jrk415_Fo110

折尾駅の新駅舎の供用開始に伴う運転計画が発表されました。
折尾駅では鹿児島本線ホームと若松線・福北ゆたか線用の一部ホームが既に高架化されていた一方、引き続き新駅舎の建設などが進められてきましたが、2021年1月2日始発から新駅舎の供用と北口仮駅舎等の廃止を実施、これに伴い陣原~遠賀川間において大規模な線路切り替え工事を実施する必要があるため、1月1日深夜時間帯に鹿児島本線において、特急「きらめき」を含む10本の列車の運休と臨時普通列車の運行が行われることが発表されました。
鹿児島本線の小倉方面から福北ゆたか線へとつながる地上ホームについては新駅舎供用が開始された時点でも存続することとなっているため、2021年度内に予定されている全線高架化の完了を待って、鹿児島本線・若松線・福北ゆたか線のダイヤなどにも大きな変化が見られることとなりそうです。