トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2005年09月13日

佐藤琢磨のペナルティは論理的に奇妙!

佐藤琢磨とアントニオ・ピッツォニアの処分(の重さ)が違うのは論理的におかしいのではと、記事は書いています。僕もそう思います!

また、昨日上げたエントリー(ミハエルの事故後の行動)で、僕が本当に問題にしたかったことを、実は書いていません。欧州生活が短い僕が言っても真実味がなさそうなので、書けませんでした。ところがそこにいただいたトラックバックでズバリ僕が問題にしたかった論点を取り上げているブログ(たくさんのありがとうを君に…『F1 Belgium GP 決勝!』)がありました。そのブログ記事の「そして今回のアクシデントに関してSchumiにたくの・・・」から下の文です。

佐藤琢磨、ブラジルではグリッド10番降格
Takuma Sato to lose 10 places on grid in Brazil: grandprix.com
佐藤琢磨は、ベルギーGPでミハエル・シューマッハをリタイヤさせたため、ブラジルではグリッド10番降格のペナルティを受けた。佐藤はリスタートで失敗し、フェラーリの後部に追突した。奇妙なことに、スパのFIAスチュワードは、アントニオ・ピッツォニアにはファン・パブロ・モントーヤとの事故に対して8,000ドルの罰金を科すことに決めている。こちらは佐藤−シューマッハのクラッシュよりもかなり重大な事故であった。また、佐藤はシューマッハと同じ周回で順位争いをしていた一方、ピッツォニアは自分のウィリアムズがモントーヤのマクラーレンよりかなり速かったために周回遅れを取り戻そうとしていたことを考えれば、スチュワードの論理は奇妙である。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。







今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

        この記事へのトラックバック

        1. Blogアンケート「来季の琢磨の進路はどうなると思いますか?」  [ 札幌ではたらく社長のBlog ]   2005年09月13日 15:10
        Xデーかと言われている16日も近くになりました。 残留か?TDか?それともミッドランドか? なんてウワサが先行していますがここに来てブラジルはデビッドソン?? なんて騒いでいる方も居ますのでここで希望でも何でもいいので・・・ 国民の皆さんに「来季の琢磨はどう...
        2. F1ベルギーGPのその後  [ * i l l u m e * ]   2005年09月13日 17:30
        ベルギーGPでは、 1)琢磨とミハエルのクラッシュ 2)ピッツォニアとモントーヤのクラッシュ において、審議の結果ペナルティが科される事になったのですが この2件について、一方はブラ
        3. オイルがあった?!  [ SLOW SLOW SLOW - slow02さんのブログ - STYLE ]   2005年09月13日 20:50
        何度も言ってますが、事態は琢磨にとってツライ方向に方向に流れて言ってます。今季ずっとそうでしたが、ここにきてもまだ終わらない。スパでぶつかったのがミハエルでなければここまで重いペナルティにはならなかったかも。昨年の、ずっとご機嫌ミハエルなら、あんなに怒ら...
        4. F1(85) もう こっちもアッタマにきたっ!  [ 戀は糸しい糸しいと言う心 ]   2005年09月13日 21:04
        ええかげんにしなはれや ミハエルはん  あの事故は 佐藤君が悪いのはわかってますけどなあ 黙って聞いてりゃええ気におなりになって  言いたい放題おぬかしになって いったいアンサンはナンボのもんどすっ 何様のつもりどすっ 何年レースやったはるん...
        5. F1 Belgium GP 決勝!  [ たくさんのありがとうを君に… ]   2005年09月14日 01:29
        ・・・の予定でしたが、とてもそんな気分じゃありません・・・。理由は皆様ご想像のとおり、こちら・・・。 ****************************************************** Schumacher fury after Sato clash (BBC/En) Angry Schumacher raps Sato for Spa collision(Reu...
        6. 試練が続く佐藤琢磨  [ 札幌ではたらく社長のBlog ]   2005年09月18日 19:40
        皆さんご存じでしたか? 今シーズンのGPを走ったドライバー26人中 ノーポイントはドーンボス一人 では1ポイントしか取れていないドライバーは? 佐藤琢磨とリウッツィのたった2人だけ! いくら琢磨が出場停止だったといってもリウッツィよりは・・・ ....
        7. 琢磨のカーリンコネクションに望みを繋いで  [ 札幌ではたらく社長のBlog ]   2005年09月22日 02:08
        佐藤琢磨のステップアップチーム「カーリン」と「ミッドランド」の関係から、琢磨F1残留の望みを検証してみた。 琢磨が最も輝いていた時期 カーリンモータースポーツは、琢磨くんが日本人初のイギリスF3チャンピオンとなり、国際F3レース(マルボロ・マスターズ、マ....
        8. 琢磨のカーリンコネクションに望みを繋いで  [ 札幌ではたらく社長のBlog ]   2005年09月22日 02:09
        佐藤琢磨のステップアップチーム「カーリン」と「ミッドランド」の関係から、琢磨F1残留の望みを検証してみた。 琢磨が最も輝いていた時期 カーリンモータースポーツは、琢磨くんが日本人初のイギリスF3チャンピオンとなり、国際F3レース(マルボロ・マスターズ、マ....

