2011年01月

2011年01月30日

1月最終日

 明日は 月末 雑務の山。


振込も フル混みなんだろうなあ?


 これ ツイッターで つぶやくことだなあ

marketinghirano at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

いよいようちも Uチューブスタート

 講師の講演などを


 ブログなどで UP予定です。


 

marketinghirano at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2011年01月27日

fm80.00 FM東京 クロノス

日本の借金1000兆円について 本日コメント予定です

marketinghirano at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2011年01月21日

講談社ベストカー 高速道路割引と自動車保険

 の関連について

1月発売号にてコメント予定です

marketinghirano at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

ニッポン放送 AM954 スカイラインの歴史

について 


ゴゴバン


 本日 コメント予定です

marketinghirano at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2011年01月19日

巨人 コメ ランドセル 通販参戦 遅すぎた多角化戦略 ファンビジネスの本質

「巨人」コメ・ランドセルはいかが? 第三の収入源に、ネット通販本腰
産経新聞 1月19日(水)7時56分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110119-00000111-san-bus_all引用

 「プロ野球の巨人が、インターネットでの通信販売事業に本腰を入れ始めた。商品は野球とはかけ離れたコメやランドセル、球団マスコットのひな人形など。将来的に通販事業を入場料、放送権料に続く“第三の収入源”にしたい考えだ。」
 「12月までの累計で約1300袋を売り上げており、「予想以上の反響」(営業企画部)という。」
 「昨年の巨人の観客動員数は296万6626人。」
 「昨季のテレビ地上波でのナイター中継の平均視聴率は8・4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と低迷。」
 「入場料収入と放送権料で全体の9割を占めるが、その他の収入は数パーセントしかない」。桃井恒和球団社長はこう内情を明かす。」

 「球場で販売する応援グッズと違って“場所代”がかからない点も、野球とは毛色の違う商品のネット販売事業を推し進める理由だ。」
 「その第三の柱を育てるスタートの年にしたい」と話している。(浅野英介)」


 野球ファン4500万人 サッカー人口をしのぐ コアなスポーツ


 芸能やメディア関連ではファンクラブなど囲い込みに余念はない

 ディナーショー ネット会員 

AKB48 に代表される 会えるアイドル。


 スポーツも不況時代 会えるスポーツ選手にならなければ 

そのスポーツは衰退する。


 握手会 交流会 オフの派遣制度など


 スポーツは収益を多角化できる分野は多分にある。


一方で 収益の多角化は容易なれど 将来キャッシュフローを爆発させられるものではないと言う点は注意が必要。


 ファンあっての CRM


 プロ野球チップス Jリーグチップス

このヒントを昔に発掘しておきながら と言う点では遅すぎた 本格的多角化といえるだろう。


 スポーツチームも経営力次第で成長できるということであろう。


marketinghirano at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

外食産業 あの手この手のサバイバル ついにセルフ料理店?

お客が自ら料理する「自分居酒屋」まで登場 低価格飲食店のセルフサービスはここまできた!
ダイヤモンド・オンライン 1月19日(水)8時30分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110119-00000001-diamond-bus_all引用

 「そんな低価格居酒屋に新たなジャンルが生まれそうだ。それが“自分で料理する居酒屋”である。」

 「さらには焼き鳥を焼くのも自分の仕事。注文をすると“火を通す前の状態”の鶏がお皿に乗って出てくる。酒が進んで生焼きやウェルダンにし過ぎないよう注意しよう。」

 「一方、新中野の「清貧」では、お店が用意した食材を購入し、厨房を借りて“自分で”料理を作ることができる。」

 「肝心の料金だが、食材や飲み物などを含めても、街の居酒屋の半分ほどで済む。ただし、これは自分たちでテキパキ調理した場合のこと。30分200 円のチャージがかかるため、「1人飲みや晩ご飯ついでに」といった使い方は、結果的に割高になることがある。あくまでエンターテインメント感覚で楽しむのが吉、と言えそうだ。」

(筒井健二)


 外食産業の淘汰はとどまる気配はない。

 つい先日 時事通信社で 二毛作 三毛作について 論じたが


 最近の 外食産業は 言ってみれば 百貨店状態


靴の下取り 着せ放題 つめ放題などなど 


 割安感を提示しつつ 楽しみに付加価値を提供し 粗利を確保しようとする。


 時間制居酒屋

 なども最終的には 通常よりは安いが 激安まではいかない。

 顧客の視点でいかに 割安な中でも おいしかった 楽しかったと思わせられるか?


