2007年09月

2007年09月30日

諸味里しのぶ

 宮里藍 横峰さくら に告ぐ 女子高生ゴルファーのサンバガラス


しかし、何気に海外にも出ているのに、国内0勝。

すべて、過去最終日までは1位だったことは多々あれど、最終日に失速。

原因はフィットネスかメンタルか?

今回は

−7 通算

二位が−4 不動など

これで逃げ切れなければ相当メンタルが弱いの証明でしょう。
これで勝ったからといってメンタルが強い証明にはなりませんが、

メンタルは強くすることは訓練によって可能である。

この最大の訓練は唯一つ、勝つこと。まぐれでもなんでも勝つこと意外に、成功すること以外に方法はない。


 仕事のメンタルには総合的に自信はあるが、釣りはない。


勝負運は運だが、その運を拾えればあとは自然と身に付くもの。


 諸味里も一勝すれば、あとは一気であろう。

その後は宮里藍、横峰さくら同様、中だるみであろう。


 若いうちに出世すると、どうしても他に時間を割いてしまう。


そこからは、今度は欲望に対する自制のメンタルの強さが必要になる。

 これはフィットネスのある方が強くできる確率は高い。

楽して勝てる試合は人生はないことの証明である。

marketinghirano at 07:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年09月29日

松坂大輔 120億の投資対効果は?

 15勝だけ見れば

最低のノルマは達成。

 200投球回

 200奪三振

も最低のノルマは達成


 12敗

 防御率4点台は

 大失格。

 分岐点は15勝9敗

防御率3.49


 であろう。


評価としては微妙である。

今期の成績は初年度ということもあり、一応、△


来期は上記の成績は必達。

 できれば防御率は2点台、これが今期の△を○か×にするかの分岐点


理想は17勝7敗防御率2.48

 これくらいいけば120億の回収も早期な気がする。 

marketinghirano at 19:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

ガンダム最新作

 の番宣やっていました。

実に初代から28年。

 2000年以降 SEEDシリーズ以降は女性も含め、

ガンダムの歴史は進化をしながら語り継がれてきた。

日本のアニメは世界に通用する唯一といっても過言でないコンテンツ。

 バンダイといえばガンダム。


 ガンダムとドラクエはもはや伝統の局地である。

が、僕自身は、ガンダムといえば初代ガンダム以外認めない。

 30作品ある中で唯一古典的なデザイン。

飽きのないデザイン。

 ストーリー性も何がいいのかわからないが、これ以外ない。

 特に連邦軍よりも

ジオン軍


 ザク ドム グフ ゴック ズゴック グアブロ アッガイ エルメス ゲルググ


3G化して再度 初代のリメイクとしてやってほしい。古典と近代の融合は素晴らしい画像ができるでしょう。

 古典と近代と未来。

 このキーワードは自動車業界にも当てはまる。

国産の未来カーデザインはやめるべきで、古典的に戻すべきである。


 海外の車も、古典的な古い車に価値を求めるユーザーが増えてきている。

車らしさとは何か?

コンテンツらしさとは何か?


 行き着くところは古典の未来であると思う。

何事もデザインは流行には一番重要なファクターである。

 この基本を忘れれば忘れるほど、ヒットから遠くなる。


 恐らく、これが一番視聴率が取れるでしょう。


 田宮次郎の 復刻版 唐沢 の白い巨塔のような 

アニメの復刻ヒットは間違いないでしょう。


  または、実写版を海外でライセンスするのも充分通用するコンテンツ、ストーリーだと思います。

 思い出に残る言葉は多々ある。

君は生き残れることができるのか? 視聴者への毎回の問いかけ。

本当嫌だね 戦争

 ニュータイプ

 ジェットストリームアタック オデッサ作戦 なぜ、ガルマは死んだか? 坊やだからさ

 小僧、俺にかったと思うなよ。

 そして、なんとも微妙な効果音。トランペットの古典的な音調。

現代の効果音とは明らかに違う。洗練さはないが、未だに、記憶に焼きつく音調。

それでいえば、西部警察とか、くだらないかっこよさ。

イニシャルDでいえばくだらいユーロビート。


 コンテンツとはそもそも、楽しいと感じられるものであるが、


コンテンツの行き着くところは、くだらないものであるということである。

くだらないものを共感して面白いと思えて初めて、コンテンツといえるのである。

 それでもガンダムは日本のアニメの象徴であるということには変わりはない。

代々進化すればするほど、初代は脈々と語り継がれる。

 これも時代の流れとして、バンダイの戦略は正しいのかもしれない。

 僕の考え方の方がマニアなのだろうか?

