2007年12月19日

睡眠時間 そんなにとれない日本人?

睡眠時間が過剰だったり過少だったりすると、死亡リスクが上昇することが、英国の研究で明らかになった。

研究著者で英ロンドン大学(UCL)医学部のJane E. Ferrie氏は「予防の観点からいえば、われわれの知見では、毎晩7〜8時間の睡眠を確保することが健康にとって最適ということになる」と述べている。

研究チームは、長年追跡調査を受けていた33〜55歳の約8,000人を対象に検討。その結果、調査開始時に毎晩6〜8時間の睡眠を取っていて、その後夜間の睡眠持続時間が減少した人は、心血管疾患による死亡リスクが110%高いことが明らかになった。同様に、開始時に毎晩7〜8時間睡眠を取っており、睡眠持続時間が増加した人では、非心血管疾患による死亡リスクが110%高くなっていた。

米国睡眠医学会(AASM)は、十分休息したと感じ、集中できるようになるには、ほとんどの成人は平均7〜8時間の睡眠が必要であるとしている。研究結果は、医学誌「Sleep」12月1日号に掲載された。

(2007年12月4日/HealthDayNews)



 僕はちょうど7時間だが、だいたい、3時間おきに目が冷めてしまう。

寝すぎなのであろうと思う。


 6時間の 朝二度ね 午後昼ねで総計7時間が一番理想な気がするのはぼくだけであろうか?


 3時間だろうが 10時間だろうが 午後は眠くなる。(笑)

昼寝は健康にいいそうだが、サラリーマンはそんなことできないですねえ。


 営業マンが商用車で昼寝をしている光景は良く見ますが、営業職の方が

寿命は長いのかもしれませんが、


精神的ストレスは逆に大きいので



 職種によっても平均寿命は違うと思います。


胃潰瘍も営業職などの方が多いような気がします。


 


marketinghirano at 07:43│Comments(0)TrackBack(0) 経済 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