2011年07月

2011年07月27日

震災後 キャンピングカーブームが加速? 300億市場へ

 震災後 ラジオで


これからもキャンピングカー需要は増えていくといった、コメントをしてきたが、


そのような流れに企業もかなり力を入れ始めているようである。


 不況に強いといわれる アウトドア


キャンピングカーもその流れに乗って 需要は拡大基調だったわけだが、


 震災後は 防災対策としての一面もあるようで、


 特に コンパクトカー 軽自動車のキャンピングカーが人気のようである。


また、中には停電に備えた太陽光パネルつきキャンピングカーまで登場する時代になった。


 大学時代から、車中泊を10日前後アウトドアライフをしてきた観点から


 この流れは予想していた。


車も アウトドアブームで パジェロブームなどの クロスカントリー需要から

レガシー ステーションワゴンブーム

ワンボックス  ハイエースから、
ミニバン

エルグランド ノア ステップワゴンなど
 
オデッセイ ブームなども


 その一環といえる。


 そして、昨今のハイブリッドブーム


一見すると 違う流れに見えるが、バブル崩壊後 失われた20年


デフレの流れにおいては 節約という点では 自動車業界も基本は同じ。


節約の中でも 付加価値を見出せている商品は自動車もヒットする。


 この観点で見れば


アウトドアとハイブリッド あるいは 利便性とハイブリッド

この観点でいえば、今年の ハイブリッドミニバンは その需要を喚起したともいえる。

 つまり、ハイブリッド ワンボックス

でかつ、


キャンピングタイプなども 次の需要としては大きな潜在需要があるのかもしれない。

 
 車で生活する。 課題はガソリンも震災時には
 
なくなる点も 津波に流されれば  同じだが 

 関東大震災 東海地震が来ることを想定すれば 仮設住宅のできるまでの避難生活を考えれば


 保険料としての部分も考えれば


 備えあれば 憂いなし 必要なのだろうというのは僕の認識。


ちなみに、この保険料、僕はかつてから、災害特約を自動車保険にはつけていた。


 かつて この部分は 週刊現代にて コメントさせていただいた。


何事も 万全を期す。


 危機を教訓に次に活かす前向きな考え方をしていきましょう。



 基本的には免許を取ったころから

車には僕は 洗面道具 着替え、 クーラーボックスなどを入れておくことにしている

 課題は備蓄がないことですが。


 


アウトドアと防災とエコすべてを網羅する

  キャンピングハイブリッドミニバン



 うーん。これをほしいと思うのは僕だけだろうか?
 

震災後 販売は5割増 225億円の市場規模も

300億を突破する勢い

 ピンチをチャンスに

輸出産業としても成長可能性を秘めている分野でもある。

marketinghirano at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

円高77円台

 について

fm東京 明日 クロノスにて 少しコメント予定です

marketinghirano at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2011年07月15日

ビジネスマンの夏季休暇

について


JWAVE fm81.3 にて

21日

ネットリサーチのアンケートをもとにした 今年の傾向について



分析 コメント予定です。

marketinghirano at 08:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2011年07月10日

バブル崩壊後の雇用環境

 について

週刊女性 主婦の生活社にて

 コメント予定です

marketinghirano at 05:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2011年07月08日

節電の夏 日本の夏

 金鳥の夏 日本の夏のキャッチフレーズならぬ


節電の夏 日本の夏


 節電とエコは表裏遺体


 日本製造業の ヘレンケラー Wヘッダー 6重苦


 の節電とエコをどのように社会全体で解決するか? が大きな課題。


この意味では


 節電を産業創出に変えていこうという動きは大きく、

家電業界でも LEDは爆発的な売れ行きを示している。


 しかし、社会全体での節電を考えれば やはり、エアコン

オフィス 工場 家庭


 夏の電力消費量をみれば、一目瞭然である。


 そして、世界の新興国 40億人の地域はほとんど、暑い国ばかりである。

電力とエネルギー 原子力に依存せずに どのような解決策があるか?

 ヒントは F1レーサーなどの冷却水スーツ

今年 フランスベッドが開発した 冷却水 敷き布団。


 同じように 床暖房ならぬ 水冷暖房。 温泉地に行けば温泉暖房。

水を使った循環型エアコンなど ハイブリッド空調などをひとつの起爆剤として

 経済成長戦略にできるのではないか?


