2006年11月

2006年11月23日

今日の新聞、M&Aブームの今後

 M&A大ブーム 

がしかし、アメリカの70%は既に失敗。

僕もサラリーマンから数えて数々のM&Aを手がけてきたが、

基本的に成功するのは、同業の大企業同士対等合併のみ。あとは大半失敗する。

もちろん、いざこざはあるが、大企業同士が合併する分には特段経営力がなくても業績拡大できる。競争力が数段増す。派閥にどちらが勝っても経営できる。

 一方TOBだろうが、株式交換だろうが、親と子が養子縁組しても基本的に血のつながりもないので大半同業同士の子会社化買収の場合はうまくいかない。

 異業種だと、経営に口出ししないケースが最近は特に多く、業績の数字稼ぎでやりっぱなしが多いので大半失敗する。そもそも、経営陣が居残るケースが大半を占める。なぜ、そこをM&Aするのか理由がないケースが多過ぎる。そもそも、誰が経営するのかわからない。

最大の理由は株価暴騰を狙い見せかけの短期的業績拡大が目的で、マーケティング論における戦略的投資とは無縁のケースが多い。それをいくらどこの会社も説明しても、無視される。重要なことは投資をするということで、自分たちでどうするという明確な戦略はほとんどない。

 コアコンピタンスなき、小コングロマリット化。ポートフォリオなき異業種参入。
投下資本収益率なき、営業キャッシュフローを見出さない投資戦略。

 もう一方、回収できるM&Aとして、IRRで見ても、DCFでみても買い得なのは、

とにかく、売上の小さい面倒くさい買う側に同様の事業がある場合の
その小額事業部の分離M&A、

金額にして1千万から5千万前後

 この程度だと実質事業投資予算的な金額で時間を買うという点で見た場合非常に、効率よく、さらにシナジー効率を見出せば、最短半年から1年程度で 営業キャッシュフローで回収が可能。が、回収するだけでなくシェア主義をベースにしないと実際には意味がないわけではあるが。
 あとは、経営者育成目的アーリーステージでのアメリカ型エンジェル投資。
外れれば終り。当たればでかい。

 大体、M&A自体を営業キャッシュフローで回収できるということは投資する側が相当の素晴らしい交渉術と戦略がなければ成し得ない。基本的に最終、キャピタルゲインをえないと回収できないので、投資先をIPOさせるケースが多い。コングロマリットディスカウントさせないためでなく、資金調達目的のためのIPO。IPOできなければ売却損で撤退。

 そもそも、こうしたM&A特に企業買収は既に冬の時代。

買収戦略は既に破綻、崩壊、理由は買収の場合は暖簾代会計基準変更、一括償却不可能。基本的に5年から20年で償却期間を選べるが、一般的に日本の歴史、会計上は5年

 つまり、経常利益の5年分でM&Aした場合、純資産が仮になければ5年間は利益0ということ。

 逆に逆ザヤになった場合、営業赤字が膨らむ。今までは一括償却による特損処理で株主資本を無駄使いしながら、高い買い物をして、特損処理して、翌期の償却負担をなくし、翌期の業績拡大を可能とし、株高がそれをつなげることを可能にしたが、株価大暴落と一括償却廃止によって、入り口と出口をふさがれてしまった。簡単に言えば、株主の大事な金を無駄遣いしてこれたのができなくなった。ということ。

今年から来年中で大企業同士の合併縁組はほぼ終結する。

M&Aブームも少なくても 合併は当分ブームは続くが、買収は減ってくると思われる。

 また、連結時代も終焉。逆に連結より単体の方が、ホールディングより単体の方が、管理がしやすいし、ディスクローズの観点からも明確にわかりやすい。ホールディングにすると何をしているかわからない。しかし、世の中猫も杓子も連結経営、連結経営、ホールディング化、ホールディング化

 再度今後の投資戦略はシェア主義による水平統合を前提とした、投資戦略がはやると思われる。また、グループ化による連結削除がはやっていくと思われる。

 子会社売却の加速も増えていき、強い会社がより強くなる。弱い会社はより弱くなる。単体主義への移行が今後のメインテーマ。本業第一主義。強い会社は連結をヘrしてくると思われる。

 逆に言えば景気拡大も終焉に近づいてきているシグナルといえると思う。
いざなぎ越え景気拡大、戦後最長も僕がラジオ日本、「がってんこしラジオ」で名づけた、

  ダイエット景気 そろそろ、来年にはリバウンドがくるような気がします。
 もっと、企業も食事療法でなく、筋トレ、有酸素運動をすべきですね。筋トレ、有酸素運動をたくさんさせれば、食事療法はそんなに重要なテーマではありませんから、栄養配分を間違えなければ。

marketinghirano at 19:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2006年11月21日

昨日のFM東京

 栗原由佳さんのTapestry(タペストリー)4回目でやっと呼吸があってきた気がします。


 質問も多く、答える時間がない。


特に株式は反響が多いようで、気軽にやってみよう、「初めての株」

とにかく、身近なものを自分自身の感性でゲームをしながら勘と運を養う。

あとは熱中すれば自然と勉強したり、考えたりがスムーズにできるようになります。


僕もSNS タペストリーに参加しようかな?

