jrw115_D19
jrw227_A32

山陽本線の和気以西の区間のダイヤが2021年3月改正で軒並み減量化されることとなりました。
今回のダイヤ改正では土休日ダイヤにおいて「サンライナー」「シティライナー」といった快速列車の本数を大幅に削減し、岡山支社・広島支社管内ともに日中時間帯の普通列車の運行間隔が拡大される区間が増加するほか、赤穂線や可部線など、山陽本線との直通列車が設定されている路線でも同様の措置が取られ、広島支社管内では山口県内の山陽本線も含め、各線区ともに終電の繰り上げが実施されることとなっています。
その一方で山口県内の区間で計画中のワンマン運転については、115系N編成など対象車両の改造が始まったばかりという段階のために今回の改正では見送られることとなりましたが、今回の減量化は広島シティネットワークエリア内も例外ではなく、三原~白市間の1時間ヘッド化なども相まって、山陽本線のローカル化が一層進む改正にもなったと言えるでしょう。