2007年11月

2007年11月30日

今年の世間一般での流行語大賞候補

 なんと2位が そんなの関係ないで

1位は どんだけーーーだった。

僕の感性もいまいち。

しかも、沢尻エリカ様の 別に ・・・ は入っていなかった。


でも、本来の流行語大賞からすると

僕はサブプライムだと思うのだが・・・・

結果はいかに?

あたっても特に意味はないのですが・・・・

marketinghirano at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

会議連発

 朝8時から七時まで

ほぼ、間髪なしの会議のオンパレード


月末ならではというか、久しぶりにというか

疲れました。


 昔はこれが当たり前にこなせましたが、歳なのか

たるんでいるのか・・・・


 まだまだ線路は続くよどこまでも♪


どこまでもー♪


 うーーーーーー

marketinghirano at 20:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

会食

昨日は会食というほどではなかったが

横浜青葉台が客先住所ということで

鳥鮮 という焼鳥屋で軽く食べました

青葉台は住宅街は住宅街でも高級住宅街なので

うまい店は結構ある

ここでうまいのは

特製サラダ

鳥皮

鳥雑炊に鳥皮入れるのが最高であった

あと僕が青葉台でよく行くのは


漁竿

店主が釣り師で面白い食材を用意している



marketinghirano at 07:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年11月27日

資産運用 基本は長期

 資産運用の基本は長期投資


 されど、この5年で参入した人に関しては
一気に投資をした人は 短期運用も必要であった。

 僕もバランスよく分けた。直近で買ったものは短期売買。


 サブプライム問題以後は 徐々に ドルコスト平均法に近い形式での

下がりながらじわりじわり買い増す方式に移動。

 この部分は一時的に損失が出ることもあるが、基本は長期投資を基本としている。

この数年は小額でじわりじわり買い上げていくことがポイントである。

 暴落もあるかもしれないし、そうでないかもしれない。


 
 長期投資の基本的概念は先進国では通用しなくなってきている。


新興国はリスクも大きいが、長期投資として小額持つのが得策ではないだろうか?

marketinghirano at 06:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

証券税制改正

 2008年度まで 売却益の10% 通常は20%


の時限措置。

 景気に配慮して、延長するか撤廃するかを決める。


基本的にはサブプライム問題で投資家で損失を被っている人も多数おり、

景気に配慮すれば延長が基本であろう。

 また、証券取引等で損失を被った場合、所得と合算できないのが証券税制の欠点である。

 ここの所得と一体課税を推進すべきである。

これが一番、投資家の裾野を一番広げやすい方法であると思われる。

問題は儲けた時 20% か、 所得税かである。

希望は20%なれど

 損したときは通算可能で、得したときは20%では公平といえない可能性があるが、


 基本はこれであろう。


 日本個人資産1400兆、総投資時代を推進するのであれば、最低限必要な措置であると思われる。


 

marketinghirano at 06:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年11月26日

サッカーワールドカップ 3次予選

 タイ バーレーン オマーン

ここから、2位以内が最終予選。

基本は一位通過しないと意味がない。

前回ワールドカップ予選ではオマーン バーレーン は4戦全勝とはいうものの。


 すべて、一点差

バーレーンはホームで自殺点

オマーンはロスタイムで逆転。


ほとんど差はない

五輪出場並みの波乱含みであろう。


 最終予選は10チームを 2ブロック 上位2位づつがワールドカップ
三位がそれぞれのブロックの勝者と北中南米敗者復活


 前回と違いオーストラリアもおり、

簡単な試合は一試合もない。

世界で一番人口が多いスポーツ サッカー

世界で観客が一番多いスポーツ サッカー


 レベルが近いほど ディフェンス勝負はどのスポーツも同じ。


日本のディフェンス陣は駒が少ない。怪我一発でアウト。非常にもろいチームである。


 ビジネスも景気が悪ければディフェンシブ銘柄

 人材も保守的人員配置

 投資も リスク回避



 そうなればなるほど、景気の負のスパイラルは始まる。


そうはいっても攻撃は最大の防御。

 どこまでいってもどんなスポーツも点を取らなければ試合に勝てない。

一点の重要性を、攻め時を理解しているチームが一番強い。

 ビジネスも常に攻めのディフェンスをしなければ意味がない。

非常に難しい選択の時代である。

 
 

marketinghirano at 20:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年11月25日

ゴルフ復興 釣りも復活するか?

GDOでは予約はどこもほとんど満杯


ゴルフ練習場もハーフコースも満員

しかも、どこも値上げ傾向。


最大は 若者の増加。特に女性

今後もこの傾向は続くと思われる。

ゴルフ会員権も上昇傾向。


 

 ゴルフバブルはいずれ、再度釣りに流れてくる。

釣りも復活のシナリオは

やはり、女性の増加であろう。

 身近で釣れる、汚れない釣りをいかに推進できるかが鍵であろう。




marketinghirano at 18:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

東野圭吾 ガリレオ 福山

 フジ月9 大盛況の 東野圭吾原作

ガリレオ。

主演 福山

福山は寿命が長いですねえ。

一つ屋根の下から見れば

既に20年近く


 いよいよ、映画主演男優の勢い。



僕ら子供の頃。


ガラスの十代達(薬の30代をを含め)と福山は

男性からみると人気がありすぎて結構困ったものです。(笑)



 しかし、ガラスの10代とは違いながく生き残るには何か違うことがあるのでしょう。

 昔より、今の方が、男からみてもかっこいいっすねえ。


しかし、ドラマの高視聴率が、アニメ実写か、書籍の原作にある傾向は

 脚本不在の裏返しでもある気がする。

俳優以上に脚本が大事であるということではなかろうか?


 日本の文化が違った方向に移りつつある気がする。
 

 

marketinghirano at 18:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

ミス慶応 サンデージャポン

 ミス慶応6人のコンテストをサンデージャポンでやっていた。

青木裕子TBSアナも元ミス慶応

中野美奈子フジテレビアナも元ミス慶応だとか?


でもミス慶応も色々あるようです。

昨年のミス慶応は ○○女優だったとか?


 今年の6人本当に ○○いいのだろうか?

僕の○的センスが間違っているのだろうか?

 誰が選ぶのでしょうか?ねえ。

ミシュランガイドもこんな審査ではないとは思いますが・・・


 

marketinghirano at 17:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年11月24日

J SOX法施工 IPOバブルの終焉 上場廃止戦略の急増

 J SOX法が施工されると

例えば、従業員の横領も社長は知らなかったでは済まされないという時代。

ここのところ多発している偽装事件などは知らなかったは100%済まされないということ。

ある意味、素晴らしい法律ではあるが逆の問題が起きてきている。



代表者の責任が今までの数倍重くなる。

これからは、雇われ社長をやる人そのものがいなくなる時代。


一番の急募職としては

社長であろう。


 商法上の取締役の責任も当然重くなり、

これからは雇われ社長で年俸5億

雇われ取締役で1億

の時代に突入である。野球のFA制度と同じで、これでは会社の存続が困難になる。

また、経営陣は管理業務の膨大化に明け暮れ、管理コストが膨れ上がり、時間をとられ、

 会社の業績維持もままならない。

この状況下で、上場審査基準をJ SOX法対応で満たすことは、そのコストが新興ベンチャーでは

会社の営業利益を○○、いやそれ以上食ってしまう。

 結局、上場を諦める会社、上場審査を通過できない会社が急増し、

今年度新規上場120社を更に下回る可能性が高い。推定100社割れ、下手をすれば、60社なんてことも有り得る。


 また、上場している会社でも、TOBによるMBOなどを中心にオーナー系の会社は上場を廃止させる企業が更に加速すると思われる。



 また、ホールディングス体制を取っている会社は、各社の管理コストが膨大で

経営者数も各社膨大にいる中で、

再度ホールディッド体制を取り直す。 という会社が復活する。


 合併、分割などが頻繁におき、それにまつわる会計士、法律家などの人数不足から彼らの報酬がこれまた跳ね上がる。

 社員で会計士、弁護士を雇わねばらなない時代。


ただ、M&Aが更に加速すれば、会社の体力は付いていくメリットはある。

そうはいっても、恩恵を受けるのはごく一部

全体としては


 J SOX法施工 増税 政治不安 高齢化 労働人口減少


どこまで行っても日本経済の3年後は暗い。

 

marketinghirano at 08:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年11月23日

