トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2005年09月12日

佐藤琢磨に「次戦予選順位10番降格」の処分決定

タイトル通りの処分が決定しました。

佐藤琢磨のコメント
「マイケルとのアクシデントは、セイフティカーの後、レースが再開された時の第1コーナーで起こりました。冷えてしまったタイヤやブレーキの影響で、マシンを停めることがとても難しく、運悪く彼に追突してしまいました」

これってよくあることだろう! ただぶつけた相手がミハエル・シューマッハだった不運。この処分は重い。だが決まったものは致し方ない。

次戦ブラジルGPの次は日本GP。なんとしても日本GPの予選走行順位は一桁を期待したい。そのためにもこのハンデを乗り越えてブラジルでは頑張ってもらいたい。

今はFIAの公式レポートも訳す気分ではない。あとで掲載します。


markzu at 07:43│Comments(6)ホンダ | 佐藤琢磨



今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

        この記事へのトラックバック

        1. それにしたって…  [ カンジのあなた! ]   2005年09月12日 11:16
        スパ終了!地上波組のオイラは先ほど早起きをして映像の確認をしました。事前に、バットニュースを知ってしまったオイラには二重のがっかりですね。。。さすがのスパ!波乱ずくめしかし、そんな波乱を制するのも実力のうちではないでしょうか?そういった、部分ではバトンく....
        2. 試練が続く佐藤琢磨  [ 札幌ではたらく社長のBlog ]   2005年09月13日 02:56
        皆さんご存じでしたか? 今シーズンのGPを走ったドライバー26人中 ノーポイントはドーンボス一人 では1ポイントしか取れていないドライバーは? 佐藤琢磨とリウッツィのたった2人だけ! いくら琢磨が出場停止だったといってもリウッツィよりは・・・ ....
        3. 試練が続く佐藤琢磨  [ 札幌ではたらく社長のBlog ]   2005年09月13日 03:02
        皆さんご存じでしたか? 今シーズンのGPを走ったドライバー26人中 ノーポイントはドーンボス一人 では1ポイントしか取れていないドライバーは? 佐藤琢磨とリウッツィのたった2人だけ! いくら琢磨が出場停止だったといってもリウッツィよりは・・・ ....
        4. Blogアンケート「来季の琢磨の進路はどうなると思いますか?」  [ 札幌ではたらく社長のBlog ]   2005年09月13日 14:50
        Xデーかと言われている16日も近くになりました。 残留か?TDか?それともミッドランドか? なんてウワサが先行していますがここに来てブラジルはデビッドソン?? なんて騒いでいる方も居ますのでここで希望でも何でもいいので・・・ 国民の皆さんに「来季の琢磨はどう...
        5. Blogアンケート「来季の琢磨の進路はどうなると思いますか?」  [ 札幌ではたらく社長のBlog ]   2005年09月13日 14:55
        Xデーかと言われている16日も近くになりました。 残留か?TDか?それともミッドランドか? なんてウワサが先行していますがここに来てブラジルはデビッドソン?? なんて騒いでいる方も居ますのでここで希望でも何でもいいので・・・ 国民の皆さんに「来季の琢磨はどう...
        6. 琢磨のカーリンコネクションに望みを繋いで  [ 札幌ではたらく社長のBlog ]   2005年09月22日 02:12
        佐藤琢磨のステップアップチーム「カーリン」と「ミッドランド」の関係から、琢磨F1残留の望みを検証してみた。 琢磨が最も輝いていた時期 カーリンモータースポーツは、琢磨くんが日本人初のイギリスF3チャンピオンとなり、国際F3レース(マルボロ・マスターズ、マ....

        コメント

        1. Posted by fio   2005年09月12日 08:51
        markzuさん

        ああ・・・
        第一スティントまでは完璧でした・・・

        しかしここは前向きに、琢磨の接触癖は3年スパンで改善ということで来年こそは・・。
        どうか今回の事で目を覚ましてくれますように・・。


        2. Posted by nanasi   2005年09月12日 09:49
        10週目までは、本当に、本当に、素晴らしかった。
        バトンも引き離し始めていたし、こんなに気持ちのいい観戦は、1年ぶり以上(サンマリノも良かったですが)だったかも知れません・・・。
         気になるのは、このパフォーマンスが、こういったリスクと引き替えのモノだったのか、単に、経験不足かと言うこと。
         序盤のごぼう抜きが、どういうモノだったのか分からないので・・・。
         ニックフライが、珍しく弁護しているようですが・・。>niftyF1の記事。
         
         今季、琢磨のこういった自爆のパターンとして、復活かと言えるようなパフォーマンスを見せた直後に、攻めすぎてっていうのが多いですね。ブレーキング時の安定がよくないのか・・・007。
        3. Posted by さだ   2005年09月12日 11:11
        追突の場面を見たときは「ため息」が出ました。
        バトンが素晴らしい走りだっただけに琢磨のリタイアには
        ショック倍増です。
        バトンの走りは安心して見てられるけど、琢磨の場合は
        いつもハラハラしながらの応援です。
        来年のシ−トがどうなるのか心配・・・。
        4. Posted by ぐ   2005年09月12日 17:18
        同じくペナルティのピオニッツアが8000ドルの罰金だそうですが、予選の10グリッドってそんなに安いんですかね。罰金方式となった理由であるレギュラードライバーのハイドフェルドが怪我をしたため、次のレースも彼が出ると思われますが。
        琢磨も8000ドルごにょごにょ・・・
        5. Posted by このコメントは削除されました   2005年09月12日 18:25
        このコメントは削除されました
        6. Posted by mlv   2005年09月12日 21:06
        ● ペナルティの重さ

        シューミーに追突した琢磨→予選順位 10 番手降格
        モントーヤに追突したピッツォニア→罰金 $8,000

        なぜ,こんなにペナルティが違うんだろう。一説によればピッツォニアはハイドフェルドのケガの代わりで次戦ブラジルでハイドフェルドがもどってくるとペナルティが無効になるからとか。。。

        ところが,そのハイドフェルドは自宅療養中に自転車に乗っていたときにバイクと接触事故とかで今季出場は絶望的???

        次はピッツォニアの地元ブラジルですから,FIA もペナルティ重くしすぎると盛り上がらないからかもしれないとの配慮かもしれない。

        要するに、ペナルティ一つとっても、さじかげんというか裁量が政治的、興行的すぎるのはいかがなものかと思います。

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: