トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト

2005年07月12日

フィジケラ「チームに妨害されている」にブリアトーレ反論

昨年はヤルノ・トゥルーリ、今年はジャンカルロ・フィジケラ。フェルナンド・アロンソのチームメイトは毎年不満だらけ、なんかあるのかなぁ。噂はいっぱい流れているが。。。

ただ、フラヴィオ・ブリアトーレ「コンストラクターズ・チャンピオンシップで優勝を目指しているのに、ジャンカルロを妨害するわけがない」も理解できる。

フラヴィオ、フィジの「妨害行為」発言に反論
FLAVIO ATTACKS FISI 'SABOTAGE' TALK :ITV
ルノーのボス、フラヴィオ・ブリアトーレは、チームがジャンカルロ・フィジケラのシーズンを意図的に妨害しようとしているという示唆をはねつけた。

フェルナンド・アロンソは、事実上完璧なシーズンを享受しているのに対し、チームメートのフィジはメルボルンの開幕戦以来、一連の技術的トラブルに見舞われている。

フィジケラは、イギリスGPの中盤ではアロンソに迫っていた。彼はアロンソより早くピットインしたが、2戦続けてルノーがピットでエンストしたため遅れてしまった。

ブリアトーレは英誌 "Autosport" で、フィジケラの不運に悪意はないと主張している。

「われわれの今年の目標は、コンストラクターズ・チャンピオンシップで優勝することなのに、ジャンカルロのレースにダメージを与えて何の得があるだろう?」

「フィジケラはチームのために最大限の貢献を期待されており、今日は素晴らしいレースをした。」

「(エンストは)誰の責任かを調べなければならない。なぜなら、常にチームの責任とは限らないからだ。」

「一方のドライバーを助けるために、もう一方のドライバーを犠牲にできないことは、非常に明らかだ。」


コメント

1. Posted by ケィ   2005年07月12日 18:29
フラヴィオが遠隔でキルスイッチを操作している、というジョークはさておき、
度重なるスタート時のエンストは、なんらかの形であったにせよ、トラクションコントロールのシーケンスがこれに関与していることが疑われる。
制御が、フルオートである場合には、プログラムの問題。
たくの車のように人間の操作が絡んでいる場合には、作業手順または、プログラムのいずれか、または、双方に問題があった可能性が考えられる。
註)たくのストールの原因をこれだと、ここで、こじつけているわけではないことにご留意ください。
2. Posted by mlv   2005年07月12日 22:47
● フィジケラのエンスト問題

フィジコのレース後のコメントによれば、はっきりと「ソフトウェアの問題だ!」で切り捨てているので、何回もテストで確認しているはずのエンスト問題がレースで繰り返されると、もう少しチームはフィジコに対してハッキリとエンジニアリングのトラブルで彼のレースが台無しになっていることを謝罪してほしいのでしょう。

タイム的にアロンソに遅れているように見えますが、多分、アロンソのほうがルノーのマシン特性を深く理解しているからで、ほれと別のマシンを与えられれば、今のようなギャップは出ないと思います。つまり経験と学習によって自分のドライビングスタイルを微調整する時間というか。。。
アクセスランキング 10日間
    アクセスランキング 30日間

       誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
      名前:
       
       

      ↑このページのトップヘ