サブプライムローン ではなく ここまでくると プライム デッドローン時代

 サブプライムローン発の不動産価格下落は

プライムローンもデッド対象になってきている人が膨張中。

ここまでくると どっからがサブプライムでどっからがプライムかの線引きは難しい。




 アメリカ 住宅ローン 1000兆

総数の300兆程度はリスクとしてあるのかもしれない。


 早急な公的資金注入が望まれる。


 難病の治療は 早期発見 早期治療


経済危機も 早期提起 早期処理


 である。




marketinghirano at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

横浜 平戸庵 比内地鶏 北海道産蕎麦

 横浜唯一で4店舗を展開している


駅前だと ベイクオーター

桜木町 関内などにある。

比内地鶏店


 ここの 比内地鶏 南蛮蕎麦は僕の好物。

鴨南蕎麦よりいけると思う。ちょっとしょっぱいかもしれないが・・・・


 よく混雑しているので一度 行ってみればいいと思います。

意外とリーズナブルなのが鶏のいいところです。



marketinghirano at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年11月22日

経済 真っ逆さまー? アナリスト も不況まっしぐら?

 世界同時株安。

今回は調整とは意味が違うようである。


アメリカの景気減速が各国にどれだけ影響あるかが証明できるまでは

株価は調整下落が続く。

それでも ダウ平均は最高値から10%程度の下落


 これからが正念場であろう。

公的資金の早期注入。

 それ以外に解決策はないであろう。

ポイントは それを海外の各国にいかに売りさばくか?

 自国の経済を安定させるために各国政府が買い上げる。

世界をまたに駆けた、救済策

 
 一番馬鹿みたいに買うのが日本であろう。

 
 いずれにしろ、何もしなければ金融恐慌まっさかさま。

修正できれば、再度の株高。経済が悪循環に陥っているうちは、アナリストは

穴にもぐるしかない。洋ナシである。(笑)



 しばらく自粛です。外債、外貨逃避で時間つぶしします。



marketinghirano at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年11月21日

サッカー 五輪出場決定

 オリンピック出場


 ワールドカップ出場は


 サッカーにおいては常に簡単ではない。

結果4大会連続出場。

 運も実力のうち

でれればそれだけでいい。

今日のラスト15分の試合はそういう試合運び。


今日は引き分けでいい試合。負けない時間稼ぎサッカー。

見ているほうはつまらないといえばつまらない。

しかし、アジア相手にこんなサッカーをしているようでは

いずれにしろ 北京本大会の結果もいつもどおりの結果が待っている気がする。


 次を見据えた試合を展開できないはアジアレベルのサッカーそのものであるということ。


 再度の監督以下、選手、協会がやり直さなければならない現状である。


出ると負けではサッカー人気も廃れる一方になる。

 がけっぷちであることに変わりはない。

marketinghirano at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

六本木 つるとんたん 夏木マリ プロデュース

 夕食は

六本木交差点側

うどんや


つるとんたん

そもそもは女優 夏木マリプロデュースとか?

関西流の自分にあったうどん屋がないことがプロデュースの動機とか?


