トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2005年07月13日

英語サイト「タクは『不運なミス』をした」

英語サイトの佐藤琢磨の記事は、今回の件でもやさしかった。

レースでもテレビの国際映像は、琢磨がモンテイロ(ジョーダン)をオーバーテイク(2周遅れ同士の攻防)するときは、かなり前から琢磨を追っていてしっかり「その場面」を全世界に放送してくれた。

クリア「タクは『不運なミス』をした」
Clear: Taku made 'an unfortunate error'. :crash.net
佐藤琢磨はグリッドに向かう途中でエンジンスイッチをオフにしたため、イギリスGPで事実上のハラキリ(hari-kari 訳注:harakiriのミススペル?)をしたことを、BAR-ホンダチームが明らかにした。

日本人ドライバーは、エンジン混合液の設定など、通常のグリッド前のプログラムを行いながら走行していたが、そのときにハンドルのキルスイッチをうっかり押してしまった。このスイッチは、スロットルが開いたままの場合など極端な状況にのみ使用される。

佐藤は押されてピットレーンまで戻り、最終的に車列の後ろに再び加わったが、追いつくのは非常に困難であった。その後のペースは、ジェンソン・バトンとともにポイントを獲得できるほどであった。チームは彼のミスを大目に見たが、タクは後ほど自分に腹を立てていた。

レース・エンジニアのジョック・クリアはCrash.netに「明らかに、最近のハンドルはごちゃごちゃしている。それにレースの中でも緊張する時間だった。グリッドに来るときには、タイヤのウォームアップをしたり、いろいろすることがある。キルスイッチは簡単に押せないように覆いがしてあるが、必要なときには押せるように最終的にはどこか近い場所につけなければならない。通常は緊急の場合しか使わないから、不運なミスだった」と説明した。

「彼はスタートの手順を進めていただけだった。自分のしたことをよくわかっていたので会話は全くなかった。あの時点では対処法はなかった。彼をピットレーンに戻して、できるだけ早くスタートさせるしかなかった。」

佐藤があきらめず、冷静さを失わず、それ以上のつまらないミスを犯さなかったのは賞賛に値する。

クリアは続ける「彼は大丈夫だった。そしてペースは本当に競争力があり、あの状況にしてはちょっと不運だった。先行ドライバーが自分の後ろにいるときは、抜かせるためにかなりスピードを落とさなければならない。彼らに比べ2分の1秒しか遅くない場合は、こちらが抜かせない限り彼らは永遠に先に行けない。だから佐藤は5秒遅く走って彼らを先に行かせ、それから最高速に戻った。」

「明らかに、彼は誰であれ先行ドライバーを動揺させたくなかったので、確実に道を空けていた。しかし、自分の思い通りになるときには彼は非常に速かった。ただしそのために余計にフラストレーションがたまった。」

佐藤は、イモラでの5位を失ったため、今年はこれまで無得点である。


markzu at 05:01│Comments(0)ホンダ | 佐藤琢磨


今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

        この記事へのトラックバック

        1. イギリスGP 決勝  [ タカオと戦おう ]   2005年07月16日 09:09
        1万HITを記録したとたんにエントリが滞っていますが、先週末のF1イギリスGPの速報ならぬ遅報です。痴呆じゃありません(笑) 7番手からスタートするはずだった琢磨は、フォーメーションラップ中になぜかスローダウン。最終コーナーで止まってしまいました。そんな琢磨を尻目

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: