浜口準之助のグルメ・ホテル・テツ

経済の講演会講師をしてます。仕事柄ここ10年近く、日本全国旅ガラス状態。日本の全県に出張(というか漫遊?笑)してます。これまで感銘を受けた出張・旅・テツ・ホテル・居酒屋の旅行記を書き出しました。お付き合いください。 

仕事柄、出張しまくり。中には「え?こんなところまで?」という遠方も。年間40日近い宿泊、これまで延べ300泊以上してる。得難い経験させてもらってます。う~む。こんな人生になるとはな・・
私は投資日記ステーションの浜口準之助ブログhttp://hamaguchi.enjyuku-blog.com/で主に株式投資コメントする傍ら、旅行記も書いてる。前者8割、後者2割だが、そろそろ、旅行記だけをまとめてみよかな。そんな思いが頭をよぎり、このブログを立ち上げました。
ブログ、まずはこれまで書いた旅行記をアップしていく。その後で現在の旅につい書いていこうかな。
私と一緒にテツの旅をしている。日本全国。そんな気持ちに、なってもらえれば嬉しいな。あとブログを訪問されたみなさん、一言コメント、ちょこっと書いてもらえればさらに嬉しいな。

にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへそれぞれポチっとしてもらえると、本当に嬉しい。応援、よろしくお願いします。

浜口です。ふと、思い出した。大阪に単身赴任していた頃。懐かしいな。これは2013年6月、インターコンチネンタルホテル大阪が開業してすぐの話。当方この頃、大阪で。たま~に、昼間にホテルで、ワインを一杯だけ傾ける。こんなことをして過ごしていたんだが・・ここが一番心に残ってるな。みなさん、大阪駅近くで1時間ぐらい時間が出来たら、ここに立ち寄るといいと思う。おススメですよ。昼はチャージもなかったと思う。

浜口です。グランフロント大阪で、ワンテンポ遅れて開業するはずのインターコンチネンタル大阪。訪れてみたら、オープンしていた。これがなかなか良かったな。写真を。

gfolounge.JPG
ホテルに到着。「3-60(スリーシクスティ)」という20Fのラウンジにて、午後のワインを一杯。
さすがに・・・悪くない。期待以上だった。天井高のラウンジのムードも。ワインも、ホスピタリティも。ちなみにこのホテル、飲食は20階に集中しているが、とてもいい印象のお店ばかりとお見受けした。

さて当方はここで、ハウスワインの赤を一杯注文。するとご覧の通り、嬉しいことに・・・実になみなみと注いでくれた。

gfolounge1.JPG

ワインを注いでくれた女性。にこやかで、とても感じがいい。
このホテル、20Fはスタッフの数が多い。女性が多いが、みな、凛とした美女ばかりのような気がする。やはり、ホテルは人のサービスだと、あらためて感じる。

あとこちらのラウンジでは、当方、宿泊者でもないのに、iPhone5の充電ケーブルとコンセントを貸してくれた。これも嬉しかった。

1176137_507903062623131_791738509_n.jpg

20階から見える景色。淀川を望む。やはりここは、大阪なんだな。

大阪のホテル、外資の名門と言えばザ・リッツ・カールトン大阪とセントレジスホテル大阪。このホテルも、これと同等のレベルを目指してるんだろうな。他のインターコンチネンタルホテルと比べ、より高級レベルとの印象を受けた。インターコンチネンタルホテル東京よりも、いいよな。

さて
今回はこのホテルで、ワインをちょこっといただいたが・・・・実にリラックス、リゾート地を訪れたような、なんとも非日常的な時間を過ごさせてもらった。ラウンジが空いていたせいもあり、ワインちょこっとでかなり長い時間、楽しませてもらった。実際、この文章の書き物も、ここでさせてもらった。

当方、現在は大阪住まいだが・・・。この時はふと、東京から出張で来て、週末、このホテルに滞在、まったり休日を過ごしている。そんな気分に陥った。

思えば…
20代、当方は社会人になったばかりでお金もないのに、東京のシティホテルに憧れた。さすがに泊ることは叶わないが、ラウンジやバーには、たまに訪れた。背伸びをしてたのかな。
こういう高級ホテルに泊まって、優雅に仕事をこなすようになりたい。どうすればなれるのかな。商社マンになればいいのかな・・・・こんなことを取り留めなく、考えたりしてた。

しかし当方、はからずも近年、ホテルに年間何十泊もするような、そんな仕事に従事することになる。投資信託の運用会社で、日本全国の金融機関を訪れる経済の講演会講師に。結果的にこの仕事が、当方の願いを叶えてくれることになる。う~む。こういう仕事、こんな分野に存在していたんだな。

強く憧れれば、何かが、なりたい自分に引き寄せてくれる。人生、結構、想いは叶う。そんなもんなんだな。そんな想いを強くしたな。この時は。

前職で、15年も日本株ファンドマネージャーを続けられたのも。ファンドマネージャーになりたい、ファンドマネージャーであり続けたいと、強い強い想いをもって、行動し続けた結果だろうからな。

想いは叶う・・・・とは限らない。が、少なくとも叶わせるためには、強く想い続け行動し続けるということが必要なんだろな。そうすれば良い巡り合わせにも遭遇し得るし、なにより、新たなチャンスの到来に気がつくとことが出来ると。
そんな・・・自分と向き合うというか、人生を振り返るというか。そんな想いが、頭をよぎった。このラウンジで。ワインを傾けていて。

う~む。実に楽観的、都合の良い自画自賛ばかりだが・・・この日はここで、そんなことを考えて過ごしていた。

まあ・・・泣いても笑っても、時間は同じように過ぎていくよな。人生はコール・オプション、時間的価値は日々、減少していくということだよな。元気でいられるmaturity、75歳ぐらい?行使期限、あとどのくらい残ってるのかな?

であれば、同じ時間を過ごすのなら、楽しい方が良いからな。小さな事には目をつぶり、嫌な事は忘却し、楽しいことに頭を巡らす。これは一種の修行なんだが・・・

う~む。これでいいのだ。人生、悪くないって。

にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへそれぞれポチっとしてもらえると、本当に嬉しい。応援、よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへそれぞれポチっとしてもらえると、本当に嬉しい。応援、よろしくお願いします。

浜口です。週末、ほっこり過ごしてますが・・・この時は大変だったんだよな。よく覚えてる。さてさてどうなるか・・札幌・小樽に出張③函館本線で小樽への続き。

useat.JPG
useat2.JPG
小樽から新千歳空港へ。函館本線・千歳線経由で向かう。札幌は素通り。
エアポート快速の指定席。Uシートを予約・・・・と、Uシートはちょっとグリーン車チック。豪華なゆったりとした作りで、快適だったな。

nihonnkai.JPG
小樽からの帰り。朝里ー銭函間の車窓。吹雪になってきた。海の色が変わる。来るときとは大違いだな。いやな予感・・・

hokutosei.JPG
南千歳に着いたが・・・猛吹雪で信号機が故障と。エアポート快速は立ち往生!もう一駅で終点、新千歳空港なんだが・・・。向かいのホームに止まっているのは、東京行きの寝台特急「北斗星」。こちらもやはり、立ち往生。大変なことになってきたな・・・

車内アナウンスは、「出発のメドがたつまで、もうしばらくお待ちください」と繰り返すのみ。もうしばらく待ってくれって・・このままじゃ飛行機に間に合わないって!!

当方を含め数人は、他の乗客を出し抜き(?)、タクシーで新千歳空港を目座す。でもタクシー乗り場、すでに行列が・・・見知らぬ人同士が声をかけ合い5人が相乗り、料金はワリカン。こういう非常事態に声をかけて仲良く対応できるのは、日本人ならではなんだろうな・・・なんとか飛行機には間に合いそう。タクシーで相乗りのみんな、「良かった良かった!」と。

しかし・・・これが実に糠喜び。大雪で15;00発以降、羽田行きの飛行機は全便欠航予定とアナウンスが。う~む、小樽からもう一本早い快速エアポートに乗っていれば、ギリギリ一本前の羽田行きに乗れてセーフだったんだが・・・時すでに遅し。しかたないんで、近くにもう一泊することに。

大雪による欠航は初めてだが・・・こういうとき、宿は飛行機会社が手配してくれるとばかり思ってたら、そうじゃないんだな。自力で探せと。
欠航のアナウンスがあって、チケットのキャンセル・変更に長蛇の列が・・・う~む、こんなもの、並んでらんないって!

