2010年03月03日

浅田真央のコメント 長いようで短かった

 意味深い言葉


 人生すべてに言えること。



 
 スポーツ 試合は 大半の人は 長いようで短いという実感を持つもの。



 そして、試合を見ると この言葉の奥深さを感じましたね。



先手のキムヨナはフリー 考えられない点数150点越え、


155点を目指す 浅田真央は


 見えない目標 に向かって、突き進む。


 トリプルアクセル2回成功して初めてボーダーライン。


 その全神経を集中して、前人未到の成功を成し遂げたが



集中力が途切れたことを言っているのだろう。


 
集中力を持続させて、すべてを完全燃焼したかったができなかったことが負けたこと以上の後悔で涙を流したように見えましたね。


 先に浅田真央にさせたかったと思う 日本人は多いですね。

 日本人ファンにとっての バンクーバー五輪はあのシーンがすべてだったと思う人は多いのではないでしょうか?


 と当時に 


男子の4回転 女子のトリプルアクセル


採点方式には 歯がゆさを感じた 世界の人々も多いですね。


 この点は変えてほしいと思う人は多いですね。

marketinghirano at 22:00│Comments(0)TrackBack(0) 経済 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