jrw103_NS409

奈良線における103系の営業運転が2020年3月14日改正後も残存しました。
今回の改正では大和路線の快速関係を中心に奈良支所所属の221系の運用が全面的に変更され、奈良線でも「みやこ路快速」全列車の6両編成化が達成され、221系4両編成の運用が普通列車主体にシフトしたこともあって、奈良線の103系・205系の運用にも大きな変化が訪れるものと思われましたが、改正後も引き続き103系の運用自体は継続されており、引き続き205系との共通運用が継続されています。
その一方で2月に発表された、京阪神地区への225系増備再開→網干所属221系全車の奈良転属→201系の全面置き換えが開始されると、4両×2編成のみとなっている103系の動向にも大きな影響を与える可能性は非常に高いだけに、改正後も健在とはいえ、残された活躍の機会は少なくなっているとも言えるでしょう。