当方は冷静に、JALのサービスダイアル経由でチケット変更を行い、宿も紹介してもらった。すると・・・・千歳のエアポートホテルは既に満室、日航ホテルも満室、千歳第一ホテルならわずかに空室ありますがというんで、そこを押さえてもらった。こういうの・・・・早いもの勝ち。ホテルが取れなかったあ人達は新千歳空港で一夜を明かしたと、翌日の報道で知ることになる。
481545_393320150748090_1067898289_n.jpg
なんとかホテルに到着。さてさて・・・まあ、ここからは焦ってもしょうがない。ホテルに紹介してもらった、近くの居酒屋にて。店の名前が思い出せないが・・・・燗の日本酒と毛ガニをいただく。ほっこりしたい。ここまで来るのが寒くて、ビールを飲む気にはなれなかったな。それほど、寒かった…
明日は天気、良くなれよな・・・と、居酒屋のテレビによれば、明日の千歳の天気予報、雪もしくは暴風雪と。う~む・・・

titosewain.jpg
ホテルの部屋に帰ってきた。さあ暴風雪よ、来るなら来い…と、コンビニで買ってきたこの安ワインを飲んで、当方、ゆるりと眠りにつくことに。

titoseasa.jpg
朝が来た!雪が上がってる!天気予報はハズレ。今日は帰れるな!よかよか(笑)

titosehoteru.JPG
猛吹雪でわからなかったが・・・一晩お世話になったホテル。小樽で買ったほっけ、このホテルの大冷蔵庫で保管してもらっていた。

無事、新千歳空港発10:00の便で帰れた。う~む、実にお疲れちゃん。実に色々あったけど。終わってみたら、なかなか経験できないこと、やってみることが出来た。めでたしめでたし。。。と、これはこれで、人生悪くないな。飛行機の中でしみじみ、そう思いましたね。


にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへそれぞれポチっとしてもらえると、本当に嬉しい。応援、よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへそれぞれポチっとしてもらえると、本当に嬉しい。応援、よろしくお願いします。

浜口です。今週は連日飲み会だった。う~む。赤ワイン飲み過ぎ。ちょっとお疲れ。ブログのアップも遅れる・・・と、さてさて。続きをアップしていきますね。

浜口です札幌・小樽に出張②すすきのに足を運ぶ。炭火炉端焼き、炙屋への続きを。

当方、仕事は昨日・金曜日の札幌のみ。そのまま東京に帰っても良かったんだが、それではもったいないと思い、札幌グランドホテルに泊り。で翌日土曜日は休みなんで、函館本線で小樽へ。で夕方には帰ろうと。そんな予定だったんですね。写真を。

aozora.JPG
札幌駅にて。特急「スーパーおおぞら」、釧路行きが止まってた。叶うなら、これに乗ってさらに東を目指したいが・・・・当方が乗るのは向かいの、小樽行き快速エアポート。近場に向かう。

otarueapo-to.JPG
快速エアポート、新千歳空港発小樽行き。札幌からこれに乗って、小樽に到着したところ。

nihonnkai2.JPG
nihonnkai3.JPG
函館本線、銭函ー朝里の車窓。北海道の日本海。寒々としてるが、とてもきれい。森昌子かな。「哀しみ本線日本海」という唄を思い出すな・・・。でも雪の反射のせいか、日が差すと、一時的にまわりが急に明るくなるな。
札幌よりも、日本海側の小樽のほうが雪が積もってる。それはそうだ。「北海道は寒い!どこも雪!」と決めつけないほうがいい。考えてみれば本州も、日本海側が雪が多いよな・・

otaruekiyuki.jpg
小樽駅に着いた。「小樽駅」の字の上に、雪が積もってる・・・・やはり、寒そうだな。

kegani.JPG
tarabagani.JPG
otaruh.JPG
小樽駅前にある三角市場にて。見てのとおり魚介が豊富。上二つの、毛蟹とタラバ蟹カニの生簀が圧巻。
当方は一番下の写真、ほっけとしまほっけを買って帰った。とても大きくて、家で焼いて食べたら、脂が凄い!実に旨かったな。お店の人曰く、ここのほっけの価格は、札幌の3割下、新千歳空港の半額。お得ですよと。そうなんだ・・・

