2008年02月

2008年02月29日

明日はいよいよ、渓流釣り解禁 しかし、希望が薄い今年

 夕方、川をいろいろ見て回った。


今年は関東近郊の渓流は


希望が薄いと僕は思う。


昨年の巨大、氾濫台風で

ヤマメは 相当死んでしまったようである。


また、どこの川も淵が埋まり、砂が増え、石がなくなり、


自然として、川としての機能も同時に失った川がかなり多い。



 明日から関東は大半渓流は解禁だが、

大半が成魚放流が主体である。


 成魚放流は


基本的に川に放すと、

池で飼われていたので、下流へ、下流へと下っていく。


 大きなたまりでないと残らない。


今年は、どこも淵が少なく、淵に砂が多いので、


 成魚放流全体も少ないようである。


 天然は、未だ、穴にもぐって冬眠中が多く、また、いるのかも不明。


昨年は暖冬の影響から解禁から天然もバンバン

どこもよくかかったが、今年は期待が薄い。


 今年は、遠征が主体になりそうな渓流釣りである。

marketinghirano at 19:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

BRIO メルセデスベンツ vs BMW モータージャーナリストとしての評価


 探したが書店で見つからず 残念。


どっちがいいのか?


ボディ剛性はメルセデスベンツに軍配

アルミと鉄


強度はアルミが鉄の2.5倍。

でも強度とボディ剛性は比例しない。


 鉄は板金できるが、アルミはパテ盛しかできない。


アルミの軽さは、走りにおいては軽快感が違う。

 燃費、環境にはその点からアルミ。


スポーツカーはアルミボディ。


 軽さを好むか重厚感を好むか


エンジンは BMWに軍配。

スポーツカーメーカーらしいエンジン。

最近は高級車路線のベンツに近い設定を目指しているが、本質的には


スポーツカー。



 内装の高級感、質感はベンツに軍配。


高級車とスポーツカー


スポーツカーに内装に余計な豪華さは不要。


その点では、内装の高級感はベンツ。シックさのBMW


 
ここまではどこのモータージャーナリストも同じ結論になるであろう。



 ここからが、


マニアックな 評論。



BMW 1 vs ベンツ A B


1に軍配

BMWらしさを ハッチバックでもきっちり表現できている。


というより、今 BMWらしい、昔ながらのBMWを味わえるのは

1シリーズである。


 3シリーズ 5シリーズ 7シリーズは大型化したことによって、

スポーツカーらしい、軽快感、コーナリング性能、スポーツフィーリングが影を薄めつつある。 BMWらしさを減らしている。


1シリーズは概観はノーコメントだが、 BMWという歴史を徹底的に感じる作品である。


 ただし、女性向のデザインであることをどうみるか?


ベンツ A B に関しては、高級車というコンセプトを乗っていてイメージがわかない。




ベンツ Cクラス VS BMW 3シリーズ


 それぞれのコンセプトがそれぞれ、平均的に出ている車。

好みの問題であろう。


ベンツ Eクラス VS BMW 5シリーズ


 ベンツ Eクラスはコンパクト化によるスポーツ感へ

 BMW 5シリーズは大型化による高級感へ


 どちらも目的がコンセプトが逆行。


 ベンツはEクラスはなぜか 異常にw211型になって、リコールが多かった。


安全を売り物にするベンツの 看板 量産車種の エンジン ブレーキなどのリコールは


 かなりの減点か?



 それを除けば、どちらも コンセプトの観点からは引き分け、


故障率でBMWか?


 ベンツ Sクラス VS BMW 7シリーズ


 ベンツが個性がなくなったと、デザインで言われても


ベンツはベンツの異名の元祖。


 このクラスだけは


 どうこういってもベンツには BMWはかなわないようである。




 RV クラスは

クロスカントリーは

 ベンツ G ゲレンデ

SUVは

 BMW X5


 この二つは あとは好みの問題。


R クラス ML GL  X3は コンセプトに違和感。


どちらもマイナス。




 スポーツカーは

BMW

M3 


ベンツ

SL


6シリーズ SLK Z4 335 CL CLK


とにかく種類が多すぎる。


M3とSL以外は


ツードアスポーツとしてのコンセプトから外れている気がする。


 それぞれ

スポーツカーと


ラグジュアリースポーツの好みの差。




 僕が何を表現したいか?


BMW も メルセデスベンツも


どちらもすばらしいし、どちらもおかしいと思っている。


 種類を増やす。

多面的な顧客層を開拓する。


 結果全体の販売台数を押し上げている。


しかし、結果として、ブランド力が落ちだしている。



 自動車のブランド価値は中古車価格の相場で表現される。


どちらも中古相場が荒れているようである。


 ベンツも BMWも

 ブランドを明確にしたブランドと


そうでないブランドに区分けしていくべきである。


ブランドの大衆化は、結局ブランド力を落としてしまう。

 BMW

は 傘下に ミニなど それぞれに区分けしたコンセプトを


 ベンツも

スマートなど それぞれ区分けすべきである。


 どちらも原点回帰しなければ5年後は、大衆化の庶民化している車になってしまう危惧が否めない。


僕はどちらがいいかは勧めないが、


中古でいいでものを探せば、すさまじく安い上物が買えると思う。



 その点では、両社は世界戦略を見直す時期に来ていると僕は思っている。


僕なら



.妊ーラーを減らす。

▲屮薀鵐匹鮑把磽欧帖,任れば3つに変える。

9盖薀屮薀鵐匹魄飮する車は、販売台数を狙わず、中古相場を崩さない設計にし、値引きもしない。

これをしない限り、ブランドカーにはならないと僕は思っている。


彼らもブランドを区分けするためにM&Aするべき時代であろうと思う。


 

marketinghirano at 18:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

世界卓球 平野 22歳

大会9連勝負け無し

今の日本女子卓球

平野が断トツのようである

福原愛 石川佳純らは

彼女を追い抜くことはできるのか?

まだまだ

相当の差があるように思える


しかし メダルは確定

世界で通用する日本卓球

やるからには

金を目指すべきである

中国には勝てないであろう

marketinghirano at 06:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

能力開花プログラム ケーススタディ M&A ヒント

もしも あなたがトヨタ自動車の代表取締役だとして

どこをなぜどのように買収するか?

ヒントは

代表取締役だとして


会社の人事制度の検証

会社のコア

長所 短所

経営戦略

長所を伸ばすか

短所を克服するか?


それに呼応して

水平統合 か 垂直統合か?


次に買収先を選定したら

どのように買収するか?

それと同時に

予算 資金調達手法などの検証

最後に

買収した後の

シナジー効果を出すための戦略と事業拡大計画の作成と検証

買う側の組織戦略

買った後の先方の組織戦略


という順序


である

もうあと何回か

ヒントは出ます


しかし

答えは何百通り 何千通り

何万通りもあります

最後は

優先順位の高い順

実現の高い順になるでしょう?

これができれば

大企業 上場企業の

事業開発部 経営戦略

CFO


雇われ社長はできるでしょう



marketinghirano at 06:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2008年02月27日

世界卓球 福原愛

幼児から天才と期待され

最年少で代表に入ってから

既に19歳 大学生

今年は体格かなり改善し

筋肉アップしている

今年は結果を出さないと

彼女もサッカー平山相太になりかねない


昨日の涙ににじみでている


五輪はメダルを取らないと

ドラマにならない

卓球人気の火付け役

石川佳純

と二人で盛り上げてほしい

テレビ東京にしてはの

視聴率に現れている

卓球人気が加速するかどうかはこの二人が握っていると思う




marketinghirano at 21:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

中川翔子 しょこたん は生き残ることができるのか?

 沢尻エリカに始まり


 幸田来未


 そしてしょこたん 中川翔子。


女性の人気者はことどとく 一言で


 逆転する。

 

これからは女性タレントは


社会常識のある人でないと、ロングヒットは難しい時代ということなのであろうか?



 会話を選ばなければならないというのは


女性タレントには難しい話である。



 彼女たちは生き残ることができるのか?


ファンあっての 芸能界。


 流行は廃れるものとはいうものの、廃れ方が昔とは違う気がする。



実力があれば復活できるであろう。



 芸能界も結果がすべての世界。


 時が過ぎれば答えは出る。


その答えが次のマニュアルとなる。


 失敗は成功の元。


 成功は 成功?


いや成功すれば失敗する。


 成功と思わないことが人生は


 ビジネスも含めて 重要である。


盛者必衰の理を現す


 は 成功と思った時点で 終わりということ。


成功を目指し続けて、日々精進 進化する。


 この志を忘れたものは即座に失敗へのカウントダウンということが僕の答え、


彼女たちはどうなるか?


  運も実力のうち。


 生かすも殺すも自分の能力次第であろう。



 人のことを言っている余裕は僕にはないのであるが・・・・・

僕はそもそも、成功体験が乏しい。


 昔、岩崎恭子が


水泳で金メダルを取ったとき


「14年生きてきた中で一番幸せ」


僕は未だ32年以上 そんな幸せ経験が 記憶がない。


 でも 岩崎恭子もそろそろ三十路


それ以降はどうなのであろうか?


 人生は永い。


終わってみないとわからない。


 先を考えるのもいやだが、過去を振り返るのも嫌なものである。






marketinghirano at 19:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

能力開花プログラム MBAケーススタディ応用 M&A

もし

あなたが トヨタ自動車の代表取締役なら

どこをどのように買収しますか?

また

なぜ やるのか?

また やるとして

どのような資金調達はどうなのか?







marketinghirano at 10:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2008年02月26日

雨は降る♪ あなたはこない♪ 春よ♪ 近き春よ♪

土砂降りの雨

一気に春になるでしょう

自然界の春は

冬が寒くても

今年は早いだろう






marketinghirano at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

出版不況 中小連鎖倒産

2月26日9時30分配信 MONEYzine


 都内の出版社「アスコム」の倒産騒動が起こっている。社員は20日付で解雇され、2月21日から事務所は閉鎖されている。アスコムは株式会社アスキーの一般書籍部門アスキー・コミュニケーションズとして設立され、田原総一朗氏、松山千春ら有名人の関連書籍を多数発行し、NHKの人気番組「ためしてガッテン」などの定期刊行物などでも知られていた。

 現時点ではアスコムの倒産について新しい情報は入ってきていないが、最近出版社の倒産が続いており、アスコムが倒産していても驚くことではなくなっている。

 ここ1年を見るだけでも、男性向け雑誌、特にグラビア誌の発行元として知られていた英知出版が2007年3月に自己破産、続いて同年11月に「超図解」シリーズなどPC入門書の草分け的な存在エクスメディアも自己破産した。また今年に入っても1月に徳大寺有恒の『間違いだらけのクルマ選び』シリーズなどで知られる草思社が破綻している。

 インターネットや携帯電話の普及などによる活字離れや業界構造の問題などにより、出版業界は1997年以降、市場規模が年々縮小している状況だ。業界大手の講談社は今月、12年連続の減収決算を発表した。売上高確保のために出版点数は増加しているが、返品率が高く、出版業界は悪循環に陥っている。また出版社の収益減少は、執筆で生計を立てている作家やジャーナリスト、フリーライターの収入にも影響しており、少額の印税にあきれて執筆を放棄し、投資などで収入を確保しようとする作家もあらわれている。このまま出版業界が何も手を打たないようでは、「次のアスコム」のニュースが流れるまでそう時間はかからないかもしれない。






 どこまえもー かーぎりなーく つーづく♪


出版業者はほとんど赤字


 連鎖倒産


印刷会社


 広告代理店


対岸の火事はすさまじく広がっている業界。


 この業界は意外と負債が多く


経営統合しづらい業界。



 大手以外は孤独にどこも飛んでいく業界であろう。


大手同士の合併も今後は加速するかもしれない。




marketinghirano at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

能力開花プログラム 機.押璽猴論から 解答 事例  ´

 東アジア選手権

韓国戦

勝つ以外目的がない。結果がすべての大会。

点を前半18分 取られた時点で

前2試合 2得点、

1試合1点平均だったことを考えれば

既に、ここから、動き出すべきであった。後半中ごろからのアグレッシブな選手交代は

勝つ目的、さらに点が開くリスクをとってでも攻撃であった。

 一方、監督として、今の日本のレベルで韓国に勝つことができないという判断をしていたなら、引き分けでも


 惜しかったという責任逃れができる。恥をかかない。監督辞めろコールまではいかない。

 結果は2つの方式があったということ。負けなければ責任問題までいかない。


勝てば、存在意義が大きくなる。

 これと同様のことを



 今回のケースに当てはめた場合、

3人で2台ずつ 合計6台の数字をやるために、

 店長としてはマクロでは

広告宣伝をかけて、この3人で達成できなくても全体で数字を行かせる施策はリスクを犯してチャレンジすることができる。


 10日で 20日までの登録に限り、値引き、プレゼントなど。


また、もう一つは


 ミクロでは、この3人につめあげるという方法。


しかし、10日で見込みがなければ、即日来店即日購入という客はまれなことから


やっても意味がない。


 店長としては、店舗の数字全体をみているわけで、

営業マン全体に対して、

 キャンペーン歩合制度を導入するという方法。


 6台追加で押し込んだ分について、インセンティブを他従業員に出すという方法。


または、優秀な営業マンは、ノルマ以上の台数、数字は次の月などに隠し持っている

、前倒しの予算を持つくらい余裕のある社員もいる場合、これは有効である。


 でも、実際としては


日本サッカー代表が得点力がないのは周知の通り



同様に、営業マンも全員達成しないのは、想定できる話。


月の10日を過ぎるまで、何も手を打たないことのほうがそもそも、問題であり、


選手交代をためらった監督の地位と同様である。



 投資をすれば、回収できなければ、損をするリスクがつく。

このリスクを自分が取れれば、チャレンジしなければ儲けることはできない。


 諸刃の剣である。



 オシム監督が リスクをとって、という定義とここでいう定義は同じである。


次に、


そうはいってもこの3人で6台の台数をこなせない場合、


彼らに信賞必罰をしなければどうなるか?


毎月同じことが起きだす。


 この場合、基本的に代表を辞退させて、もう一度Jリーグで結果を出させるまで様子見



 と同じことをする必要がある。


 レギュラーは何もしなくてもレギュラ-ではいけない。



 すると、


 営業の駒が減り、回りに数字のプレッシャーがさらにのしかかる。



この場合も含め、


|成しない社員の給与を下げる。

⊆めてもらう。


信賞必罰をしない。



 の選択肢をどれをとるか?



基本は
店長からすれば、全体数字の達成が基本であるわけで、

,鬚泙困倭択する。


しかし、そもそも、商品力がなく、全体のパイが小さくなっている場合、

この店長は、負けない店長を目指して、売り上げ拡大、シェア拡大でなく

売り上げ減りましたが、利益を出しましたの理由付けをするために


最悪は△鯀択して存続意義を図る。





だと、全体のモチベーションが下がる。

を選択する場合は、そもそも、商品力があり、逆に


 歩合の必要性がない、商品力のある場合には、これで台数より、利益を目指す手法もある。





という店長としての段階的な意思決定が必要である。



営業責任者に求められる能力は


まず、数字。


売り上げに直結するのは 受注数である。


次に受注するのに要したコストである。


 この二つの両輪を相互に達成することは、至上命題。


これら二つをもって勝った 負けたのビジネスでの判定基準であろう。


 しかし、売り上げ増えたが、利益未達成 売り上げ減ったが、利益達成


これらは引き分けである。


 サッカー同様、常に勝てるわけでもない。


大事なことは


ジャッジをするタイミングは常に前倒しが今求められる能力である。


 東アジア選手権に限れば、


既に初戦の北朝鮮戦で1対1で引き分けた時点で方向転換すべきであったということ。


もっといえば、初戦早々に先制された時点で、勝ちに行く姿勢が求められたのであろう。






 つまり、

今回のゲーム理論は、僕のこれ自体も答えではない。


前提条件があるない、制約があるないでさまざまな想定が浮かび上がる。


 この東アジア選手権の 監督の判断をベースにすれば


韓国戦でなく、北朝鮮戦で既に選手起用はミスったという可能性もあるということ。


また、一方で、どちらもリスクを犯さなかったから、負けなかったということ。


 wカップの予選の場合、グループ2位まで通過というブロックは多々ある。


それを見越した戦略の場合は、この東アジア選手権での戦略は間違っていないともいえる。



 東アジア選手権優勝を目的にするか?


ワールドカップ出場を目的にするかでも


今回のジャッジは正しかったか? 間違っていたかの判断も変わってくる。


オシム監督のサッカーは観戦していて楽しいが、楽しくても負けては意味がない。



 エンジョイワーキングで会社がつぶれて従業員が路頭に迷っても意味がない。



チーム編成は、その監督監督で個性、戦略が変わるのと同様、


選手は監督を選べない。


部下は上司を選べない。



 こうした、多面的なジャッジの基準を冷静に、細かく


点と線の前提条件を無数に広げ、問題解決の突破口を自分なりにジャッジして導く。




 ここまでの問題提起と

問題解決法をクローズアップすれば


あとは ジャッジは自分の責任でどうするかである。


 これ以外にも細かくは、問題解決法はあるのかもしれない。



marketinghirano at 20:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2008年02月25日

世界卓球 石川佳純

15歳 日本代表

間違いなく

将来

アスリートだけでなく

アイドルになるだろう


CM効果はさらに爆発する時代が来るかもしれない

福原愛を越す

CM効果も含め

一押しである

marketinghirano at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

徳永英明 三作 280万部突破

ボォーカリスト

三作 280万

音楽不況真っ只中
着メロ着うたなどを含めダウンロード全盛期の中



350万も視野 の爆発ヒット


歌手もさることながら

名曲は永遠に名曲

音楽の在り方を

証明している


音楽業界 再生の答えを出した

作品である




marketinghirano at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

能力開花プログラム 機.押璽猴論から ヒント

 ポイントは


岡田監督の選手 交代のタイミングが早かったか 遅かったか?


そもそも、日本のサッカーチームが


得点力がないのは誰もが知る話。


その守り主体のチームが 前半早々に失点。



 この試合は、引き分けでも負け。


勝つしかない試合。

つまり、1点取られた時点で


最低でも2点取らなければならない。




 


 一方、営業において


10日の時点で 最終着地報告が 2台不足が3人いる・


つまり、拠点あたり 6台の台数が不足していることになる。



 他の人間は毎月の数字が見えると仮定すれば、


この三人は毎月 数字を達成できない。


つまり、サッカーで言えば 点を取れない選手ということになる。




 マーケティングとファイナンスの原則から、


,修發修癲△海凌与瑤任録字が達成しないのか?


△修發修癲△海3人の営業適性が高いのか 低いのか?



 の論点で戦略を組めば、点と線がつながる相反する選択肢がさまざまに見つかる。



あとはその選択肢を縦横 枝葉にわけて、問題点を提起し


解決すればいい。



以上も踏まえて、再度再考して見てください。



能力開花プログラム 機.押璽猴論

marketinghirano at 06:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2008年02月23日

投資の意思決定基準 CFO能力開花プログラム

 M&Aにかかわる財務 投資関連事業を


サラリーマンから始めて既に10年がたとうとしている。



 営業コンサルと財務コンサルの双方が


できるコンサルタントは


現代、ほとんど存在しない。



 また、インターネットなどのバーチャル事業と


 3K的な労働集約的な泥臭い事業の双方を


経験してきたコンサルタントは


現代、ほとんど存在しない。



 この双方をハイブリッド的なコンサルとして確立した


問題解決学を


営業能力開花プログラムに同時に落とし込みます。


これからの営業責任者は


ファイナンスのスキルがなければ生き残れない時代。


是非、チャレンジしてみてください。


 ヒントは過去のブログに含まれています。

marketinghirano at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

木山裕策 HOME 39歳 歌手デビュー

 行列のできる法律相談所で


プロモーションしている

木山裕策


HOME


結構いいなあとおもっていたら、


初登場 11位


オリコンランキング現在 7位


かなりの遅咲きだが、


意外と平成版

虎舞流流の

じわりじわり ヒットがあるかも。


 頑張ってほしいものである。



僕はせこいのでアルバム以外買いません。


ロングヒットでアルバムを出してほしいものです。


 応援しています。


自動車で聞くには非常にいい歌だと思います。

marketinghirano at 20:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

日本も真似するな 政府系ファンド  アナリスト でなく 穴リストが増える

 オイルマネー


 新興国に対抗して


日本でも政府ファンドを創設論議。



 アブダビなどの投資担当責任者は


有限責任。

責任がかなり重く、すさまじい神経をサラリーマンでも使うらしい。

というよりサラリーマンではない。


僕の先輩がかつて、アブダビ投資庁の日本株運用担当で現地に2年在職していたが、


精神的なプレッシャーは半端ではないようです。


報酬も半端ではないようです。


しかも、アブダビは運用担当者が公務員。リスクもでかいが、リターンもでかい。

個人の給与の課税は0円らしい。


日本の政府系ファンドも


それくらいリスクをとらせる方式であれば構わないが、


資金は税金でやろうとするわけで、


最後は天下りの温床で、無駄な血税で毎度の結末、無責任、乱脈で終わるのが落ち。



 無責任ならやるべきではない。


自分で借金して運用するくらいの覚悟がなければ、投資は絶対にリターンを生まない。


日本のアナリストは穴リスト


責任取れない制度では

最後は穴に潜るだけ。


 明確な責任をアナリスト 経営陣など に与えるべきである。

marketinghirano at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

陳健一  横浜 麻婆豆腐専門店

 現在4店舗


横浜店で今日食べてみた。


セルリアンの 陳健一特性 麻婆豆腐は 四川料理特有の


山椒たっぷりのひりひりする麻婆豆腐で


苦手だったが、


どっちが本場の味か分からないが、


安くて美味しい。

麻婆豆腐1050円で ご飯食べ放題。


食後のぷりぷり杏仁もお勧めです。


 結構病み付きです。


また行こうと思います。

marketinghirano at 20:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

今日は 黄砂か 空が黄色

強風で

空がマッ黄色

黄砂か

なんなのか

花粉かなんなのか

目鼻がきつい


健康によくないらしい。


冬の偏西風が黄砂の量を増徴させているようです。

これから釣りシーズン


 かなりアタマを悩ませます。

marketinghirano at 18:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

徳永秀明 ボォーカリスト123

アーティスト

徳永秀明の女性アーティスト名曲選


1 2 3

自動車で聞くにはなくてはならない必需品になっております

数十回 アルバム 三枚聞きました

僕は1が1番出来がいいと思います

3は洗練されすぎた歌

最近の名曲

好みの問題だが

車で聞いていると

飽きない

眠くならない歌を聞きたくなるかもしれないが


みなさんはどうでしょう?