もっと、みなさんの質問に答えたいですね。 

marketinghirano at 07:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月19日

営業の原点、本質、強化策

 最近、どこの会社も営業弱くなる一方です。営業は企業業績の源泉です。

僕のクライアントもどこも営業力低下傾向気味。

なぜ弱くなったか?

 日本はそもそも、社長が営業マンという会社が多かったが、最近は社長が技術者、企画者、発明者という比率が多くなってきている。そもそも、技術が高いから売れる。

 企画がいいから売れる。 発明がいいから売れる。本質的に間違っている。

営業嫌いが経営者では多い。営業を部下にスルーパスする経営者が非常に多い。

 また営業マンも紹介営業や、ルート営業上がりが経営者になるケースが多くなってきている。ルートや紹介は誰でもできる。

 営業の基本は新規。とにかく新規

テレアポがどのパターンでも基本中の基本。そして、訪問数。最終的には営業がどれほど強かろう、交渉力があろうが、コンサルテーション能力があろうが

訪問件数多い奴にはかなわない。

 サッカーオシム監督の「賢く走るサッカー」「獲物に追われて肉離れするウサギはいない」

 営業にたとえれば「賢く訪問する営業」「死ぬ気に営業すれば成果は必ず出る」

 大事な基本は責任者が忠実に徹底力があるかどうか。

最短距離を走れる指示をいかに出せるか?いかに営業マンに想像力を働かせるか?

 来月より僕も再度、この原点に立ち返り、膨大な営業会社拡大への布石を数社打ちます。
 再度前線へ、

 会社の成長の基本は人物金の中で重要なことは、人以外ない。
人がいれば自然と物もなくても沸いて出てくるし、

人がいれば自然と資金も集まってくるし、集められる。今は金余りの時代、資金を借りずに調達できる時代です。アメリカ型エンジェルファンドも今後もっと増えてきます。

 資金調達も重要なことは交渉力、基本的には営業そのもの、管理系の口下手に資金調達をさせないこと。営業出身者で数字管理にも強い奴をCFOにしていければ理想。

 そもそも、優秀なCFOに税理士、会計士出身はいない。

人が重要な中で教育力も重要だが、それ以上に重要なことは人を見る目。目、目、目、目、目、目、目

 人を見て、大器晩成か、即戦力か、見極める能力と短期 中長期の戦略にあわせて組織形成していかねばならず、人を見る目のない経営陣は、人を育てられない。また、人望ももたれない。

 人を見る目がないなあと思う人がその目を養う最大のポイントは自分だけで判断せず、色々な人にお披露目して、観想を聞いて自分とのギャップを埋めていくこと。

 今後大事なことは警察の言葉にある、現場百ぺん
困ったときこそ現場。

 これは営業も同様で、数字が伸びない。落ちていると思ったときは即現場

これだけは絶対不可欠。

コンサルタント、アナリストに会社を任せると会社が傾くといわれるのは、ここにある。コンサルタントは現場に行かないのが多く、机上の空論と理想論でものをいう。

 全員が全員そうではないが。

 自分もそういわれないようにちゃんとやらねば。 (笑)明日はわが身と思わねば。
 
テレビやラジオやっている場合ではないなあ(笑)

marketinghirano at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2006年11月18日

昨日

 きつかったー。

ラジオ日本6時出社。

八時終了後、横浜へ、TVK収録 一日。

 別に芸能人でもないわけですが、疲れすぎました。なれていまんせんし。

今日本当は名古屋出張だったが、さぼっちゃいました。


 

marketinghirano at 13:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2006年11月16日

明日の予定

明日 朝一
ラジオ日本 がってんこしらじお

終って即、TVK収録 一日拘束

うーきちー

 
 明日のがってんこしらじお、のキーワードは

 株価沸騰するキーワードと選択方法について占います。

 是非、聞いてください。




marketinghirano at 10:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2006年11月14日

今日のラジオ関西

 デスノート2が予想通り、大ヒット

興行三日間で12億 今年度最高

 興行収入50億は軽く突破しそうな勢いです。

 でもさなえさんは映画業界、芸能関連に集中しすぎてましたから、
分散投資の概念では同業種だけでなく、幅広い業種を買っていかないと、

儲かるときと儲からないときの差が大きくなりすぎます。

 一つのかごに卵をたくさん入れると割れるときみんな割れてしまう。

かご一つに卵一個を分けておいておけば割れるリスクが分散できる。

 分散投資の基本的概念です。

身近なネタで株式を勉強する。

今日はさなえのハーバーカフェにちなんで喫茶業界の説明をしました。

 女性に圧倒的人気を誇るスターバックス。

 ドトールはさなえさんはあまりいかない。理由はなんか、ファッショナブルではない。の理由。

 がエクセルシオールカフェはドトールが展開しているとはつゆ知らず。エクセルシオールカフェは好きそうな感じでした。

 タリーズコーヒーは伊藤園の傘下に変わった。

タリーズはファッション性だけでなく、一日5杯は飲めないコーヒー店に緑茶等を置けるようにすることによって、リピーター戦略を展開。

 また、伊藤園はおーいお茶で世界戦略、今、欧米、中国でも緑茶ブーム。健康ブーム

 伊藤園はタリーズ買収を発表後株価下落。

一般評価ではうまくいかないと思っている人が多いということでしょうか?

みなさんはどう思いますか?

 そのうち、その他の飲料メーカーが逆に上手く行けば、スターバクス、ドトール買収に乗り出すかも?(笑)

 どこの喫茶店が勝つか?

緑茶か?コーヒーか?



marketinghirano at 11:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2006年11月12日

為替相場 債券運用

 最近、為替差益を狙った運用がしずらい。

総じて円安なので、金利分しか益を期待できない。

 ユーロは明らかに高すぎると思うので、野村の円高ユーロ安ファンドを多めに買おうかと思っています。多少もっていますが、ドル安も含め

 ユーロ151円がで仮に151万買うと、ユーロが130円になれば確定連動、保証ではないが単純に約30万前後儲けられるものである。

 こうした商品を、豪ドル、NZドル カナダ ポンド でも出せばいいと思います。そうすると、裁定取引が為替でもでき、資産運用としての資産を世界的に減らさないという基本的目標を達成できるわけです。

簡単に言えば同じものを上下したとき上下しても減らない取引。151円でユーロを買い、151円でユーロを売ると損がない。

つまり売りと買いを両方やれるようにしておくとどちらに転んでも損がでない。この基本原則に沿って、できる限り、リスク分散を世界的に行うということが今後更に重要である。

 あと、銀行もアジア通貨や、東欧、メキシコ、南アフリカなど通貨分散の時代ですから扱っていけばいいと思います。直接買えないからどうしてもファンドを利用せざるをえない。金融機関に多額の手数料を払うのは正直いただけない。

 初回で2%も3%もとるのはどうにも納得いかない。皆様も投資信託かって、損している人もたくさんいるかと思われます。注意してみましょう。金融機関によっては同じ商品なのに、手数料の%が違う場合が結構ありますから。

  スワップを利用したもので、なかなかなじみがないので一般の人には説明してもわかりずらい。リスクも大きいので初心者にはお勧めしない。
 どうしても知りたい場合は

デリバティブ関連の本を読むこと位は始めて、それから証券会社に問い合わせした方がいい。

 あとはリスクが大きいが、外貨証拠金取引で為替は運用した方が、為替手数料が圧倒的に安いので有利、デイトレでも充分、利益を出せる可能性のある分野である。 

 テレビ ラジオでは絶対使わないネタです。一般的でない。マニアックな話です。  
 




marketinghirano at 13:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2006年11月09日

明日の予定

 明日の朝7時45分からのがってんこしラジオ 

落ちこぼれ経済ゼミナールが終ったあとは

税理士、会計士交え、会社分割、M&Aの打ち合わせが午前、午後1件づつ。

一般にはなじみが薄いかもしれませんが、最近こうした仕事は引く手あまたです。

なかなか、経験ある、M&Aスペシャリストは少ないです。

 が、面倒くさいから疲れます。

M&AとはMerger & Acqisition(合併及び買収)

 11月27日 TVK16時30分放送分で一般の人にもわかりやすく解説しています。

是非、ご覧ください。

が、実際は戦略立案 スキーム交渉 デューデリジェンス(会計 法務 税務 管理フロー評価 M&A後組織) シナジー効果の最大化

 やる前から終ったあとまで様々な難題、手間がありますが、ダイナミックで面白いです。今、一番楽しんでいる仕事です。

 
 皆さんにもそうした現場をお見せしたいものです。


 


marketinghirano at 19:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2006年11月07日

本日のラジオ関西

いやー 始めて2ヶ月、やっとラジオ関西しっくりきだした感じです。

5分間 電話での会話はどうも、相手の顔も、呼吸も取れないのでどのように、進行して行こうか迷っていましたが、いよいよ、霧は晴れたすがすがしい感じです。

 今までは国際電話の会話やテレビ会議のようでした。(笑)

今日は田中さなえさんより質問攻めにあいました。

株をチャレンジするのに

売買高って何? 高値 低値? 終値? 前日比? 

