2015年08月

2015年08月31日

公表数の差異 デモ人数12万も33000も?

主催者発表数字と警察発表数字


安保反対デモ国会議事堂前


参加者数が4倍?

どちらも?

となりますね、

基本は航空写真から概算算出は可能


あとはわかりやすいのは、

日曜の国会議事堂まで歩く人の近隣駅の乗降客数、議事堂近隣の自動車通行量を比較すればかなり近い数字を出せるのでは?




marketinghirano at 07:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

NAC5 和食人気、サービス産業輸出による若者格差是正策

について、本日コメントしました。

大工、整備士、料理人、海外行けば実質所得は増える。

など、少し幅を広げてコメントしました。

marketinghirano at 07:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2015年08月26日

大阪大和川鮎遡上対多摩川江戸前鮎

今日は、大阪大和川天然鮎五万匹がニュースになっていました。汚い川に鮎が戻る。綺麗な川に住む印象の鮎、しかし、残念のがら意外に鮎は汚い川にも生息できます。汚すぎは無理ですが、多摩川も、神奈川相模川も今年は1000万の遡上があったわけです。

今日の朝のNAC5はタイミングよくこの話題、

私は川にある堰を壊せば遡上数などが変わる。

船が行き来でき、新たなる交通ルート、観光ルートにもなると指摘、

18歳から21年、趣味かしごとか、ボランティアか間違えられてきた、釣り、鮎が今、五輪を機に新たなるイノベーションが起こせるか、最初で最後のラストチャンスかもしれませんね、



marketinghirano at 19:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

五輪とオールドイノベーション 宣伝会議のその後

かつてコメント、マーケティング紙宣伝会議で記載した3つのオールドイノベーション

今では、当たり前になりましたが、その中から、さらに変わる予想を今日のNAC5でコメントします。

さて、予想はいかに?

marketinghirano at 06:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2015年08月24日

ニューノーマル、新しい普通 その先は何か?

かつての債券王、グロス氏

世界はニューノーマルを提唱し、経営者もそのスタンスに基づく計画をたてるほどだったが、

最近は、アメリカ利上げ観測から

ニューノーマルでなくなる気配が出てますね。

簡単に言えば

そもそもは、悪くなりそうで悪くならず、良くなりそうで良くならない。

しかし、ニューノーマルの先は?


バブルか?バルブ全開の陥落か?

瀬戸際ですね、

今月は正念場かな?

私は資本主義の行き着く先はバブルだが一貫論にて^_^



marketinghirano at 20:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

江戸前鮎ブームか? 秋川渓谷 多摩川 地域活性化

最近テレビで何かと話題の江戸前鮎

秋川も多摩川上流ということで数年前から旗に江戸前鮎


として取り組んできた。私もかつては秋川漁協組合員

今も協力しています。

今年は初めて、鮎の品評会にも出品します。

私もその鮎の捕獲を友釣りで2日やりました。

最高の鮎、自分でも試しに食べました。

過去の準グランプリを受賞した関東のあゆとも食べ比べ

これが、新たな地域活性化に寄与する一つの成功事例になれば幸いです。imageimage

image

image

image

marketinghirano at 19:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

JWAVE.別所哲也のTOKYOMORNIGRADIO IPO、バイアウトとNPO アメリカの起業の二極化

について、本日コメント予定です、

marketinghirano at 06:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

FMNAC5.エコノモーニング、世界同時株安

について、本日コメント予定です。

marketinghirano at 06:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2015年08月22日

夏も終わり

image

もっと腕をあげないとすねー

全国にはうまいのごまんといます^_^

marketinghirano at 18:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月19日

サービス産業、外食含め三世代消費

が主流となりつつありますね。

今日のNAC5は

この点と回転率、生産性の向上について

コメント予定です。

marketinghirano at 07:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2015年08月14日

楽観 対 悲観 世界景気減速でバブルへ? 原油安、中国株安、通貨安リスクばかりでも?

上半期何もいいことがないように見えます。

原油安、ギリシャショック、中国バブル崩壊などなど、結局はアメリカ利上げ観測に付随するリスク回避ですね〜


世界各国緩和策、行きつく先は、問題先送り、バブルへ

ですから私は基本楽観です。

むしろこれからが本当のバブルへという見方をしてしまいます。

利上げ観測出ると原油安、ギリシャ、中国

偶然か?必然か?

これを必然と仮に仮定して振り返るとこんな感じなのかもしれませんl。

marketinghirano at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

元祖ゆるキャラ、妖怪ブームもやはり、私はピカチューか?

image

キモかわいい、がいい表現かはわかりませんが


やっぱり、童心は大事かな?アホな私でした。

はい

marketinghirano at 19:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

高機能衣料と五輪 CWX、ZAMUST、アシックス

について、NAC5でコメントしました。


マラソン、自転車ウェアで腰痛対策

労働生産性アップ、ワークライフバランスにも貢献してくれますね〜


高機能衣料は、貢着能医療にもなりますね〜、

ちょっと高いです。


ちなみに私は上半身はザムスト、下半身はCWX、自転車ウェアは、ドライブ、椅子に座る時間長い時など

image

こんな自転車ウェアもあるんすね?

広告車ではない、マーケティングモニター戦略のヒントにもなりますかね?




靴下は五本足は疲れません。

介護、建設、ドライバー、会社の被服貸与や投資減税メニュー入れても良いのではないか?ということをコメントしました。

marketinghirano at 19:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

フラジャイル5はどうなったか?

アメリカ利上げ観測で

狙われたフラジャイル5

経常赤字の財政赤字の新興国

インド、インドネシア、南アフリカ、トルコ、ブラジル

日本人も高金利、成長期待でかなり買われたが、通貨安、利上げによる債券価格下落


さらに、資源国インドネシア、南アフリカ、ブラジルは原油安の資源安で

損失膨らむ。

追い打ちは中国通貨安は、新興国の輸出品は縫製品など雑貨が多く競合。

さらに売られると思いきや、ブラジル底堅く、他も驚く暴落はない。

それもそのはずで、ドル建ては、大半リーマンショック時に近い。原油価格がリーマンショック時に近いなど、リスク回避も、過剰回避、

下げしろは限定的または、底が近いと思えば、潮目は変わるか?

スタグフレーション、不況マイナス成長で利上げしてきたブラジルは通貨安に不快感ばかり示してきたが

最近は第一次産業、資源輸出で稼げると言葉が変わってきている。

アイスランドも韓国もそうだが、自国通貨は、通過すれば一転する。

フラジャイル5も一抜け、二抜けが増えるかな?



marketinghirano at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2015年08月10日

ベンチャーキャピタルと起業ブーム

について

本日NAC5でコメント予定です、



marketinghirano at 05:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2015年08月09日

全日本鮎トーナメント、番外編、釣り技術振興評議会

日本の鮎釣り競技は衰退の一途

今は釣り具メーカー主催大会3つ

新聞社一つしか

全国大会は存在しないが、

かつてのJFTは今も第三者機関として存在


最近は、小沢、高橋名人なども参戦し復活してきてますから

今日は、神流川での北関東予選参加し一位で通過

来年度、私も鮎釣り師なら一度はやりたい郡上八幡ついにデビュー、

トーナメンター転身三年目、今年が本格化1年目、まだ、課題だらけす。

関東から北は鮎釣りは弱い、どうすれば全国で通用するかさらに磨きます

^_^笑

imageimageimage

marketinghirano at 15:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2015年08月05日

スポーツと経済 五輪から

これからNAC5でコメント予定です

marketinghirano at 07:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済