僕はここに来たらたいてい食べるのは

うどんでなく


メインは親子丼 親子丼の上に卵の黄身があって、かき回して食べる。

安 近 短 の象徴的料理店。


 相対、魚も サラダも デザートもうまい。

値段も手頃。


 お勧めの店である。

marketinghirano at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

今日の円高 円キャリー取引解消売り

 朝、

豪ドルを売却

NZドルを売却

終値と午前値では3円程度円高。

特をした気分


 当面、円高基調は続くが、ある一定のところからはまた、円売りを巣かけても

株の鞘取りより確実に収益が取れそうである。


豪ドルに関しては一週間で10円程度 下落。

他主要通貨も値ごろ感が出てきている感がある。

年末に向けて、円キャリー取引解消売りが続くが、仕込み時かもしれない。

marketinghirano at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

アウトソーシング = OUT 即 死ににいく

 バブル崩壊

失われた10年

そんな時代の中

デフレ時代の中


 デフレを活況にして高成長してきた

アウトソーシングビジネス


 固定費をアウトソーシング化する事によって、変動費化することによる、企業側の損益分岐点を下げる効果は

実感なき景気拡大の5年間 いわゆる ダイエット景気の

 恩恵を多分に享受してきた業界。


しかし、時代は変わり、インフレ時代。

 アウトソーシングビジネスは、法律解釈があいまいなまま、

高成長を続け、

結果は 業界最大手のグッドウィル、フルキャストのような問題に直面している。

コスト削減の恩恵をうけずらく儲けにくくなってきている。それが、コンプライアンス放棄の最大の動機であろう。


 それ以上に注意すべきは
 
アウトソーシングを安易に利用すると

社内にノウハウが蓄積しないので、いざというとき会社に責任能力がなく

企業競争力が失われる。

 ロジスティクス、コールセンターの分野においては マーチャンダイズの最重要項目を安易にアウトソーシングすると

 会社のMD機能が麻痺する。コストセンターの認識になり、プロフィットセンターの認識が欠如してしまう。

アウトソーシングの 安易な利用は OUT すると 即 会社が死ぬことを意味する。

アウトソーシングは大事な経営戦略なれど、多用しすぎは会社を潰す。

 野球に例えれば フォークボールは現代の野球では必須なれど

多投しすぎは肩を痛める。寿命を短くするようなもの。


 アウトソーシングの基本はまず、インソーシング → 後アウトソーシング

である。


 上司部下も同じである。

 責任者ほど スルーパスが多く、下にアウトソーシング(笑)したがる。

自分にノウハウが蓄積しない中で、アウトソーシングすると必ずトラブル。

 
 ま、僕も言えた口ではないが、アウトソーシングという言葉の重みを再度考えなければならない。


 コンサルを受けるのも一種のアウトソーシングであり、安易に受託することは

クライアントの競争力を下げてしまい、責任所在も曖昧になる。

 

 経営戦略の一つという概念を置き忘れては

OUT 即 死にいく 諸刃の剣であるということ。


大事なことは信頼関係、コミュニケーションを恒常的に続けれるかどうか?


ファブレス事業部として機能するかどうか?この一点である。

 


marketinghirano at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

ドクターズサプリメント 全盛時代か?

 サプリ後進国 日本

サプリ先進国 アメリカ

市場規模は約100倍


 アメリカでは医師は基本的に抗生物質は処方せず、
の前に 処方箋というのがない国ではあるのだが、

 基本的にサプリを勧める。

 
 サプリ中毒では意味がないが、

日本も ジェネリック医薬品等

 薬価改定に伴い

 診療報酬体系変更に伴い。

同じ傾向が起き得る。


 特保と書かれて 茶カテキンが効くとか言われて爆発的に買ってしまった

ヘルシア緑茶


 一種のサプリである。


 今後は錠剤型のドクタズサプリへと移行し、繁栄していくと思われる。



marketinghirano at 07:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年11月20日

本当に風邪が大流行

 鼻炎風邪


 扁桃腺炎風邪

 腸炎風邪。

一度引くと


だらだらだらだら

1ヶ月も続く。


 風邪に抵抗力がつけられない時代。


市販の風邪薬は効果がない時代。

 病院によっては抗生物質を処方したがる危険度。


病院のランキング評価

能力評価サイトは今後ますます重要であると思われる。

 

 今日も知り合いが風邪薬を処方されてきました

と見たら、熱は7度の人間に

ポンタール????

確か、解熱剤 8度以上でないと使用するなが基本だったと思います。


 7度なら総合感冒薬で充分なはず。

薬も自分で研究する時代でしょう。


 これからは、病院で処方された薬をネットで検索し、チェックして、再度病院に問い合わせる時代な用です。

 自分の命を、医者に任せる時代は終りなようです。

自分の命は自分で守る。ということが基本でしょう。



marketinghirano at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 健康 

今年度 新規上場120社

 過去最低を記録する勢い?


