tecH5_H03

北海道新幹線の青函トンネル内区間での210キロ運転が今年の年末年始に初めて実施されることが発表されました。
青函トンネル内区間は2016年3月の開業時には在来線特急時代と同様の140キロ運転からスタートし、2019年3月改正時に160キロに引き上げられて4分間のスピードアップが実現した一方、さらなる速度向上に向けた走行試験等が重ねられてきましたが、今年の年末年始、青函トンネルを通過する貨物列車の運行本数が減少する12月31日~1月4日の昼間時間帯に運転される列車で210キロ運転を実施することが国土交通省から発表されたものです。
現時点では東京~新函館北斗間の所要時間が現行よりどのくらいスピードアップされるかなど不明な部分も多いながら、2030年予定の札幌延伸を待たずして青函トンネルで200キロ以上で営業運転することは悲願でもあっただけに、JR北海道から追って発表される対象列車と所要時分は要注目でもあると言えます。