しかし、ゲームセンターのガンダムは一次大流行したが、 それ以外のガンダムをゲームとしてはデビューしていない。

 等身大24万も ザクが一番売れた実績も含めれば、僕の感性が一般的なのだと思うが。

 


marketinghirano at 19:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

IPO

 市況悪化、審査厳格化。

IPOを目指してきたベンチャーにとっては相当の痛手である。

資金調達の計画も狂うし、直接金融あって、初めて間接金融。

上場企業と未公開では与信、枠がまるで違う。

 このままの市況、審査規定でいけば、上場前に倒産する会社は多数出てくるであろう。


 これがいいか悪いかは一長一短である。


 アメリカ的に言えば、どんどん、リスクとって上場させて、大半廃止、倒産でも一部がおお化けすればそれでいいとする考え方。

 これに準じれば、本来の新興市場の目的からすれば、今の日本の審査体制は逆行。



 僕個人としては、そうはいっても、こうした会社が無理をして、上場しても結局経営陣はいいことがない。


 出て終わりでは、その後株主代表訴訟、その他身包み剥がされて終わりの人生である。


 基本的には上場を目指すからには、まず、潰れない会社を形成すること。

未公開でもきっちり経営できる会社であること。

 この二つがあって、初めて、上場を目指すかどうか決め、上場する目的を明確化していくこと。

 スピード上場は結局、スピード廃止、スピード下落に大半なると思う。

基本は営業キャッシュフローが黒字ならない経営者は、できない経営者は、

 上場しても永遠にできない。結局、資金という酸素がなければ即死である。

営業キャッシュフローを黒字化できる経営能力を地道につけてから初めて、大車輪で経営するかどうかを判断し、IPO目指すかどうか決めるべき。

 鼻から、上場ありきで経営をしていく会社は早々に失速する。

新興系の経営者は基本的に経営力はまるでない。

 経営者が馬鹿で会社が伸ばる方法は、株高をてこにした、マジックを演出できる時のみ。それも、マジックがばれれば一瞬でおしまいである。


 マジックは経営ではない。いかさまである。せいぜい飛ばせて3年である。

真の経営力を磨くということが何かを学ぶ姿勢も経営者には求められる。

 基本的に営業利益で中長期的にマジックなしで10億円の利益を形成できる企業

これで初めて上場のスタートラインであろう。

 それが、2億で出ようが、赤字で出ようが、4億でIPOしようがかまわないと思うが、

その見込みが立つまでは基本的にはやめるべきである。

 無理をした上場は誰も得をしない。と思います。

marketinghirano at 07:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年09月28日

運命とは?  奇跡の出会い?

 たまたま、客先に行ったら、どっかで見た顔が?

なんと中学生のクラスメートがM&A仲介した、元の会社の営業役員であった。



 なんとも奇遇。

しかし、翌々振り返ると

中学は1学年200名くらいいたが、二年に一回くらい、街中や、営業先で会うことがなぜか、彼だけは過去あった。

 同じ高校のクラスメートがサラリーマンで一緒になった奴は数名過去いた。



 こういうのは何かの縁だろうか? 運命だろうか?

幸運を感じる。


 とりあえず、ビジネスをして見たいと思いました。

いいことあるといいのですが、幼馴染というのはなんともやりズらい面もありますねえ。


 運がいいときはなにをしてもうまくいくもの。とりあえず、試してみよう。

こう御期待。


marketinghirano at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

英会話NOVA

 もおー終りーだねー♪

 給与も遅配


 生徒への返金も停滞。


 このままいけば、

 入り口の生徒と出口の講師が泣き寝入り。

ビジネスモデルの破綻を証明している出来事に思える。

英会話の社会的存続意義は基本的にない。

英会話に週1 2回行って英会話話せるわけがない。

基本が1000時間、それもなるべく短期でが基本である。

おまんだらで通う程度では10年もかかる。つまり、結局話せないということ。

学習塾も英会話もフィットネスも同じである。

 何事も時間に比例するものである。それも集中的に。
運営側はどこもこんなことは100も承知なはずで、こういう説明をしていないと思われる。


NOVAよ

お前はもう死んでいる。 BY 北斗の拳

会社としては末期がんの末期。

 今から手術しても、進行ガンである以上、最後は運のみ。

君は生き残れることができるのか? By ガンダム


 しかし、生徒と講師は最後は泣き寝入りであろう。

生徒と講師は

お金を取り返せることができるのか? 

光景見ていると、ヒューザーの被害者と同じように見えるのは僕だけであろうか?

額の問題ではない。のだと思う。





marketinghirano at 08:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

インサイダー

 何をもって、インサイダーか

何をもって、インサイダー取引


そもそも、インサイダー情報所持者は株の売買を禁じているのに、

従業員は規制期間を儲ければOKなのが現状。

基本的には従業員でインサイダー情報がないなんていうのは有り得ない。


 基本法律で役員は退職して1年後まで株を売れない規定にすべきである。

従業員は退職して半年。

 在職中の換金は生株のみ

ストックオプションの売却は市場売価の半値。そもそも、税制適格で

株式の売却益課税。

有利なインセンティブで実質は所得税であるべき。課税が10%なのであるから

 。

そもそも、このストックオプションという制度そのものはインサイダーをしろといっているようなもの。

 証券取引法の抜本的改正が望まれる。インサイダーはこれはインサイダー、これはインサイダーではないという判断基準はすべて、グレー。明確な規定はない。


 規定でやること以外に防止策はない。


 今年の流行語対象。ダブルスタンダード。インサイダーの基準は多重スタンダード

である。せめて、ダブルスタンダード程度になるくらいの法整備が望まれる。

marketinghirano at 06:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

日本経済

 地価バブルも二極化

 一部地域で全国の平均を押し上げている。


 企業業績も大企業輸出組みは好調

あとは不調


 人材も二極化

 
 株価も二極化

 
実感なき景気拡大といわれ続けて5年

 ほんの一部のマーケットで日本経済はマクロの数字を押し上げている。

いつ日本経済の全体数字が落ちてもおかしくない。

 それでも良くなろうと、悪くなろうとこれから10年は二極化のままであろう。


  
 










marketinghirano at 05:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年09月27日

ミャンマー 民衆デモ

 そもそも、軍事政権のまま、ほおっておいたこと自体が問題。


軍事政権を打開し、政治が安定すれば、ミャンマーも

BRICS NEXT イレブンに次ぐ新興成長国として急成長を期待できる国であろう。


そもそも、アジアなど新興国はなぜ、新興国、発展途上国だったかは


 政治が不安定で外資が来なかった。

アジアで最初に政治が安定し、外貨を呼び込めたのがマレーシア

マハティール様様。今は先進国。一抜けたの代表格


 遅れたのがインドネシア フィリピン 

タイもタクシンさん亡命したのでこれからという感じ。


 ファイナルアジア

カンボジア モンゴル ミャンマー 北朝鮮(この二つはまだ相当微妙だが)などなど。

 と呼ばれる時代も近いかもしれない。


それらが取りきれば、成長しきれば、いよいよ、世界経済は破滅へのカウントダウン。


最後は21世紀後半は戦争である。




marketinghirano at 06:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

ところでランドクルーザー200

 恐らく10年ぶりくらい?ランドクルーザーフルモデルチェンジ。


しかし、この200

デザイン本当に天下のランドクルーザー?・・・・?????


ランドクルーザーシグナスは中東の王子様もこぞって買いあさった名車。

釣り氏の中では最高峰の国産車


なんとなくだが、今後もシグナスはプレミアムが付け続くと思われる。


 新型になって、旧型の価値が上がるケースは車では意外と多くある。


GTRも R33より前型のR32の方が中古が高かったり。


 ハリアー、プラドは前型があまり下落しなかったり。



レクサス バンガード ランクル マークXブリオ


 なんとも微妙である。

最近はメルセデスも

S はセドリックみたいに見える? CL? C? GL? ML? B? 

 丸みを帯びすぎている気がする。


デザイナーを変えるべき時代かもしれない。

困ったときは原点回帰。

古典的デザインは概観の基本である



marketinghirano at 06:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

昨日のWBS

ニセコの地価高騰

オーストラリア人を中心に

スキーリゾートユーザーが急増

35.7%地価高騰した。


ま、オーストラリア人は土地振興に熱い。


オーストラリアは土地はばぶっている。

サブプライム問題はオーストラリア人にはほとんど影響はなかったのも今後も地価高騰がオーストラリアは見込まれる。

日本は外人から見て地価が安いと見られている。という内容


かなり前から、ニセコがばぶっているのは聞いていたが、


なぜ、ニセコか?

最近は温暖化で雪がないスキー場が多いためと推定できる。


今後はそういう影響の受けにくい、スキーリゾートは平均、地価が上がっていくものと思われる。


 越後湯沢なんていうのも、本来は・・・・・。




日本で一番雪が多く、かつ関東から一番近い。

 車も電車も一直線。

中古の物件は相当安い。1000万しない案件が大半。


と思ったが、最近は雪が降らない。これが地価が上がらない最大理由。

でも、東京から2時間、リゾート目的で買うのは夏涼しいし、再開発すればまだまだ、復活の余地のある地域だと思う。


 妙高高原スキー場なんていうのは意外と穴場。かも、日帰り温泉にネットカフェつけたら、月4000万も上がる店が女性を中心に爆発したり。

 スキーを2日も3日もできないということであろう。




後は山形最上周りとか月山、などのスキー場も対象としては最高だが、交通のロケーション等に難がある。

 蔵王あたりは雪が近年はどうなのであろうか?あれば買いかな?


 これからのリゾートバブルはスキー場でなく

軽井沢がバブッているのも含め、二極化。昔ながらのブランドで現代人のイメージをつかめる地域ということであろう。止まる今のところ気配はない。

 まだまだ、近場の那須塩原 草津 箱根 湘南は上昇余地はありそうである。


遠方でみれば、やっぱりバブッテも最後も沖縄 穴は石垣島 種子島 であろう。

 株価と同じ、買うから上がる、上がるから買う。

資本主義の行き着くところはバブル。バブリ続けるしかない。

 それに乗っかるか乗らないかは人それぞれ、土地も投資、投資は自己責任。

君は生き残れることができるのか? BY ガンダムのさび。

 色々探すべき時代ではある。

それでも二極化であろう。ドーナツ化にはなりにくい。




marketinghirano at 06:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年09月26日

ビジネスモデル

 一時期もてはやされたビジネスモデル。


そもそも、新たに出てくる事業、マーケットを総称してビジネスモデルと呼んできた。

 やれ、オークションだ ネットだ ECだ、バイオだ 

僕自身はこれらは、これらだけではビジネスモデルとは言わないと思う。

 僕自身が考えるビジネスモデルは


結果論が○ならビジネスモデル。


 つまり、儲かればビジネスモデル。面白いとか、新規性があるとかはビジネスモデルにならない。

 逆に成熟期 衰退期の事業参入でも結果論○ならビジネスモデル



 この言葉の本質は、資金調達力を挙げるためのまやかし。


本来、あるべき株価のファンダメンタルズをこの一言でこの10年

 バブリ続け、資金調達額を増やし、結果

儲からなかった。


 つまりビジネスモデルではなかった。集金モデルだったわけである。

これを錬金術と僕は言うのだと思う。



 ビジネスモデルとは何だったのかは、今ある上場企業のうち、ちゃんと会社として利益が出ている。または、会社の計画通り過去、数字を達成し続けてきたかどうか?

 この2点であろう。

この2点をきっちりしていれば、今も株価は総じて高いはずである。


 また、このビジネスモデルは永遠に基本、結果論だけである。一時的にビジネスモデルと呼ばれても、最後はそうではいと言われてしまう。

 果てしない旅

 終ることのない砂漠での徒歩

結局、ビジネスモデルは勝ち続けて何ぼである。

または、負けないで何ぼである。
 
 

marketinghirano at 05:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年09月25日

異業種交流会

 昔から雑多にあり、増えては減りを繰り返している。

果たして、人脈は広がるのであろうか?

基本合コンと大して差はない。


 飲んで食って、しゃべっておしまい。

たくさんいっても友達もできない人も多々いるし、

大もてな人もいる。


 結局、合コンも企業の異業種交流会も同じである。

最後は交渉力、営業力、熱意、しつこさ、

などであるようである。


 あとは異業種交流会の運営側の協力姿勢。

これがしっかりしていればそれ相応にビジネスになる。



 人脈は経営の宝。

されど、人脈は無駄な時間をとられる。

 単一ビジネスならいっても無駄。

 ソリューション、マーケティング アウトソーシング関連業種なら一応横の輪は広げるなら広げた方がいいようである。


 しかし、一度入るとサークルと同様、付き合いが相当増え、無駄な出費が出続けるだけで終るときもある。

何はともあれ、気軽に行くのだけは辞めた方がよく、吟味することが重要である。


最後は 人対人 結局運次第ということである。

marketinghirano at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

最近の盗難

 なんと、釣具が急上昇中らしい。

確かに、海だと

リール竿 一式100万程度するのもあるから、盗んでネットオークションで流せば新しければ半値以上の高く売れるし、捕まる心配はなさそう。


 最近は釣り師も貴重品は車に置いていかないので、盗難は減っていたわけであるが、

 僕なんか、車の表面に 張り紙 この車にはお金はありません。

NO MONEY IN THIS CAR


 を出しているが、釣り道具は確かに無防備でした。

 竿ケースとか リールケースが一番狙いやすいですねえ。

要注意です。


 これから、ケース防犯グッズは売れるかもしれませんねえ。

marketinghirano at 05:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年09月24日

やっぱり秋

 ですねえ。

今年早く秋が訪れた理由は台風もさることながら。

自然界の秋は基本は日照時間。


 それと、雨が降るごとにこの時期は秋に変わる。

今年はそれと平行して

暑さ、雨が交互に繰返し、気温差が日々あったことも助長したようである。


 気象予報士よりのデータ予報より、自然界の予知能力の方が高いということでしょう。


 データは大事だが、所詮。過去の実績。未来永劫あてるための予報も、所詮占いとたいして差はない。

 経済アナリストも同じである。


 データ野球の野村と勘ピューター長嶋野球。

どちらもあたらないし、どちらもあたることがある。

 野村野球も最後はデータをどう使うかは、監督、選手の勘、運次第。


 経済アナリストも、証券アナリストも、同じである。


最後は結果の率だけで優秀かどうかは判断される。

 
 運も実力のうちとはいうものの、

運かどうかは分かりませんが、せっかく築いたその地位を、なんとも植草克秀は自爆以下ですねえ。

 


 どっかの雑誌で日本を代表するエコノミストが見たかったものは日本の将来でなく女子高生のスカートの中身だった。


 には笑いました。

 これも運なので捕まったと彼は思っているのでしょうか?



marketinghirano at 08:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

そろそろ中間決算

 下方は相次ぐ。

通期で予想を据え置く会社は多いかもしれませんが、それが限界でしょう。

来期は成長率は減速するのは間違いなさそうです。

ただ、マイナス成長はなさそうです。

marketinghirano at 07:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

サブプライム問題は

 沈静化の方向なれど。

アメリカ経済の減速も沈静化するのだろうか?

