2010年01月22日

年収が下がったら出費の見直す順番 変動費 固定費 家計のリストラマニュアル 実家同居の勧め

 年収が下がったら 節約する家計の節約術。

本来は 変動費 食費など 固定費 家賃など


の順番で削るが、


 僕は支出が大きい順番に 検討する。


大きいということは削減率が同じなら 金額は大きくなる。



 これは経営のリストラでも同じである。即効性のある家計の節約



家計においては


?住居

ローンに見直し、家賃の値下げ交渉&引っ越し準備。


後者に関しては企業が家賃が高すぎて 下げたい場合、

先に引っ越す先のめどをつけて、引っ越します。だから、ここまで下げて、と値下げを迫ります。


 家計でも引っ越そうとすると 引っ越し費用など無駄な出費も短期でかさみますので、できれば、今の住居が安くなることを希望します。


貸主も今、空きが出ても簡単に埋まる時代ではありませんから、応じてくれる場合もあります。それでもだめなら、家賃の低い所に引っ越すべきです。



住宅ローンは 借り換えしかなく、自分でできなければ、FP 税理士などに相談しましょう。


 あとは、所得が減れば、住居を手放しす覚悟も必要でしょう。固定資産税

マンションなら 維持管理費 定期的なリフォームコスト 


 給与のいよいよ限界を超えれば 売って賃貸も 必要ですし、


もっといえば、双方の 実家に転がるのは 他の家計の節約にも寄与します。


 今の時代 嫁姑問題はいやなんて言っていられない時代である。

前向きに考えれば 大家族化を推進し、いやでも心の絆を復活できるチャンスともいえる。 シニアも考え方を変えれば、息子 娘が家にいてもらえる 


いい時代になるともいえる。シニアの志向も若者に理解を示せるか?が大事なテーマだろう。

?自動車

所有から使用へ、駅徒歩圏内なら 自動車は不要になる。

住居の引っ越す基準も 駅徒歩圏内なら 自動車を手放し、


必要な時に 格安レンタカー レンタカー カーシェアリングを分けられる時代。


 これによって ガソリン 保険 維持管理費 駐車代 車両償却コストを削減できる。


 



?食費


外食と内食で家計を区分けし、外食は節約できる。内食は簡単ではない。

ポイントは ソフト断食 食べる量を ダイエット目標を建てれば

ごみもへり、 水も減り 食料も減るということは 食費は減り、電気 ガス

水道も減ることに寄与する。



 これだけやれば 家計は困らないだろう。



実家に入れば 食費の共有 自動車の共有 家賃の減額


月10万から15万は黙って 節約となる。



 好き嫌い 以前に生きていく時代。


パラサイトシングル


大家族の勧め。



 シングルは実感 夫婦も実家。 の時代である。



 

marketinghirano at 08:19│Comments(0)TrackBack(0) 経済 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