました。
東日本大震災です。
主に東日本が地震で生じた揺れや津波の影響で大打撃を被りました。
津波で甚大なる被害を受けた地区では瓦礫の撤去作業はだいぶ進んでます。
ふと思う事は更地になっってしまった宅地や田畑の雑草です。
去年は雑草の話はほとんど出ませんでした。
けど今年辺りから管理や手入れが放棄された田畑や更地になってしまった宅地などで雑草が大発生するんじゃないかと危惧しております。
これは単なる個人的な思いで実際に雑草が大発生すると言う意味では無いです。。。
雑草対策の話は全く聞かないですが大丈夫なのでしょうか?
雑草に対して最も有効な対策は除草剤による除草かと思ってます。
けど除草剤は歴とした農薬なので何だか難しそう。。。
けど刈払機などによる草刈りでは対応し切れない可能性もあります。

2c1e5716.jpg
注意
2012年8月1日現在で羽鳥湖の堤体の補修工事は無事に完了しました。
完了報告記事
福島県の羽鳥湖(羽鳥ダム)の堤体の補修工事が完了
http://blog.livedoor.jp/mark2mx40/archives/1901695.html

福島県の天栄村に羽鳥湖の羽鳥ダムがあります。

羽鳥ダムとは?
羽鳥ダム(はとりダム)は福島県岩瀬郡天栄村大字羽鳥、一級河川・阿賀野川水系鶴沼川に建設されたダムである。
堤高37.1mのアースダムで、アースダムの規模としては全国屈指である。ダムによって形成された人造湖は羽鳥湖(はとりこ)と呼ばれ、周辺地域がリゾート地域として開発されたこともあり、ダムよりも有名となっている。

このダムの堤体が東日本大震災の影響で壊れてしましました。
画像の部分が堤体です。
壊れて損傷を受けてしまい羽鳥湖の羽鳥ダムでは水が溜められない状態が続いております。
本来ならば画像の堤体の上に福島県道37号白河羽鳥線が通ってましたが今は補修工事の影響で通行止めとされてます。
羽鳥ダムの貯水量は27321000立米と非常に大きな事から堤体の復旧は慎重に行なう必要があるそうです。
適当に補修して急いで補修して大丈夫かと思いきや堤防が決壊してしまったら大変な事態へ陥ります。

実は福島県の矢吹町などでは羽鳥ダムの水を使い稲作が行なわれてる地区が結構ですがあります。
今年は羽鳥ダムから水が来なかったので相当数の面積で水不足で水が無く稲作が行なえませんでした。

国営白河矢吹開拓建設事業とは?
水源確保に難渋していた白河・矢吹地域への開拓を促進するため1941年(昭和16年)より国直轄事業として「国営白河矢吹開拓建設事業」が策定された。
阿賀野川水系より流域変更を行って阿武隈川水系への農業用水供給を図るため、その水源として計画されたのが羽鳥ダムである。
農業用水が供給され受給対象となるのは須賀川市、西白河郡矢吹町・泉崎村、岩瀬郡鏡石町・天栄村の1市2町2村に及び、水田1,600haと畑560haの新規開拓農地に用水が供給された。
こうして「国営白河矢吹開拓建設事業」はその後さらに整備が行われ、1964年(昭和39年)に全事業が完了した。

来年と言うか今年の稲作の時期までには何とは復旧させたいらしいのですが結構ですが難航してるか??
俺的には工事は今年の田植の時期までには間に合いそうにないんじゃないかと。。。
それでも日本の復旧は早いなんてもんじゃないですからね。
道路でも鉄道でも復旧が早いと思いますよ。

先日と言うかもう何ヶ月も昔の話か。。。
水素〜1/2の奇蹟〜と言うゲームが投げ売りと言うかワゴン売りされてたので何気に買ってきました。

水素〜1/2の奇蹟〜とは?
『水素〜1/2の奇蹟〜』(すいそ にぶんのいちのきせき)は、オデッサプロジェクトのゲームブランド、e-エ・レ・キテルから2001年3月30日に発売されたゲーム。

2001年の作品か。。。
ゲームはしません。
時間が無い。。。
んじゃなぜこのゲームソフトを購入したのかとなる。
実はサントラCDのような物が同封されてます。
もちろん主題歌のオープニングテーマ曲やエンディングテーマ曲のフルバージョンも収録されてます。
「flow 〜水の生まれた場所」と言う歌でで歌手は「KOTOKO」です。
これはOP動画でショートバージョンですがこの歌です。

PC 水素 〜1/2の奇蹟〜 OP
http://www.youtube.com/watch?v=52kGQLWnHTM

この曲が隠れ名曲だと思ってます。
知名度はほぼ無いですけど。
あれ。。。
もしかして俺だけなのかい。。。
隠れ名曲と思い込んでる奴って。。

70ba1735.jpg先日ですが岩手県に旅行に行きました。
盛岡市から宮古市へ行き山田町と大槌町を通り釜石市へ行きました。
釜石市も沿岸部なので東日本大震災で生じた津波の被害は甚大だと思いました。

釜石市とは?
釜石市(かまいしし)は、岩手県の南東部、陸中海岸国立公園の中心に位置し、世界三大漁場の一つ北西太平洋漁場の一角をなす三陸漁場と典型的なリアス式海岸を持つ市である。
近代製鉄業発祥の地であり、最盛期の人口は9万人を超えることもあったが、製鉄所の高炉の休止に伴い人口が減っている。

津波の被害が甚大だった地区も瓦礫などの撤去作業はだいぶ進んでるかと思います。
けどまだぽつらぽつらと未解体の建物が点在してます。
年金や支店やJAなどの看板がある建物はJAの建物です。
これはJAいわて花巻釜石支店です。
津波の影響でほぼ全壊しています。
鉄骨造りの建物なので津波に流されずに残ってますが。
画像の4階建ての建物は釜石警察署です。
釜石警察署も津波の被害が甚大で今は無人状態です。
何台か白バイらしき物が無造作に置いてあります。
駐車場はこれは津波に流された車の廃車置場になってます。

↑このページのトップヘ