なんだかんだいっても世界経済はアメリカ頼み。

 円 ドル 2弱とはいうものの。

結局

 どこの為替もリスクは変わらない。


 消去法ユーロも消極的。


 金利狙いはなんだかんだいっても当面の運用としては無難だと思います

marketinghirano at 07:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年09月22日

2弱

 為替は 円 ドルだけ安く

それ以外は高い。



 世界の為替の構図はいびつが復活である。

どこまでいってもアメリカ頼み。

 まだまだ、機軸通貨はドルである。

 東欧の台等でユーロ加盟するくらいの国がもっと出てこない限り、ユーロは第三の機軸通貨にもなっていないと思う。


 基軸通貨 大陸別5通貨体制  ニッチ通貨の統合。これは為替のねじれを直すためには必要不可決だと思う。

marketinghirano at 20:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

ファンド規制

金融商品取引法施工

ファンド規制も強化。


でもM&Aの規制はなぜないのであろうか?


本来はM&Aも強化対象にすべきであるとも思えるが。



M&A仲介とは 事業仲介なのか? 株式勧誘なのか? 微妙なグレーゾーンである。





marketinghirano at 20:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年09月21日

新潟

 といえば銘酒越寒梅

最近ではしめはりというのが久保田それ以外も含めても、ダントツでうまいという噂がある。

是非、日曜日は試しに飲んでみてくる。

 あまり、日本酒には詳しくないが、やはり、どこの銘酒も銘酒になると大量生産になり、味が落ちるという現象があるようである。

 僕自身、日本酒の味の違いは素人同然だと思います。普段、ほとんど飲みませんので。

 釣りにバスで新潟行くのですから、どうせなら飲みたいものです。




marketinghirano at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

小田原厚木道路

 なぜか、料金所でETCが料金を言わない。

料金所スタッフがいない。

帰ってきて調べると、なんと、西湘バイパスが台風9号の高波による陥没で、小田原厚木道路を迂回させるため、修理が終るまで無料とのこと。



 伊豆に旅行に行く人は、省エネ、ガソリン高時代、利用度によっては便利であるが、非常に悲しい惨劇の産物である。

marketinghirano at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年09月20日

地価二極化

 REITバブルで商業用地を中心に地下は高騰。

10%超主要都市は上昇。


 全国平均は0.5%減。

 リゾート地では北海道、軽井沢など

二極化というより、部分高

 東京でも同じ銀座も徒歩5分で何倍も違う。


 いずれにしろ、サブプライムショックが起因で地価上昇

来年は一服、しかし、下降もほとんどしないであろう。


 マンション等住宅は、そろそろ、値崩れしだす。

高値で買えるユーザはほ取りきった。

 需要と供給のバランスから見て、タワーマンションも都心は下落が始まるであろう。


 タワーマンションを買いたい人はしばらく待ってみるのも手かもしれない。


 郊外型タワーマンション、名古屋や仙台、福岡、札幌など主要都市タワーマンションはまだ、数年バブルとは思われる。


 REIT相場も二極化するかもしれないと思う。

marketinghirano at 08:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年09月19日

昨日は

 接待で久しぶりに日付変更線を超えてしまいました。

赤坂うまやという鳥料理を食べました。

ここの鳥の刺身は非常においしいです。

そして、なんと言っても

鹿児島名物鶏飯(ケイハン)