marketinghirano at 14:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

御殿場 アウトレットモール

二年ぶりに来ました

相変わらずの盛況


ケチな僕は

アウトレットモール

バーゲンで買うのは

ジーパン

ナイロン
スポーツウェア
雑貨


バーゲンで狙うのは

アウトレットモールは

オールシーズンものがオススメです

しかし

買った金額は二万円

交通費ガソリン食費代金で一万

割ったら

ほとんど変わりません

たくさん買う人でないと

観光という概念がなければ

意味がないのも事実です

ケチな僕には向かない 遊びです(笑)

marketinghirano at 14:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

セブンイレブン POS の勝因と 今後

 コンビニの
セブンイレブンは POSで勝った

POSで勝ったなんていわれているが、


 それは セブンイレブンは最初に 一番いい立地に店を出してシェアとブランドを取ったから


 勝ったのが第一要因。

そしてシェアと拠点数、ブランド力を武器に


新商品を前倒しで出し、売れ筋を絞って更なる


シェアとブランドを確立してきた。




POSレジを利用した徹底した販売管理

在庫管理

はマーケティングデータとしての数字を明確に表示し、それが更なる拡大を可能にしてきた。


 ところが、ここにきて、問題が起きている。


POSデータでは顧客の嗜好が判別できなくなってきている。


 セブン&Iホールディングスにして、


スーパーのPOSと百貨店のPOSとコンビニのPOSを連動させて


新たなるニーズをシーズしようとしているが、



 本質的原点に回帰すべきである。



 コンビニエンスストアという概念そのものを一旦破壊すべきであろう。



 コンビニエンスストアはまだまだ、成長余力を備えている。


拠点を利用した効率的、生活必需品提供スポット。


 

 その経営戦略を開示されれば、株を買いたいものだが、

業績は経営力しだいだと思う。



 

marketinghirano at 08:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

JR東海 おまえもか? というより全国津々浦々 まだまだ発覚する。

2月23日6時3分配信 時事通信


*JR東海 <9022> の全額出資子会社で弁当製造・販売、車内サービスの「JR東海パッセンジャーズ」(東京)が、少なくとも一年以上にわたり、実質的に消費期限を偽装して弁当、サンドイッチ、おにぎりを販売していたことが22日、判明した。二十一日販売分を調査したところ、約四万九千食のうち1万5900食の期限切れ食品を出荷していた。 




 大企業の看板は


ブランドはどんどん汚れていく。


コスト コスト 


株価 株価


利益 利益


を追求していった


過去 戦後最長景気拡大の つけが


不況再来元年の今年に来ている。



 不正発覚に対するコストは 先延ばしし、 隠せば 隠すほど


大きくなる。隠し続けてきている企業が


 その損失を先延ばしし、不況が重なれば


今後は 大企業の倒産が加速する。


 

marketinghirano at 08:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2008年02月22日

プロは結果が出て何ぼ? ビジネスもスポーツも同じこと 松井秀樹 松坂大輔

 米スポーツ専門誌スポーティング・ニューズのウェブサイトは21日、成績の割りに高年俸を得ていると思われる選手をカテゴリ別にワースト5までランキングした記事を掲載。その中の、昨季までの契約期間が2年以下という「契約期間の短い打者」部門で、ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜外野手が2位にランクインしている。

 同誌は今季年俸が800万ドル(8億6000万円)以上の選手のうち、昨季以前から複数年契約を結んでいる86人をピックアップし、100万ドル(約1億1000万円)あたりで何勝に貢献したかを査定。平均は1・4勝だが、2006年から4年5200万ドル(約55億8000万円)で契約している松井は過去2シーズンで0・9勝分しか貢献できておらず、同誌は、松井はかつては「鉄人」だったが、ここ2年は相次ぐけがで計194試合しか出場できていないという短評をつけている。

 なお同部門でワースト1位とされたのは、ボストン・レッドソックスが2006年オフに5年7000万ドル(約75億2000万円)で獲得したJ.D.ドルー外野手。「契約期間の短い投手」部門ではロサンゼルス・ドジャース移籍1年目の昨季に故障でわずか1勝に終わったジェーソン・シュミット投手がトップにランクインした。また、「契約期間の長い打者」部門では、シンシナティ・レッズ移籍後の8シーズンで140試合以上に出場したのが2回しかないケン・グリフィー外野手、同投手部門では、故障に泣かされて4年4000万ドル(約43億円)の契約期間でわずか19回しか登板できなかったニューヨーク・ヤンキースのカール・パバーノ投手がワースト1となっている。

by MAJOR.JP編集部






  今年の結果次第では


松坂大輔も充分ノミネートされる可能性はある。


昨年の結果が今年では 上位に来るであろう。



 プロは結果が出てなんぼ?