 ダムによる水力発電はもとより、 小水力発電、なども同時に経済成長のエンジンにも使うこおもできるようになる。


 節電をアイディアと創意工夫で 内需活性化 そして、 外需を内需に取り込む


成長戦略。


 原発のピンチをチャンスに変えられる方法を今後も研究していきます。

marketinghirano at 08:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

インフラを輸出せよ PPP最前線

 新興国の今後10年のインフラ投資は800億ドル

この外需をいかに日本は取り込めるか?

 は日本が何で飯を食うかの生命線。


 輸出とは 外需を内需に取り込むこと。


GDPの外需とは 貿易収支であり、輸出額ではない。


 輸入が少ないインフラ輸出は 日本のGDP底上げにも大きなエンジンとなる。


世界のGDPは約5000兆。 これは、7000兆から8000兆に膨れ上がる中の


日本は どこを内需に取り込めるのか?



 PPP の観点でいえば、


 水

 鉄道

 都市 スマートシティなど


がメインだが、


 競争も激しい。 国と地方と企業が一体となって スピード感をもって 受託できるか?


 最終的には EPA FTA TPPなどとも密接にかかわってくる分野であり、震災、原発でこの分野でも 日本は遅れをとっている。


 ヘレンケラー3重苦 × 倍 大橋巨泉のクイズダービー状態の6重苦


円高 税 労働規制 電力 温暖化対策 EPA/FTA/TPP 


 海外競争力が民間に失われつつある中では 官民一体ビジネスが 最大の生命線となる。


 PPPの概念には


今後は


 保育所 介護 医療施設 および これらのコミュニティなどが輸出できるようになる可能性を秘めている。


 この観点では 地方経済の成長のエンジンともなりえるものである。


 グローバル化に大きく遅れをとっている日本


GDP500兆弱の10倍の世界市場をいかにとるか?


 最終的には 輸出で飯をくうという基本は変わらないということだろう。

概念としては 外需を内需にとりこむ。


 この1点集中だということ。

この観点ではさまざまな研究をしていきます。



marketinghirano at 08:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

復刻版 消費者参加型ブーム デフレ時代の一貫した流れ 

 復刻版が売れている。


 そして、AKB48流の選挙 投票方式による 復刻版商品化など。


これは震災が影響しているといわれえいるわけだが、そうではないと僕は考えている。


震災によって、消費者のニーズを理解するようになったということだろう。

震災前でも ミルミル 鉄骨飲料の復活 なども見れば、 

ブランド力

 マーケティング戦略でも安く商品化し、 安く販売することができる。


消費者参加型はツイッターで CRZが若者に人気が出たことなど、

 SNSにおいては相当数 口コミマーケティングも消費者参加型であった。

これをマスメディアを使って消費者参加型にすることで

 
 相乗効果をもたらすことができるという点。


要するに 企業側が 安く簡単にものを売れる方法を模索したら、


 復刻版に行き着いた。 マスメディアを安くしようと考えたら 消費者参加型になったというのが


デフレ下の流れだということであろう。




 
 結局 高度経済成長期とバブル期を経験した世代以外

消費する楽しみを知らない

消費したいという欲求をかられないということ。

 また、当時ほど 潜在需要を発掘できた時代。

音楽一つ バイク一つ 復刻版が売れていた 

 選挙方式は ASAYANブームの時点からの流れでもある。


そして、震災後、現役世代の所得UPは期待できない


 底かたい シニア世代にどのようにマーケティングしていくかが 内需では問われているということであろう。


 今年の流行語大賞 にも この二つは入るのだろう。


そして、


 頭文字D 復刻版 バイク80年代

似た移行して

 自動車を出そうとはよく、講談社BCでは 裏話で出る。


そのとき 僕は間違いなく FC3Sを選ぶだろう。


 GTRも 今のR のポテンシャルで R32にすると どうなるか?


 FT86も 現代のスペックで AE86 にすると どうなるか?


ほしいと思う人は 当時の走り屋 すでに シニアになっているかな?

 でも 乗りたいですね。

marketinghirano at 08:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

100円均一ショップ業界

 の今後について


 コメントしました。


 UPするの忘れていました、。

marketinghirano at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済