鳥の茶づけ、だしが鶏肉。

全員これは病み付きでした。

ま、茶漬けショップを企画したい僕としては是非、広めてみたいと思っている料理です。


しかし、赤坂も寂れた感じがしました。

marketinghirano at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年09月17日

新規上場企業数40%減

 昨年度比。

コンプライアンスなどの審査強化が主因となっているが。


まず、審査基準の変更が必要であると思う。

.咼献優垢某卦性があれば赤字でも上場できるを改変すべきである。

→赤字でも将来にわたり、社会的存続意義のある事業でかつ、事業成長性が見込めればあれば上場できる。

新規性があっても社会的に存続意義のない会社は永遠に赤字であろう。

経営者、経営陣の能力審査を基準に設ける。

経営者が優秀かどうかが新興系の会社の成長性には一番重要な審査ポイントであるが、ここは基準が曖昧。



そうはいっても、僕個人はどんどん上場させていった方がいいと思っているが、その場合は


退出基準も明確化すべきである。

〇価総額30億以下で1年間平均時価総額が推移した場合。 時価総額30億というと実質的には売買数はほとんどない。

→実態の株式時価総額は売買数×株価である。つまり、時価総額は0と同じである。


∋価総額15億を割った瞬間即廃止


IPO後、事業モデルを改変し、IPO時の事業モデル利益シェア、売上シェアのどちらか、50%下回った場合。

→ あくまでも、社会的存続性があるという事業で上場しているわけで、それのみで本来は是非を問うべき。


IPO前の証券会社に出す、事業計画書を目論見書にも掲載、その達成率に対して

50%を下回った場合。即時廃止、また、3年で平均計画率30%割れがあった場合、上場廃止。


 これくらい厳しくすれば、上場辞める会社も、やる会社でもまともな会社しかでてこなくなる。

 計画は大体、上場してから1年分しか達成できないのをわかっているのに、5年分を大きく計画し、株価を上げて、上場して資金調達する。だまされるのは結局個人。

 こうすることによって、証券会社の引受審査責任も明確化できる。


公開企業は計画を達成してマニュフェスト。

その中では、この手のけつの話だけでなく、大手企業も含め、IR、計画達成率50%
を切った場合、無条件で社長を変えなければならない、という規定も欲しいものです。


 こうするとオーナー企業の中には上場廃止してくる会社も増えるかもしれません。

それはそれでいいことです。そもそも、パブリックとはそういうものです。


 日本の証券界の基準はダブルスタンダードではなく、NO スタンダードで進んできているわけで、本質的改善をしなければ、不祥事は続くでしょう。

 もちろん、計画を達成するためにインチキするのも増えますが、インチキ対策として、取締役会議事録はテープを取ること、証券会社、監査法人はそれを常に聞くことができるも法提起すべきでしょう。もちろん、問題ごとを役員会外でこそこそやる会も増えると思いますが、やれる範囲は限られてきます。

 
JSOX法施工、それにこれが追加されれば自然と、上場企業数は減ります。

結局、いい会社、または可能性のある真面目な会社しか出てきません。


 たくさん出しながら、厳しくする。この相反する矛盾を解決する努力が今問われていると思います。

marketinghirano at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年09月16日

最近のカカクコム

 久しぶりにブランド物や時計その他のカカクコムを見ていたら、相場が一年で10%程度値上がりしているものが結構あった。

 これは在庫が少ないからか、よく売れるからかわからないが、

高額品の消費が順調である証明であろう。


 カカクコムが正規品とあまり値段差がないので、百貨店の専用カード割引を使った値段と総じて差はない。アフターを考えれば、どちらがいいかは人それぞれ。

 ま、今のブランド物は昔と違って、車のみならず、相対故障は少ないわけですから。

 

marketinghirano at 19:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

9月中間決算

 どこも下方が相次いでいる。

思ったより、企業収益は伸びていないことが推測される。

 とうより、理由は単純で、監査法人が監査を厳格化し、厳しく否決を繰り返すことでグレー取引の黒字を赤字に直されていることが主因であると考えられる。



 そもそも、どこの企業収益もリストラ、ダイエット景気だったわけですから、

売上が伸びて、新たな事業の創出が経済を押し上げてきたわけではないですから、

売上が伸びているのは円安分の収益寄与がほぼ大半、実質的に伸びてきたわけではない。


リストラをダイエットに直した場合、

 体脂肪率が15%をきることが一般では不可能と同じで、企業もこれ以上、脂肪を落とすところがない。また、株価を上げようと無理をして、ドーピング、モルヒネを打ちすぎて検査が厳しくなって、ばれて停止処分が増えたこと。

株価が上がれば、それだけ、資金調達力信用力も増え、事業拡大チャンスが増える。

株価は企業にとって心臓である。資金は血液。

 心臓発作を覚悟でどこも無理をした会社も多かったこの5年間である。

それだけであろう。このドーピング、あとからボディーブロー以上に効いてくる。

 企業収益も来期は心配である。


 結局、指標も、数字もきっちり見るところを見ないと、全く違った結論を導き出してしまう。

 
 来年は下降線に舞い戻る可能性も高いと思われる。


ただ、雇用だけは安定するであろう。どこも人だけは足りない。


どこも食事療法が主体で、筋トレをしてこなかったせいか、筋肉がいない。→

要するに若い労働力の意味


 その点では、来年以降も国内の個人消費はある程度持続するのではなかろうか?