ビジネスも スポーツも同じである。


 松井秀樹も世論を踏まえ、自分から返金する度胸も必要であろう。


ファンあってのスポーツ。


ファンサービスの一環は 人間性 プライド 意地を表現することも重要だと思う。



 今年は松坂大輔


 松井秀樹


両名は 生き残りをかけたラストチャンスである。


 結果を出すことが日本の誇り。日本のファンに対しても


期待に答える義務がある。


 頑張って欲しいものである。

marketinghirano at 17:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

サブウェイ

 昼のファーストフード


サブウェイ


すごくヘルシーで美味しいファーストフードだと思います。


ただし、昼混んでいると並んでしまう、ファーストフードでない面倒くささが気になりますが、


今日は一時半なのでスムーズに買えて食べれました。


 

marketinghirano at 16:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2008年02月21日

新種病原菌 発展途上国発

2月21日4時0分配信 時事通信


 世界の新興感染症の出現件数は過去約60年で約4倍に増え、6割が動物に起源があることが分かった。英ロンドン動物学会や米コロンビア大などの研究チームが出現状況を地図にまとめ、21日付の英科学誌ネイチャーに発表した。毒性の強いH5N1型鳥インフルエンザや新型肺炎(SARS)など、開発途上国での出現が目立っており、早急に監視体制を強化する必要があるという。
 研究チームは、1940年から2004年までに医学文献に掲載された335件の新興感染症の出現報告を分析した。その結果、病原体別では細菌・リケッチアが54%と、ウイルスやプリオンたんぱくの25%を大きく上回った。全体の60%の起源が動物で、このうち72%がSARSの感染源となった中国に生息するコウモリのように野生動物だった。過去最悪は、アフリカのチンパンジーからうつったとみられるエイズだった。
 野生動物からの新興感染症は開発途上国が多いが、先進国でも病院で抗生物質の多用による耐性菌が出現したり、生野菜などの食材生産施設で病原性大腸菌の変異株が発生したりしている



人間とほとんど

交流がなかった動物

森林伐採により

人間と動物が隣接して暮らすことが増えたことが

主要因か?


これから

まだまだ

H5N1クラスの

エイズくらすの

エボラ出欠熱

デングーなど

が新たに発生する可能性は異常に高い

人間は生き続けることができるのか?


遺伝子組み換えはそれを助長するかもしれない

潰れた

ムツゴロウ サマーランド記念館にハクビシンがいてかなり問題になったらしい

近所のタヌキが絶滅したのは

これが理由では?

なんて噂も出たくらい

一歩間違えれば パニックである

いつ どこで 地震が起きるのか?

わからないのと同じくらい

身近な対岸の火事ではない問題である

marketinghirano at 07:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 | 健康

2008年02月20日

シナジーとは?

 MBAで出てくる シナジー効果。


ここ5年間


よく聞いた経営用語


シナジー


スキーム


M&A

などなど


横文字に弱い日本人。


約せば


シナジー = 1+1>2

になるかどうか?


スキーム = 方法 = 戦略


M&A = のっとり 



横文字を並べると相手がごまかされる気になる言葉。


横文字に強くなり、原理原則を学ばない限り


交渉で後手を踏む時代。



シナジー効果を出しましょう。


という営業トークをよく聞きますが、


そういわれたら


シナジー効果を出すためのスキームをそちらから提案してくださいと答えましょう。



おそらく、営業トークならここで止まります。


大半


シナジーという言葉を出す人ははったりと疑うことが重要です。


本当にシナジーを出す気があるなら、こんな言葉を使わず、


Aを一緒にやっていただけませんか?


になります。


または


Bが弱いので、恩赦のBで補完したいのですが、ご協力いただけませんか?になる。



 シナジー効果の高い


M&Aなんていっている IRこそ、一番


IRではない。



 シナジーを数字的に証明せず、なんてプレスリリースはたくさん出す会社も


M&Aというと 投資家が成長を期待できるなんていう一種の見せ球 つり球

降らせ球。




 横文字には気をつけましょう。





 

marketinghirano at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

再度 1バレル100ドル突破

 景気減速による需要減退懸念があり、


原油先物は落ち着くかと思いきや、


やっぱり、復活か?


経済を占う上で


原油1バレル100ドルは


心理的にかなり重い。




 株価が最近は上昇する理由があまり見当たらない。


資産運用 特に株式は 困ったときは長期投資が基本。



模様眺めが続きそうではある。

 

marketinghirano at 20:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

モノライン 分割案

2月19日8時7分配信 ロイター


 [ニューヨーク 18日 ロイター] 米金融保証(モノライン)大手のアムバック・フィナンシャル・グループは、会社を分割し、地方債の保証と住宅ローン関連証券の保証を分離することを検討している。18日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が伝えた。
 アムバックが保証している地方債の格付けを維持することが目的。
 ただ、消息筋の話によると、分割は複雑なため実現しない可能性がある。
 アムバック関係者のコメントは得られていない。
 米モノラインでは、FGICコープが前週、ニューヨーク州当局に対し、新規に保証会社を設立して地方債保証業務を移管する意向を伝えている。




 分割案が浮上するということは


つぶれるのを回避するために


ばばを踏む会社と ばばを踏まない会社に分けますということ。

ばばを踏む会社を誰がばばをふむのか?


