jrfEF210_123

EF210形の側面に「桃太郎」キャラクターラッピングが施されることとなりました。
登場当初岡山機関区に配置されたことにちなみ、「ECO-POWER 桃太郎」のロゴが機関車側面に入れられ、愛称は他のJR貨物の機関車にも波及していきましたが、通算での制作両数が901号機の新造から数えて100機を超えたことを契機に、2016年度からシンボルキャラクターの検討が進められていたもので、2019年度に増備される300番台3両で初お目見えした後、既存の全機もシンボルキャラクターがあしらわれた塗装へと塗り替えられることとなっています。
EF210形では2019年度に入り、広島車両所に検査入場した0・100番台の車両から塗装の簡略化を目指すべく、機関車側面に青色の面積を増やした新塗装が導入されていますが、今後は塗り替えとシンボルキャラクターの併記が同時になされることもあり、現在見られるキャラなしの新塗装は過渡期の物になると同時に、旧塗装も少しずつ数を減らしていくこととなりそうです。