マクロの指標も来年はいびつであると思われる。

marketinghirano at 10:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

経済アナリスト

 と経済評論家はほとんど差はない。

経済アナリストがどこまで使えるかは、アナリストとしては

各種の指標のみで判断してどういう結果か、どうなるかを当てる人。


 ところが、本当に優秀なアナリストは、最終、指標のみで判断せず。

五感にたけた人ということになる。

 警察でもエリートはプロファイリングだ、戦略ダー

一方所轄は五感だー そんなもんあてになるかー

困ったときは現場100篇ダー


 どちらも使えない能力である。


大事なことはこの相反する矛盾の解決。双方揃って初めて成り立つものである。

 指標の分析力+五感+泥臭さ


 これはアナリストに限らず、経営に携わる人も、スポーツ選手もすべてに言える事である。


 僕が五感に優れているかどうかは微妙ですが(笑)


 指標で分析できているかも微妙ですが(笑)


 でも相反する矛盾の解決をする努力は惜しんでいないつもりです

ただ、泥臭さは完全になくなってしまいました。そこだけは人にやらせております。

 もう若くないということでしょうか?(笑)


 

marketinghirano at 10:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

久しぶりの

 夜更かし、遊びほうけた。

夏は朝早くなので、急に夜型になるときついなあ・

年を取った感がすごくしました。



marketinghirano at 00:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年09月15日

記憶力

 最近、本当記憶力が悪いのか?と思える人が増え続けている。

聞いてない、言ってない。

 メールも返答していることも覚えていない、

自分で自分の言ったことを覚えている人が少なくなってきている。

 若者でもそうである。

最近若年性痴呆がふえているのかもしれないと思うようになった。


 もう一つは、前提条件をA の場合 1 Bの場合 2

としたとき 聞いた側は A の場合 1 Bでも1 Bの場合2 Aの場合も2

 を交互に記憶し、そのときの自分自身がどっちだったか何を言ったか、何を聞いたかも後々忘れてしまう。

 それから、人間の心理としてこうだったと思いたい。と思うと本当にそうだったと突然記憶が移動してしまう。これが、部下よりの報告、客先での会話でのトラブルの元になる。

 あとは自分に都合のいいことしか記憶しない人が増えている。というより、そもそも、そうだったのであろう。

最近の人たちは単一のことをさせるには結構優秀だなあと思える人は多いが、

あれもこれもを同時聞いたとき、それを自分の中に整理、コントロールできる人はできないということである気がする。

もしかすると昔からそういう人ばかりだったのかもしれないのではあるが。

 記憶できない人は、ノートを取り、後で確認を再度し、メールで議事録を送る。

記憶ができない人は、ビジネスでは通用しない。


 記憶力は一番重要な能力である。

これからはSPIの適性検査も記憶力を測る指標を多く作成すべき時代である。

 入社試験のSPI 僕も苦手だったが、こういう適性は調べれれるのであろうか?


逆に開発したいものである。でも、誰が買うのかも、商売としてなりたつのかもわからない。


 精神的に弱い人材が多い今、精神力が強いか、または強化できるかと、記憶力がいいかどうかは密接にかかわっている。

 精神が不安定の人は、記憶、発現も曖昧。これでは従業員として雇っても大損害をもたらしかねない。


 採用活動も進化すべき時代である。

 採用前に、痴呆の検査、心療内科検査、健康診断、は必ず必須条件にすべきである。


 またSPIでも精神力と記憶力が同時に計れるものを開発したほうがいい。




 

marketinghirano at 05:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

欧州も小型車化 アジアは小型車

 自動車社会60億台普及を目指し続けている昨今。

行き着くところは小型車

最終はK自動車全盛

更にKの下の自動車の台等。


 性能より値段。


 最終的には勝てる要素は小型車 K K子車のそれぞれのマーケットシェアのみ。

この分野では世界で4 5社程度しか残れないであろう。



 あとは超ブランドカー 


V字の法則で見ると 自動車は値段の法則であろう。


marketinghirano at 05:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済