国が踏むなら、結局 税金


投資家が踏むなら、倒産、破産、丸損。



 結局誰かが、損をする。


投資とはそういうものなのかもしれない。

 

marketinghirano at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

マイクロソフト コンテンツ 任天堂

2月19日15時3分配信 ロイター


 [シアトル 19日 ロイター] 米マイクロソフトは、グーグルに対抗するため、ヤフー買収に失敗した場合でもインターネット検索に巨額の投資を行う計画。マイクロソフトのビル・ゲイツ会長が18日、明らかにした。
 同会長は、ロイターとのインタビューで、マイクロソフトが競争力と収益の高いネット検索事業をつくるためには市場シェアの拡大が必要だとの見方を示し「それに必要なエンジニアリングおよびマーケティングに大規模な投資を行うことが可能だ。ヤフー買収の成否にかかわらず、投資を行う」と語った。ただ、ヤフーを買収すれば目標達成への道のりが容易になるとも述べた。



 マイクロソフトも


ウィンドウズに始まり

ウインドウズしかない。


XBOXもMSNなど


コンテンツ関連は異常に弱い。





技術力を前面に出した X BOXはどうなったか?


ユーザー思考のゲームは勝ったのは


コンテンツ重視の任天堂。



任天堂が検索に出て、ネット融合事業を展開したらどっちが安上がりで


検索のシェアを奪えるか_?



検索というマーケットそのものが 一変する自体も起きることがありえる。


その突破口はコンテンツ企画力のある会社だと思う。


任天堂がグーグルに あるいはマイクロソフトになることも将来あるかもしれない。

marketinghirano at 08:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

ブログ やるべきか? やらざるべきか?

2月19日17時55分配信 J-CASTニュース


 テレビアニメ「らき☆すた」の人気キャラ、小早川ゆたか役で知られる声優の長谷川静香さんが、2008年2月16日にブログを「無期限の休止」にし、過去の日記を全て削除した。インタビュー掲載雑誌の号をブログで間違え、それを非難するコメントが書き込まれ、ショックを受けようだ。

■最新号が、既に発売されていたことを知らなかった

 長谷川さんは08年2月16日付けのブログに「今回の件」と題し、こんな文章を綴った。

  「お知らせ この度は私の不手際で沢山の方にご迷惑をお掛けしました。私自身、非常に重く受け止めています。これに伴いまして、『SHIZUKA流』無期限の休止をお知らせ致します。皆さんの言葉、すごく励みになりました。しかし、自分自身すごくショックで、このブログを運営する自信が正直ありません」

 今回の件、というのは同日、先のブログの前にアップされた記事に書かれている。

  「昨日、今発売中の声優グランプリにインタビューが掲載されていると書きましたが、前号の2月号の間違いでした。誠に申し訳ありませんでした。深くお詫びさせて頂きます」

つまり、月刊誌「声優グランプリ」の最新号が、既に発売されていることを知らなかった、というわけだ。

 このブログには4つのコメントがカキコまれていて、その中の一つが少し厳しい書き方をしていた。

  「特定の一人の為に購入した人にとっては、可哀想な事になりました。恐らく静香さんのファンは、貴女と同い年かそれ以下の筈。金銭的には安くないはずです」

 このコメントの約5時間後に、長谷川さんは「無期限の休止」をブログで宣言。過去の記事を全て削除した。ただし、この記事のコメント欄は残されていて、長谷川さんが突然ブログを休止した背景について議論が白熱する。きっかけは、厳しいコメントを書いた人物からの再投稿だった。

■「長谷川さんも矯正してあげてもいい」でまた混乱

  「どうもお灸が効き過ぎたようです。人を叱ると言うは本当に難しい。この責任の一端は私にも有るでしょうし、何かしら責任を果たさないといけないでしょう」


 そして、有名な女性声優の名前をあげ、かつて彼女の文章上の問題を指摘し「矯正」させたことがあるとし、長谷川さんも矯正してあげてもいいとカキコんだ。

  「その代わり私は厳しいですけれど。教わりたいと言う旨のメールを貴女から届き次第、時間を割き課題とか考えて返信します」

ファンたちはこのコメントにカチンときたようで、カキコんだ人物に対するバッシングが始まり、コメント欄は混乱した。

 当の長谷川さんだが、「無期限の休止」を宣言したものの、

  「また開始した際には、ぜひ遊びに来てください」

と書いていて、今後一切ブログには手を出さない、ということでもないようだ。長谷川さんがブログを辞めたホントの原因と今後について、所属事務所のスペースクラフト・エンタテインメントに取材しようとしたが、

  「今回の件については、コメントは控えさせていただきます」

ということだった。


 ブログ


投稿をするべきか せざるべきか?




(itメディア)
 
「炎上」はなぜ起きるのか。炎上しないブログの書き方とは――最近炎上したブログなどを実例に解説する。
2006年09月04日 09時41分 更新
 前回の連載で説明したように、CGM(Consumer Generated Media:消費者が生成するメディア)には2つの立場が存在します。1つは「CGMプラットフォーム運営者」、もう1つは「CGMプラットフォームを利用して情報発信する個人や企業」です。今回は、後者が向き合う“CGMの力学”について説明します。


 「炎上」という言葉は、ネット業界では以前から使われていましたが、最近「ブログが炎上」などと一般的なニュースにおいても聞くようになりました。

 ネットの世界での炎上とは、主にブログやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の日記に批判的なコメントが殺到する状況を指します。私もライブドア事件の影響で、1つの発信について、批判や、それに対する議論のコメントが1000以上付いた経験があります。

 私は炎上を、度合いに応じて3つに分けて名づけています。(1)炎上した結果、再び元の状況に戻る「小火(ぼや)」、(2)コメントやトラックバックを閉じ、一方的に情報配信するだけの「1.0型メディア」となってしまう「半焼」、(3)管理人が耐えられなくなり閉鎖してしまう「全焼(または焼け落ちる)」です。