 が 今の外食産業の生命線となりつつある。


これは サービス産業全体にいえる事もである。


 今もダイヤモンドオンラインの 八ッ場ダムはどうあるべきか? のコメントは多くの


 賛辞をいただいています。




 

marketinghirano at 22:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2011年01月17日

書評 講談社 首長パンチ 佐賀市長 樋渡啓祐氏のノンフィクション

http://www.amazon.co.jp/%E9%A6%96%E9%95%B7%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%81%EF%BC%8D%EF%BC%8D%E6%9C%80%E5%B9%B4%E5%B0%91%E5%B8%82%E9%95%B7GABBA%E5%A5%AE%E6%88%A6%E8%A8%98-%E6%A8%8B%E6%B8%A1-%E5%95%93%E7%A5%90/dp/4062166763/ref=pd_sim_b_3


内容説明
佐賀県・武雄市民、そして、市外・県外・日本中から感動の声、声、声!
「武雄市始まったな」
「絶対に市役所なんか就職したくないと思っていたけど、いまは選択肢のひとつにいいかなって」
「行政を海外に売りたい、なんてどーゆーこと? がんばれ! ムチャ振り市長!!」
「武雄市は変わりました! 活気があるって、一生懸命って素晴らしい」
「いやあ~市長、闘ってますね~、ボクでもリコールまでは受けない」(某有名知事)

「たわしではありません。ひ・わたしです」
ひょんなことから故郷・佐賀県武雄市の市長に立候補してしまった青年が、現職を破り奇跡の当選――
次々とユニークな「まちおこし策」を打ち出し、一躍、脚光を浴びるものの、役所の古参幹部、自民や共産市議、医師会、地元マスコミのドン……
次々と立ちはだかる難敵とのガチンコ大バトルの末、ついにリコール再選挙!
ダメダメ日本を元気にする愛と感動のノンストップ冒険物語

【首長】シュチョウ
  ある集団・団体・組織の長。主宰者。
  狭義では、地方自治体の長(知事、市長、町長)を指す。
  行政関係者は、「クビチョウ」と呼ぶ。[――選挙]

「とほほとは何ですか、とほほとは! あんたね、武雄の未来をよくしたいと言って市長になったんでしょう。
この町の未来にとって決定的に重要な問題を解決できないのなら、市長なんか辞めてしまわれたらどうですか」
(本文より)



 私が 政治家がなくなる日 を書いていて


 個人的には議員定数削減 報酬削減派であったので、誰かに取材したいなあと思っていた。


 そんな折、 ツイッターでフォローしている中に 樋渡市長がいた。


 公務員人件費3割削減したと 大きくつぶやいていた。


そこで、興味があって DMを送ると 取材どうぞ 引用 どうぞという返信。


僕も結構 軟派だが、 政治家でここまで スルーだと びっくりする気はするが


 ついでに 電話取材を申し出ると これまた、テレクラ状態の携帯番号を返してくれる。


 ここまでは 性格は 僕と= 


そして、電話すると これまた、僕に負けず劣らず 早口。


結論が早いのは トップの重要な適性。


 そんなおり、私も 書籍出すんですといわれ、題名が首長パンチ。


 これまた、僕の題名に負けず劣らず センセーショナルな題名。


書籍が出たら こちらも書評書きますね といっていたが、


 勝手にネットに 題名が発表され 樋渡市長にツイートしたら


ぼくのツイート で書籍の出版を知るという これまた 相互に笑える コミュニケーション。


 そして、私もアマゾンで買わせてもらう。


この書籍 もしどら風の 表紙 パンチ はボクシングポーズ


 そして、読むと ほとんど 「」 会話調で進む


すらすらさくさく 新書並みに爽快に読める。


 そして、病院の民営化 リコール問題 などなど


 どの問題も昨今の地方議会で起こる 難問のオンパレード。


 加点主義なら もめることはいいことだが、 政治の世界は微妙ではある。


 そして、政治家にあるべき


本質論がこの ノンフィクションには描かれている。


 うそのような本当の世界。


 そして、 最終 政治家は腹くくってなんぼ?


 職業としての政治でなく 覚悟をもって 信念をもって 取り組む姿勢 方法の実例が


 わかりやすく書かれている。



 この書籍は ラグビーのスクールウォーズ 実写版でもドラマ化されたりしたが、


 首長パンチも 政治の世界のノンフィクションとして 実写 ドラマ化されそうな


 ストーリーである。


そして 政治に関心がない人々でも 読める。


 最近の読者は コアな実話を求める。そういう人にもお勧めの書籍である。



課題をあえていうならば、 涙もろすぎ・・・かな。 人間性がにじみ出ているとも言えるかもしれない。


 

marketinghirano at 22:29|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 経済 

2011年01月14日

http://twitter.com/marketinghirano ツイッター 

 どうぞ 皆さんもフォローよろしく


 AKB48 が 会いにいけるアイドルなら


 会いにいける 身近な経済評論家 


 です。

marketinghirano at 17:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

フジテレビ FNN スーパーニュース 受験グッズ 合格祈願商品 市場

 について 本日コメント予定です。




marketinghirano at 09:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2011年01月12日

UCCウエシマコーヒー 社長との会食

 コーヒー業界の 最近をいろいろお聞かせ願った。


 明日は久しぶりに KEY コーヒーにも連絡してみよっと。

marketinghirano at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

イオン VS イトーヨーカ堂 スーパー業界はどうなる?

