:

タグ:家電雑品くず

ブログ
係留中の貨物船で火事 乗員9人ケガなし

日本テレビ系(NNN) 12月18日(金)17時55分配信
 
18日午後、愛知県豊橋市で係留中の貨物船で火事があり、午後5時時点で2時間以上燃え続けている。消火活動が行われていて、ケガ人はいないという。

警察などによると、18日午後2時半ごろ、豊橋市神野ふ頭町の3号岸壁で、停泊していた船から煙が上がっていると消防に通報が入った。

三河海上保安署によると、船は、カンボジア船籍の貨物船で、中国に運ぶため、スクラップを積み込む作業中に火災が発生したという。船には乗組員で20代から50代の中国国籍の男性9人が乗っていたが全員避難し、これまでのところケガ人はいないという。

現場では積み荷をおろしながら、消火活動が行われているが、火災発生から2時間たった午後5時時点でも船からは黒い煙が上がり続けている。

現場には、海上保安庁の消火を行う船舶も到着し、消火活動を行っている。





港に停泊中の貨物船から火災 愛知・豊橋

日本テレビ系(NNN) 12月18日(金)16時25分配信
 
愛知県豊橋市の三河港に停泊中の貨物船で18日、火災が発生した。午後4時時点で消火活動が行われている。

警察によると、18日午後2時20分ごろ、豊橋市神野ふ頭町の3号岸壁で、停泊していた船から煙が上がっていると消防に通報が入った。

三河海上保安署によると、船はカンボジア船籍の貨物船で、スクラップの積み込み作業中に火災が発生したという。ケガ人は確認されていないという。

現場では積み荷をおろしながら消火活動が行われているが、黒い煙が上がり続けている。現場には、海上保安庁の消火を行う船舶も向かっているという。

ブログ
2013年6月14日、不用になって捨てられたコンピュータや携帯電話は、最終的にどこに行き着くのだろうか?
国連がこのほど発表した報告書によると、世界各地で廃棄されたE-Waste(電気・電子機器廃棄物)の約7割が、最終的に中国に持ち込まれ、中国は今や世界最大の電子廃棄物の「ゴミ捨て場」となっている。
中国経済周刊が伝えた。
E-Wasteとは、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、コンピュータ、携帯電話など電子製品・部品の廃棄物のことを指す。
これらの製品の多くは中国産で、世界各国でそれぞれの役目を果たし、お役御免となった後、「落葉帰根(葉落ちて根に帰る)」の諺通り、最後には再び中国に戻ってくる。
国連の関連規定では、米国など先進諸国が中国やベトナムなどの発展途上国にE-Wasteを持ち込むことを禁じている。
このため、膨大な数のE-Wasteが、違法ルートを通じて中国に入ることになり、無認可の小さなヤミ工場で分類・処理され、最終的には富士康(フォクスコン)などの大企業に販売されている。
ヤミ工場での回収・処理プロセスは、驚くべきものだ。
国連報告「中国の電子ゴミ」によると、多くの電気・電子機器廃棄物の処理方法は、燃やすか強酸性液に浸すという非常に粗雑なもので、現場の労働者や環境はいずれも、深刻な重金属汚染にさらされ、プラスチック燃焼後の有害な粉末が、大気・土壌・川などに拡散している。
中国政府関係部門は、E-Wasteが中国に流入することを阻止するために力を尽くし、それなりの効果を上げている。
しかし、E-Waste問題は依然、中国の経済・社会発展の前に立ちはだかる大きな課題となっている。

(提供/人民網日本語版・翻訳/KM・編集/武藤)

世界の電子製品の約70%が最終的にゴミとなり、中国に流れ込んでいることが国連のレポートで明らかになった。
中国経済週刊が伝えた。
レポートによると、中国は世界最大の“電子ゴミ置き場”と化している。
“電子ゴミ”とは廃棄されたテレビ、冷蔵庫、洗濯機、パソコン、携帯電話などの電子製品とその部品を指す。
これらの大半は中国で生産されており、世界各国に渡った後、再び“故郷”に舞い戻って来るという。
国連は関連規定で、米国など先進国が電子ゴミを中国やベトナムなど発展途上国に輸送することを禁じているが、違法なルートを通じて中国に流れ込んでいるという。
それらが闇工場などで分解処理され、フォックスコンなどの大企業に売られているという。
国連のレポートによると、それらを燃やしたり強酸性水に浸すことにより、有毒な重金属が作業員の健康や現地の環境に深刻な影響を与えている。
政府部門が電子ゴミの流入を防ぐための取り締まりを強化しているものの、依然として中国社会の大きな課題となっているという。

(編集翻訳 小豆沢紀子)

ブログ
2013年6月1日、参考消息網は記事「米メディア:中国、世界最大の“電子ゴミのゴミ箱”に」を掲載した。
5月30日、米CNNは「全世界の電子ゴミのゴミ箱」と題した報道を放送した。
テレビ、冷蔵庫、エアコン、パソコン……全世界の電子ゴミの70%は最終的に中国にたどり着くという。
電子ゴミの海外移転は国連が禁じているため、多くは違法な手段で中国に持ち込まれる。
中国の中でも電子ゴミの集積場として知られるのが広東省汕頭市の貴嶼鎮だ。
電子ゴミからさまざまな資源を回収するリサイクルを産業とするこの街だが、その手法は環境や安全に配慮したものではない。
現場を訪れれば鼻をつく刺激臭を誰しも感じる。
同地に住む子どもの血液からは平均値を大きく超えた鉛が検出されている。
脳や神経の発育に影響するレベルだという。
中国も今では海外からのゴミ輸入を規制する方針を明確にしているが、国連は中国国内で生み出された電子ゴミの数量も急速に増えつつあると警告している。
問題を解決するためには製造時点で有毒な化学物質の使用量を減らすしかない。
(翻訳・編集/KT)

1日、参考消息網は記事「米メディア:中国、世界最大の“電子ゴミのゴミ箱”に」を掲載した。
全世界の電子ゴミの70%は中国に流入しているという。
写真は世界最大の電子ゴミ集積場、広東省汕頭市の貴嶼鎮。

↑このページのトップヘ