 炎上と混同されやすい現象として「荒らし」があります。これはサイトの運営を妨害するだけの目的のもので、私の定義では、炎上により発生する反対意見や批判的な意見とは異なるものです。

 反対意見や批判的な意見は、あくまでも貴重な意見であり、妨害ではありません。それを勘違いして荒らしと決め付け、切り捨ててしまうことは、ブログやSNSの目的である情報発信を放棄するに等しいことであり、さらなる炎上を生むか、受信者から見放され、誰も見ない個人的な秘密の日記のようなものになり果てるでしょう。

 ブログやSNSで情報発信をしたいと考える人は、なぜ炎上が起こるのかという「炎上の力学」を理解することで、ネットの向こう側にいる人たちと良好な関係を築き、より安全に快適に利用することが出来るでしょう。

炎上するブログやSNSの例
いじめや反社会的な行為などを自慢するような書き込み
 今年8月中旬、岩手県内にある大学の学生が、アルバイト先の書店に来店した皮膚病患者を隠し撮りし、中傷した文章を付けてSNSの日記に掲載しました。このことが「2ちゃんねる」などで話題となり、学生の日記のコメント欄や、所属していた部のホームページ(HP)の掲示板が炎上。HPは閉鎖に追い込まれ、学生は学校から厳重注意を受けることになりました。

 この炎上は、学生が「ネットに掲載すること=公に発表すること」だと認識していなかったのか、忘れていたために起きたことだと思われますが、そもそもこのような行為は現実の世界でも非難されることであり、ネットであってもまったく例外はないどころか、より責任をもって発言すべきであることを認識すべきです。

意見が割れている微妙な問題に関して、知識があまりないにも関わらず、よく知っている風に書いてしまう
 最近ですと、首相の靖国参拝にまつわるエントリーで炎上したブログや、ボクシングの亀田興毅さんのWBA世界ライトフライ級王座決定戦で微妙な判定があったことについて発言し、炎上したブログがありました。

 このような微妙な問題に対して、あいまいな知識とノリで意見することは、その問題を真剣に考えている人たちに不快感を与えるため、炎上につながるのだと思われます。

 しかし、確固とした考えがあっての意見であれば、発言し、議論し、間違いがあれば正し、それでも正しいと思えば貫くという態度を取れば、炎上することはないと思われます。

根拠もないことで非難・侮辱したり、断言する
 あまり他人事のように言えた立場ではありませんが、民主党の永田寿康議員のガセメール事件で前原代表が強気な発言に終始していた時期に、民主党の長島昭久議員がブログで「この勝負絶対勝てる。今日初めてそう確信した。代表や野田国対委員長があくまでも強気である意味が良くわかった」と書き込みました。

 しかしこの事件は、永田議員が誤りを認めた形で終わりました。つまり、長島議員が上記のエントリーを書き込んだ時点では勝てるという根拠があいまいだったと考えられます。にも関わらず「絶対勝てる」と断言してしまったため、先のエントリーは炎上してしまいました。その翌日に長島議員が「ブログが炎上した」と追記をしたことで、より炎上が激しくなりました。

 しかし長島議員は、ブログに寄せられるコメントの意味を理解し、誤りがあると気が付いた時点で、率直に謝罪をしました。その結果批判的な意見は減少し、その後は炎上する以前よりもコメントやトラックバックの数が増え、むしろ支持者が増えたように見えます。これは炎上をプラスの方向に変えた良い例だと思います。

身分を偽ってブログを書く(素人のふりをした企業のやらせブログ)
 某電気製品メーカーが、新製品の使用感についてブログを書いていた4人の一般消費者を紹介したのですが、それを見た人達から、「素人のふりをした企業のやらせブログではないか」との疑いを持たれ、ブログのコメントにやらせである根拠や批判的な意見の書き込みが寄せられ、オープン3日で閉鎖に追い込まれたことがありました。

 企業が宣伝のためにブログを利用する際、批判的なことが書かれることを恐れるがあまりに、その企業が用意したプロのライターに、何の関係もない素人が書いたように見せかけて書かせることがあるのですが、そのようなものは、やらせであると見破られてしまうとことが多いと思います。

 その理由は、ブログの中に、商品やサービスに対する批判の記載がないことが多いためです。どんなことにも長所と短所があるはずなのに、長所だけしか書いていないようではかえってリアリティーがなく、嘘くさく見えてしまいます。

 また、企業がSNSを宣伝に使おうとして反感を買った例として、SNSという双方向メディアを使っているのに、オールドメディア的な手法で一方的に情報を配信し、双方向性を拒むような対応したものがあります。これは、コミュニティーの名をかたった「1.0型」モデルの広告に過ぎず、口コミ的な広告効果を期待できるものではありません。

 例えば、仲良しのグループの中に突然、自分の意見しか言わず、人の話は一切聞かないという人が入ってきたらどでしょう? おそらく相手にされず、はじき出されるのが落ちでしょう。

ネットの世界の空気を読む
 このように炎上の原因は現実の世界と同じで、人に向かって不謹慎な発言をしたり、嘘をついたことが判明すれば、誰かが傷ついたり、怒ったりするということです。ネットの世界でも、目の前に人がいるのと同じ結果が起きる可能性が高いことを理解していなかったことが原因で、特に有名な人ほど炎上のパワーが増大します。



  


 ブログを炎上する前にやめていくタレントは今後増えると思う。



 言論の自由があるわけだから、


炎上 書き込みするのも問題はないが、


 有名人が身近なところから離れていくのはもったいない気もする。




 難しい時代です。


僕のブログは、僕自身が炎上しております。(笑)




marketinghirano at 08:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済