来年はもっと少ないであろう。


J SOX法施工は事実上 新興企業の上場を停止する法律といっても過言ではないであろう。


そもそも、低収益の新興企業では

営業利益を 上場に向けての管理コストが上回る逆転現象が起きつつある。


 それでも上場を目指す会社の成長力は逆にないと言ってもいいのではなかろうか?


また、J ストック インデックス銘柄も非常に醜い決算をどこも出している。


債務超過まででて来る会社が存在している。


 J ストック インデックスの退出基準がないのも非常に今後課題を残している。


上場目指した経営は今後、会社として存続していくことは難しい。


 売却、上場企業の傘下入りを目指した方が賢明である。




 

marketinghirano at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年11月19日

サッカー 運も実力のうちか?

 U22

五輪予選。

カタールに負けて、がけっぷちだった日本代表

まさかのカタールが今度はサウジアラビアに負けて、

日本は最終戦、勝つか引き分けで五輪出場。


 先週までは不運。

今週はラッキー

 さー 最終戦は?

また、ロスタイムで逆転なんて

ドーハの悲劇なんてことはよくある話。


 ドーハの悲劇なんてことは弱い証拠。


所詮、日本代表は実力伯仲。運頼み。

運でも出場しなければ意味がない。

宝くじよりは勝つ確率は高いもの。

株で勝負するくらいの確率。

 人生確率で生きるのは嫌ですねえ。

確率変動なんてのがあるといいのですが・(笑)

marketinghirano at 19:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

上田桃子 賞金女王 21歳

 1億6000万とは???

21歳 こういうゴルファーが娘にいる親はうらやましい。

もはや、1年先輩 横峰さくらや宮里藍より


時の人。

横峰は今年賞金女王を取り逃がした。

宮里は不動に取られている。


1位と2位ではえらい差である。

何事もやるからにはプロスポーツは1位以外意味がない。


 生活するには充分だけど、それとこれとは話が違う。

にしても、女子ゴルフはなぜ、あんなに若い人ばかりなのだろう?

 

 未だによくわかりません。

marketinghirano at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

完全な冬寒

 今日、北海道の旭川の客に電話したら、

旭川は吹雪らしい。


 今年はおととしのように12月は極寒かもしれない。




marketinghirano at 18:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年11月18日

MIU MIU 白黒めがね

 白ぶち眼鏡は今年の新製品。

ほとんど売り切れらしい。

 元々1個買ったのだが、

もう一つ追加しようとしたら在庫取り寄せ。

 大人気らしい。

 白ぶちだけど黒にも見える。

僕は服も車も時計も


白か黒しか使わない。

中古品で売るとき高く。

あわせるのが楽。

白は膨張色

黒ははったり色。


 ファッションも大事なときはいざというときの換金価値。

はある意味貧乏性である。


 



marketinghirano at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

ガンダム ザク 携帯 SH ソフトバンク

 発注しました。

ガンダムのシャー専用ザクの頭部が充電機化した 携帯電話

充電中は赤い目が動く。

待ち受けにはシャー専用

ズゴック

ゲルググ等が選べる。

あまりにくだらない携帯と思いつつ、

ソフトバンクも工夫があるなと思いきや、

値段は二桁らしい。(笑)えない。

確かに等身大 ザクは241000円で1000台売れたというので、

携帯で5万円 充電器で5万円 妥当といえば妥当なのか?

 ガンダムマニアにはたまらないのであろう。

一体何台売れるだろうか?

 目の付け所がシャープなのでしょう。(笑)

最近このキャッチフレーズ シャープは使わなくなった。



 携帯電話もこれからは機能や性能ではない時代。

ファッションの一部。

 車も携帯でも家も

まずは概観が第一である。

 外観第一ということは既にマーケットは飽和を意味する。


携帯電話も生き残るのはごくわずか。

 IPモバイルはサービス導入前に死んでしまった。

KDDI ソフトバンク docomo


3社生き残ることはできるのか?