イオンとセブン&アイ、スーパー事業で明暗
読売新聞 1月8日(土)12時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110108-00000458-yom-bus_all引用
 「セブン&アイ傘下のイトーヨーカ堂は、本業のもうけを示す営業利益が74億円の赤字となり、前年同期から赤字幅が拡大した。大型店を出店して経費がかさんだほか、衣料品の不振が続いた。セブン&アイ全体では、セブン―イレブン・ジャパンが自主企画商品(PB)を強化して好調だったことから、連結の税引き後利益は前年同期比30・1%増の902億円だった。

 一方、イオンの総合スーパー事業は、人件費や販促費などの経費を減らし、営業利益が前年同期の128億円の赤字から73億円の黒字に転換した。これがイオン全体の増収増益に貢献し、連結の税引き後利益は前年同期の99億円の赤字から491億円の黒字となった。 」



 セブン&アイは連結グループ経営 で 大きな収益をあげてきた歴史。

バブル崩壊後 セブンイレブンが親会社ではと思える 親子関係だった。

 
 今回の連結利益を見ると セブンイレブンもかつてのドル箱と比べると

さびしい数字にも見える。


 セブン銀行のATMもそろそろ、手数料だけで稼ぐには成熟を迎えているように見える。

 スーパー業界はバブル崩壊後 トレンドとしてはきれいな右肩下がり。

 コンビニの頭打ちも含め、セブン&アイは新しい成長軌道を見出せるか?

分岐点に来ているといえる。

 これらは数年以上前から言われている。


 イオンはGMS 大規模ショッピングセンター イオンクレジット グローバル進出

過大なM&Aなど


 大車輪でレバレッジ経営 ハイリスクハイリターン投資をしてきたつけが

リーマンショックで一気に噴出。 贅肉をそぎ落として増益させたといえるだろう。


 スーパー事業には両者明暗というより、どちらも将来に向けては明るさが見えているのか?疑問は残る。



 スーパー業界はM&Aが起こりにくい業界 オセロ 陣取合戦。


終わりなき消耗戦。


 5年先 スーパーというビジネスモデルがなくなっているかもしれない。


新しい 小売業態はどのようなものがあるのか?


 そのヒントを提示する予定です。


といっても 今日の出版社との打ち合わせすっかり忘れていたけど。


 連絡があって あわてていって間に合った。


 

marketinghirano at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2011年01月11日

フジテレビ 牛丼240円戦争

 について 


 コメント予定です。


詳細わかれば また UPします

marketinghirano at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2011年01月10日

中国 新車販売1800万台突破 

中国新車販売、1800万台突破=2年連続で世界一―10年
時事通信 1月10日(月)17時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110110-00000051-jij-int引用
 「【北京時事】中国自動車工業協会が10日発表した2010年の中国の新車販売台数は、前年比32.4%増の1806万1900台に達し、2年連続で世界一となった。米国の約1159万台を大きく引き離し、米国のピーク時の約1750万台も追い抜いた。日本(約496万台)と比べると3倍超の規模になる。」




どこまで行くのか? いつかは止まるが、


 にしても 新興国の 

 モータリゼーション


それ以外も含めて 新興国の成長と産業構造の転換 中産階級の急拡大


 新興国の自動車販売は 今後も加速度的に増えていきそうである。


しかし、日本の自動車販売は 大きなシェアを取れていない。


アジアの所得層と日本の車の価格帯

 この差をどのように埋められるのか?


自動車業界のグローバル競争力は今後も維持できるのか?不安である。

marketinghirano at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

ニューノーマルな時代 新しい常態 変革するのが難しい年

 PIMCO CEO

が提唱する ニューノーマルな時代

 イノベーション

産業構造の変革が起こりにくい 2011


 だらだら進みそうな気配


 CHANGE 変革を起こせる 一年にしたいものだが、


 こういうときは辛抱 ディフェンスあるのみ ともいえるかもしれない。



 僕はこういうときこそ 逆張り 攻撃は最大の防御


 と生きたいですね

marketinghirano at 07:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2011年の占いか? カブコラ から

marketinghirano at 07:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2011年01月07日

Bay Fm fm78.00 パワーベイモーニング 2011 自動車業界

  について 月曜日コメント予定です。


7時半からです

marketinghirano at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済