さて
小樽での滞在時間はごくわずか。もともとそんな予定だった。冬の北海道、特に日本海側は寒くてあまり行動できないのこと、重々わかっている。でもそうは行っても、札幌からそのまま新千歳空港に向かうのでは、あまりにも芸がない。

こういう時はテツが良い。暖かい列車が、当方をゴキゲンな雪国の旅へと連れて行ってくれる。札幌ー小樽間、関東でいえば東京ー横浜感ぐらいの距離なんだろうが、函館本線から眺める車窓、冬の北海道の日本海、最高だったな。

う~む、人生悪くない・・・と言いたいところだが・・・この小樽立ち寄りプランが、後々に響くことに。これは次回、説明しますね。

にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへそれぞれポチっとしてもらえると、本当に嬉しい。応援、よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへそれぞれポチっとしてもらえると、本当に嬉しい。応援、よろしくお願いします。

浜口です。今日は天気、良かったな。さてさてブログ、どんどんアップしていきますね。

札幌・小樽に出張①イタリアンCIRCO・札幌グランドホテルの続きを。

今日は札幌に泊まってるので、やはりここは・・・札幌の有名な飲み屋街、すすきのに足を運ぶことにしようかな。

Wikiによれば、すすきのは北海道札幌市中央区にある歓楽街。薄野、ススキノとも表記される。 歌舞伎町(東京都新宿区)、ススキノ、中洲(福岡市)を称して日本3大歓楽街と呼ばれる事もあり、東京以北最大の歓楽街でもあると。実際そのとおり。凄い店の数だったな。写真を。

susukino1.JPG
susukinoyoru.JPG
冬の夜のすすきの。ご覧のとおり。なかなかムードあるよな。スタッドレスタイヤで装備したタクシーがどんどん走っていく。ゆっくりとだが。
すすきの駅は、JR札幌駅から地下鉄南北線に乗ると2つ目だが・・・とてもじゃないが、あまりにも寒くて地下鉄で行く気になれない。ホテルからタクシーで向かうことにした。

aburiya (2).JPG
当方があたりをつけ訪れたのは、炭火炉端焼きの炙屋すすきの本店。なかなか良かったな。

aburiyakani.jpg
まずは毛ガニを一匹、さばいてもらった。冬の毛ガニは、オホーツク産が水揚げの中心と。これもそうと。う~む、ミソが実に濃いなぁ。旨しだった。北海道限定ビールの札幌クラシックともよく合う。

tatu1.JPG
たらの白子。しみじみ旨し。12月がまさに旬と。こちらもなんとも、濃厚な味わい。もみじおろしポン酢とよく合う。たまらんな・・・
ちなみにたらの白子、ここでは「たち」と呼ぶそうな。秋田では「だだみ」と、青森では「たつ」と呼ぶが・・・やはりたらの白子、北国の珍味なんだな。

migakinisin.JPG
身欠きにしんの炭火焼き。なんとも脂が乗って、香ばしく・・・やはり旨しだったな。

aburiya.JPG
炙屋に、ハートの良い美女店員さんあり。この方に、北海道の魚介にあう日本酒冷酒、ありますか?と尋ねたら、これがイチオシと。北の勝(きたのかつ)。根室のお酒と。やはり旨しだったな。

sapporomiso.jpg
炙屋では敢えて、ご飯ものは注文しなかった。なぜか?・・・飲みの後は、札幌に敬意を表して。すすきの、初代一国堂の札幌味噌ラーメンで仕上げ。う〜む。たまらん、絶品だった。禁欲的な(?)当方、太らないよう、普段は〆にラーメンなんて。絶対こんなこと、しないんだが・・・まあ、今日は良しとしよう。すすきの夜だし。

冬の夜のすすきの、実に賑わってた。楽しい時間を過ごさせてもらった。ここの飲み屋さん、高い店も安い店もあるんだろうが、どこに行ってもあらかた、おいしいと思う。とにかく北海道は、素材に圧倒的に恵まれた地域。本州にもある居酒屋チェーン店にいっても、メニュー・素材、本州とは異なり、北海道ならではのものがいろいろとあるみたいだしな。

すすきのは、氷点下の気温。時折、小雪が舞うような天気の中。こんな中で、若い女性がカラオケとか居酒屋、客引きしてる。これは寒かろうなあ・・・。まあ風が強くなければ、氷点下でもあってもなくても、それほど関係ないということなんだろうか。