僕は


釣り用はAU 防水 Gショック 

法人携帯はソフトバンクです。

どちらもいまいちです。

marketinghirano at 18:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年11月17日

東海眼鏡

恐らく神奈川であれだけ一店舗で稼ぐ眼鏡店はないだろう

今はバーゲンでレンズが80%Off

いかに普段利益率が高いかである

眼鏡揃えるなら ここはお勧めである

ビジネスモデルもすばらしい

新たにレンズ作る人は向かいに東海眼科

社会保険適用

払った分は レンズ代休に値引きする

つまり負担率差額が粗利で増え グループでは二重取りで儲かる

うらやましい(笑)

marketinghirano at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

ららぽーと横浜

平日来場車両8000台

土日12000台

REITバブルが昨年から ショッピングセンター ラッシュが各地でヒット
結果 流行りは長続きはしないようであった


アリオ オリナス ラゾーナ ららぽーと どこもワンパターンである

金を使わせる時代ではない

癒しの空間コンセプトにしないかぎり

どこも短命な気がした

個人消費不況再来が近いうち到来した場合の対策がない

最近のレジャーは

安近短

ショッピングセンターがレジャー発信拠点

これができないことが 土日の倍増集客に行かない最大理由

平日昼はどこのショッピングセンターも閑散

主婦の憩いの場

REITは運用成績ありき

客への視点がかけている

marketinghirano at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年11月16日

文芸春秋

 合計4回 × 2時間

ライターさんに聞いてもらい、本を発刊するインタビューは終わりました。


 しかし、まあ 話し続けるのも疲れます。

自分で本を書くとなると何ヶ月、何年かかるのだろうと思うとぞっとしました。


 喉がいまいちなので余計にきつかったです。


4月には出来上がる予定です。

題名はその頃です。

marketinghirano at 16:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年11月15日

板金 コーティング 

 板金 ボディコーティング(ポリマー ガラス ETC)は

ディーラーでやると高い。

品質は中堅から高級まで色々。

ディーラーのコーティングはあてにならないところが多い。


板金は街中ではだめなことろもある。

 

 どこがうまくどこが下手かを見抜くのは難しい。

唯一つ、

カーコンビニやファブリカなどのパテを利用した板金は

 バンパーなどの小傷はいいが、基本的にはノーコメントである。


 どういう板金 コーティング 屋さんがいいかは?

ディーラの営業マンと仲良くなり、

地域一番店を教えてもらう。


 かなりの信頼関係と人間関係がないと紹介はしてくれない。


 ディーラーは車を買うために行くところではない。

オイル交換などなるべくディーラーの担当と友達になることが理想である。

 意外と得することは多々ある。

マイナスは車を買ってくれとせがまれること。(笑)


 ごまかしかたも信頼関係である。




 
 

marketinghirano at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

サッカー ACL 浦和レッズ 優勝

 アジアクラブチーム チャンピョンがどれだけの価値があるかわからないが、

浦和の強さは日本ではダントツ。


 年々、Jリーグも強弱がはっきりしてきている。

地元密着で地道に各チーム収支管理を徹底し、チーム運営をしてきたが、

そろそろ、チーム数が減りだすのではないだろうか?

 Jリーグの反映が日本代表の成長の基本的最重要ファクター


常勝スポーツはある意味衰退する。選手のスキルも上がらない。

 
 資金力と指導者

人物金

 企業もスポーツも同じである。


企業の人材も修羅場をくぐってきた数だけ、経営力があがるもの。

 

 かといって、ずーと勝ち続けると、衰退する。


 スポーツのチーム運営も 企業も

勝ち続けることは難しい。


 盛者必衰の理をあらわす。



 サッカーもそろそろ

 東リーグと西リーグに分けるべき時代だと思われる。




 また、交流戦など、

協会そのものも工夫がそろそろ必要な時代である。


 観客動員数を維持、増やすことがJリーグの反映 ひいては日本代表の成長の一番重要な戦略である。

 

 

marketinghirano at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済