2006年12月03日

今年の流行語大賞&来年

 先日、ラジオ日本で予測した僕の今年の流行語大賞

「信じられなーいは」上位10位内には入ったが、惜しくも外れてしまった。

たらこ、えろかわいい、格差社会などを出しおいて、対象はイナバウアーと品格とな

ったが、しかし、大賞を使っている人聞いたことがない。周りで使っている人います

か?逆に僕が馬鹿なのか大賞になって始めて言葉を知りました。(笑)

 
 

 来年の流行語大賞はこの辺から出るのでは?

WII

爆発的ヒット、これとメタボリックシンドローム解消ソフトの連動は来年の流行語だけではなく、
団塊の世代の流行になるのでは?またはひきこもり、孤独の世界の生きがいを見つけれるキーワードかと

どこのジムに行っても満員御礼状態が続き、中々運動する機会が金を払ってもない。

自宅で気軽に有酸素運動ができればいいですねえ。

 WII リモコンの足バージョン(くくりつけ)とか開発すればサッカーとか、

リモコンも改良できればラグビーやアメフトなどにも改良できれば一人で自宅で、ひ

きこもりのライフスタイルの新しい価値観を提供できるツールになるといいですね。

 また、最終形としては、手袋リモコンになって、ボクシング、格闘、アニメの改良

ソフトに行くのだと思います。今後ゲーム業界の成長力に注目です。

 あるいは映画のワンシーンのディズニーランドのようなテーマパークと同様の設定

会話ソフトの応用による発展も可能性としては十二分にあるかと思います。

 が、X BOX も PSも同様の戦略を真似してくると思われます。

特許闘争も見ものですね?どこが勝つのか?

 自然派の僕にはあまり、喜ばしいことではありませんが、これも時代ということで

しょう。

marketinghirano at 13:31│Comments(0)TrackBack(0) 経済 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