彼女らは、地元の札幌っ子なんだろうか。それとも、北海道の他の地から、札幌を目指してやってきたんだろうか・・・・とにかく、がんばってな。

寒い地では、酔いが回ってもすぐに醒める。ちょっとビックリ。当方も、コンビニで赤ワインをまたも買って、ホテルの部屋でさらにさらに飲むことに。でも、ここまでですでにかなり飲んでいるのも事実で、部屋でワイン、半分ぐらい飲んでfacebook見てたら、すぐに行き倒れるように寝てしまった。まあこういう日も、あるよな・・・と、超寒い地域の寒い時は、お酒飲み過ぎになりやすいかも。ちょっと控えないとな。当方、自戒の念も込めて。小さな声でそう、囁くことにするな・・・
にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへそれぞれポチっとしてもらえると、本当に嬉しい。応援、よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへそれぞれポチっとしてもらえると、本当に嬉しい。応援、よろしくお願いします。

浜口です。寒くなってきましたね。秋から冬へ向かいつつあるな・・・と、冬の北海道の旅、いかがですか?そりゃもちろん寒いけど。札幌・小樽あたりなら、大雪に遭遇しなければとても非日常的な旅、楽しめますよ。この時期、おススメだと思うな。

2012年12月に札幌・小樽に出張してきました。さすがに寒かった。最高気温、氷点下2度くらいと・・・でも冬の北海道、とても良かったな。写真を。

sapporoeki.JPG
新千歳空港から、千歳線で札幌へ。札幌駅で、向かいのホームに止まっていた、普通列車。JR北海道車両だが・・・う~む、見るからに寒そうだな・・・

pesca札幌に到着、まずはランチを。駅前のイタリアン、CIRCOを目指した。再訪。札幌・長崎と出張①札幌でイタリアン・羽田エクセルホテル東急でも紹介しているこのお店、やはりおススめ。店員さんもにこやかで、実によろし。

ペスカトーレを頼んだ。これが、旨しでしたね。北海道産のシシリアンルージュという種類のトマトを使ったソースが、実にたっぷり、かつ濃厚。それにいろんな魚介の様々な旨味が加わって・・・たまらんな。

akarennga.JPG
札幌駅から10分ぐらい歩くとそこには、旧北海道庁の建物が。これこそが本家本元、有名な「赤レンガ」。きれいだったな。雪の中で、実に映えてました。赤レンガ、なんともいえない、他に比較出来ない存在感でしたね。

sapporohoteru (2).JPG
仕事は終了。今日の宿は、札幌グランドホテル。部屋は、広々としてる。なかなか、良いムードだったな。

sapporowain.jpg
夜はすすきのへ繰り出したが・・寒いし・・・早々に帰って来て、部屋で十勝ワインをいただく。ホテルの部屋でね。赤ワインを飲みながら、色んなことに思いを馳せたり、考えことをしたりするの、最近、当方、好きなんですね。

さて、お風呂に入ってと・・・と、ここで札幌の寒さを実感。お風呂にお湯を入れても、すぐに冷めてしまう。だから温かいお湯をずっと注ぎ続けながら、お風呂に入ることになる。北海道のお風呂は、追い炊き出来たほうが良いな。まあホテルには、そういう風呂はないだろうが・・・。

sappporohoteruasa.jpg
翌朝、バイキングの朝食。デザートに、フルーツポンチを。久しぶりだな。こんなの食べるの。美味しかった。

さて
この札幌グランドホテルは、格調高い、地元の老舗シティホテル。1934年に開業と。
金曜日の宿泊だったにもかかわらず、ツインのシングルユース朝食付きで7000円也。実に割安感があった。良かったな。おススメですね。
ホテルの部屋、少し古くなった感があるから料金設定が低めなのかな。でも部屋は順次、改装中の様子。改装後の部屋は、高くなってしまうのかな。

このホテルの最大の魅力は、朝食バイキング。ちょっと感動するほど。食事、もの凄い種類がありましたし旨かった。さすがに北海道、素材は質量とも圧倒的・・・。当方、日本全国出張で回ってますが、朝食の素晴らしさ、文句なしにベスト3に入りますね。

にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへそれぞれポチっとしてもらえると、本当に嬉しい。応援、よろしくお願いします。

↑このページのトップヘ