 株をやるのに、どうすれば、勉強できるか?

英会話と同様にとにかく、ゲームでチャレンジする。わからない言葉はネットで検索する。

 習うより慣れろ、好きこそものの上手なれ。

失敗しながら覚える、成功事例を頭に入れていく。これの繰り返し。

 今日は株ゲームチャレンジ初回ということでこれに従事しました。

つか、 ラジオ日本、 FM東京 すべて、最近株式ゲームを推奨中です。

誰も損しないですから、所詮ゲームですから、実践さながら。

運試し、勘育成には最高の勉強台です。

どうせなら、為替、債券の売買ゲームや、先物、投資信託の売買ゲームを作成してほしいものです。

 簡単ですから自分で作って、バナーではろうかな?(笑)  

marketinghirano at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

昨日のテレビ神奈川

 毎週月曜日午後16時半から17時TVK「根本はるみの勉強部屋」
これからもっと起業する人が増えていく。
会社法が改正
 会社の設立が1円でもできるようになった。

が、もちろん登記費用等があり、実際には最低でも40万近くはかかってしまうのであるが。
最近では上場企業も子会社をこの1円設立させていくケースもできてきている。


 今日本は「女性による女性のための女性による」会社がさらに求められている
女性をターゲットに絞った事業、商品が今、なお求められているし、ニーズをシーズできていないのであろう。ニーズとは簡単に言うと潜在的に眠っている需要
シーズとはそのニーズを探し当てること。

マーケティング論においてここはいわゆる市場調査、市場分析、企画という概念に付随する重要ファクター

 ニーズをシーズし、商品化する。

商品化する際には次に顧客ターゲット、プライシング、流通が需要である。

 これらのうち専門分野でも、トータル分野でも、女性ならではの事業が今求められている。なぜなら、今、個人消費の主役は女性であるため。

 また、ベンチャー精神(発明精神)にすぐれ、このスピリットはスピード感とリスクテイクを元に成り立つ表現であり、これらを標榜する企業群は資金力がなくても充分事業拡大余力を秘めている。

 女性ならではの企画をみなさん、是非、考えてみてください。



marketinghirano at 07:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2006年11月05日

ダイエット

 最近土曜 日曜日は毎回 それ以外週1 2回
トレーニングセンターで2時間有酸素運動と筋トレしております。

 7月より4ヶ月 6Kgのダイエットに成功 あと、3Kg絞りたいとがんばっております。体脂肪率20%目標

 1日5食 間食 コーヒー一日4杯 その他、暴飲暴食しながらのこの成果

 基本は筋持久力の増加に重点を置くトレーニングがいいかと思います。

20分自転車で体を温め、柔軟でほぐし、重いものをゆっくり20回1分休憩3セットを

上半身下半身5種類くらいこなし、最後はジョギング機械で時速6Km20分、クールダウン5分

 これだけです。是非、みなさんも試してください。男のボクでこれですから。今回は3年ぶり2回目のチャレンジでした。女性はもっと効果があるかと思います。ポイントは2ヶ月はほとんど進歩ないので2ヶ月諦めないこと。ここが重要です。落ちだすと株のストップ安売り気配のように落ちだしますから。株がストップ安だと困りますが、体重のストップ安は大歓迎です。


きっかけは血液検診で糖尿 肝臓 中性脂肪でひっかかりましたので。
メタボリックシンドロームになる前に自主的に改善しないと、
ビジネスマンもスポーツ選手と同様、体が資本ですから。

 ボクの住まいのあきる野市、青梅市、福生市界隈西東京は第三セクターや市営のトレーニングセンターで100円から300円

 やるほうは安くていいが、これ絶対税金の無駄使い、収支も間違いなく赤字。

はたして、民営化して改善すべきことは他にも沢山ありそうです。民営化すればもっと儲けられる気がします。ないしは、コナミスポーツクラブなどに払い下げなど。

 いつかはボクも政治家かな?(笑)

marketinghirano at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 | 健康

2006年11月04日

マック深夜店増加は効果があるか

 


昨日のラジオ日本がってんこしらじお、落ちこぼれ経済ゼミナールで議題にあがった


.泪奪の深夜店 ドライブスルーや、郊外型店舗を中心に24時間店舗を900店舗増やす

 これが上手くいくか行かないか?皆さんどう思いますか?

 夜間スーパーに行く人が夜間マックを食べるというのが想像がつきません。

が、六本木店みたいに若者が夜寝ない町は採算十二分に合うと思いますが。

ドライブスルー 郊外?ドライブするーも環状沿いなら運転手などありそうですが、

吉野家のように、

 そのたぐいの店舗がいくつあるか?にかかると思われます。



△△函K自動車が世界のディファクトスタンダード(機軸標準)になるかどうか?


 アジア、エマージング、東欧、BRICS 一人1台の自動車時代60億人口の30億台に向け、K自動車のシェアは30%を越えていくかと思われます。

 環境にもやさしく、ガソリンを消費しなく、維持費が安い。

 本田 日産なども相次いでK自動車を出しており、スズキが勝つか負けるかわかりませんが、K自動車業界は薄利多売で成長を続けるでしょう。


メンバーズの上場、1年7ヶ月ぶり初値つかず。大体、計画見通しが減収とは

新興 マザーズ ヘラクレス セントレックス 高い成長が期待できるという場合、利益の大小に関係なく上場できるという一文があるが、

 このIPO自体証券会社の審査に問題があるような気がしますが?皆さんどう思いますか?

 経常利益1億 2億程度でのIPOはもう廃止した方がいい。

確かに低収益ほど高いPERがつく傾向がある。がそれは、あくまでもギャンブルとしての法則であり、経営としての成長判断とは違う。

公開のバーを上げるべき、基本は
営業キャッシュフロー黒字企業で最低バーは3億円。

 大体、新興系は営業キャッシュフローが黒字の会社はほとんど存在しない。

 そもそも、営業キャシュフローが黒字の会社は堅実に確実に経営してきている証拠。

 IPOありきで経営していない。IPOは通過点という認識である。こうした会社は逆に成長余力を占めている。
 
 一方赤字でIPOしてもその後大化けした会社もある程度存在する。打率にして1割ないでしょう。そして、今後はそうした会社が出てくる可能性も少ない。
よって、公開もバーを上げるべき。
 こうした会社の成長する場合の傾向としては大企業が必ずバックアップしている。株主、筆頭がどのようなところかが重要で、どのようなシナジーをもたらせているかが最大のポイントである。

が100発売って10発しか当たらないわけで、宝くじより打率はいいが、果たして、本質的、IPOの観点からしてこの6年間新興市場は間違い続けている。
証券会社の安易な引受手数料狙いがこれらを助長している。
対策として

特記条項として営業キャッシュフロー赤字、経常利益3億未満で証券会社がIPOさせる場合

3年以内の倒産、公開廃止になった場合理由に関係なく全投資家の保護を行う。
今は訴訟を投資家が行わなければならず、複雑で時間を要する。これでは投資家が泣き寝入り。
 こうすれば、安易な上場を審査を防げると思う。というよりIPOさせないと思います。
 
 みなさんはどう思いますか?













marketinghirano at 08:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2006年11月02日

はじめまして、経済アナリストの平野です。

本日よりブログスターと。 



10月より本格的にラジオ テレビがスタートして1ヶ月がたちました。

なかなか難しいものです。素人で自分自身情けなくなります。

言いたいことの1割しか言えません。明日のラジオ日本大丈夫かな???(笑)



本業の方では最近独立支援にはまっています。

経営者の発掘、創造 

今月も1社独立スタートします。うまくいくかいかないか。事業の先行きは経営者次第

です。

 外れるも あたるも運次第 経済アナリストは占い師。せめて気象予報士程度まで行きたいものです。

当たるか外れるか?

ポイントは経営者が優秀かどうか、ここでほとんど決まります。

人を見る目ですべて決まり。これを占えれば打率は相当高い。10社やって1社発掘すれば回収。9社は外れる。



当たれば大もうけ外れれば0 ハイリスクハイリターン また、期待と胃の痛さが入り混じる(笑)

 もっと日本人も主婦起業、大学企業、高校生起業、いろいろ出てきてもいいと思うね。みなさん、なんかどくりつしてみたいひとおらんかねえ?

 マネーのチーターみたいです。(笑)

アメリカではこうした投資家をエンジェル(羽)と呼びますが、日本ではほとんどいないのが実情。

 失敗を恐れずチャレンジです。

みなさんも日本の経済発展のため独立したり、エンジェルになったりしましょう。
 




marketinghirano at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済