        コメント

        1. Posted by 侍   2005年09月13日 15:11
        確かに琢磨へはグリッド降格で、ピッツォニアは罰金ってのは一方的な感じがしますが、さすがに琢磨も焦り過ぎな感じはします。

        やっぱり、トップチームのレギュラードライバーとしては余りにも安定感が無いような気がします。

        来季のシート争いは厳しいと思いますが、ニック・フライじゃ無くても琢磨をチョイスするオプションを選ぶかは微妙だと思います。
        2. Posted by oretch   2005年09月13日 17:44
        中継中に誰かが言ったのか、どこかの記事が指摘していたのか、どちらか忘れてしまいましたが、「ピッツォニアはレギュラーではないので次戦には出場しない。だからグリッド降格のペナルティは意味をなさないので、実効的なペナルティになるよう、ピッツォニアには罰金刑」という解説がされていて、ワタシは単純に「あぁ、なるほど」と納得してました。
        結局ハイドフェルトは今季絶望ってことで、結局次もピッツォニアが出てくるかもしれないんですけどね。
        niftyにはピッツォニアに替わってニコ・ロズベルグか?って記事が出てたりしてますが。
        3. Posted by せすな   2005年09月13日 18:46
        ハイドフェルドは自転車でこけて右肩ケガしたらしいですね・・
        4. Posted by TV   2005年09月13日 21:56
        なぜ罰金かはみんな知っていると思うぜ

        10番降格はあまりにも重く、8,000ドルの罰金はあまりにも軽い。
        5. Posted by まゆ   2005年09月13日 22:52
        非欧州人である事。
        相手が、FIAの大切な大切なミハエルだったから。

        これだけでも充分「イジメ」の対象になりうるでしょう。

        「F1にはフェアなんてものは無い。」
        もう何年も見せつけられて来ています。

        FIAは琢磨をいじめておきながら、鈴鹿では大儲けして帰るわけで・・・。
        たいしたビジネスでございますな。
        6. Posted by このコメントは削除されました   2005年09月13日 22:54
        このコメントは削除されました
        7. Posted by Python   2005年09月13日 23:36
        自分は琢磨のペナルティは、むしろ軽いと思います。
        2戦前のトルコGPの予選の件(今回とはちょっと事情が違いますが)でペナルティを受けたばかりで、ペナルティ内容に執行猶予的なものがなかったとはいえ、いわば前科者なわけだから数戦の出場停止を食らっても仕方がないくらいだと思います。

        8. Posted by mlv   2005年09月14日 00:09
        ● ペナルティの重さ(深読みしすぎか?)

        Python さん曰く:

        「ペナルティ内容に執行猶予的なものがなかったとはいえ、いわば前科者なわけだから数戦の出場停止を食らっても仕方がないくらいだと思います。」

        以下、私の個人的な”深読み”です。

        さじ加減で判断しない法廷のような機関ならば,執行猶予がないのなら,たとえ前科があったとしてもペナルティの重さに影響しないのが筋だと思います。

        FIA は馬鹿じゃない(というかズル賢い)ので「数戦の出場停止」したら琢磨が日本グランプリで走れなくなってしまいます。ブラジルを降格にすれば,ブラジルをうまく切り抜ければ日本グランプリには,いつもの位置に戻って来れるという,まさにズルいペナルティだというのは私の深読みし過ぎでしょうか???
        9. Posted by ケィ   2005年09月14日 00:11
        ぺなるてぃごっこ が、えふわん を、つまらなくしている。
        10. Posted by Kana   2005年09月14日 00:53
        おっと。いきなり自分の名前が出てきて、びっくりしましたよっ。いえ・・・私も別にこちらの生活がめっちゃ長いということではないんですが、日本にたまに帰った時にふと、気が付いたことなんですよ。あ、違うなあ・・・と。例えば日本の飲み会で会社の上司が部下の女の子にべたべた触ったりと言う行為がセクハラとして認められるか認められないかと言うのとちょっと似てますかね。こちらではそういうことって起きないですよね。
        11. Posted by Kana   2005年09月14日 00:54
        (長すぎて拒否されました・・・続きです)
        個人的に友人としても仲がいい同僚であれば、一緒にダンスしたり肩を組んで写真を撮ったりという事はあるかもしれないけど、上司と言うだけでべたべたすることが許されることは絶対無い。相手に障るという好意は、ある程度の関係でないとしない。それ以外で、しかも叩くと言うのは、暴力だと思います。まあSchumiがそこまでたくに敵意を持っているというよりも、まだ、親愛の情を持っていて思わず手が出てしまった・・・と言う方がもしかしたら正しいのかも知れませんが。でもまあ自分よりも明らかに下と思ってるのはわかりますね。
        12. Posted by mlv   2005年09月14日 01:23
        ● 国際文化比較論

        Kana さん曰く:

        「個人的に友人としても仲がいい同僚であれば、一緒にダンスしたり肩を組んで写真を撮ったりという事はあるかもしれないけど、…」

        でも,旅行先で列車で同席したりホテルやレストランとかで話が少し盛り上がると別れ際にいきなり抱きつく例の挨拶には,日本人の私は腰が引けちゃいます。

        昔、イタリヤのフィレンツェに列車が着くとき、コンパートメントのみんなで「フィレンツェ!フィレンツェ!」の大合唱がはじまって。「チャオ!」って男衆だけならともかく,そのガールフレンドと思われる女性にまで抱きつかれた時には手のやり場に困りましたよ。

        「でもまあ自分よりも明らかに下と思ってるのはわかりますね。」

        琢磨に限った話じゃないですね。彼はいつでも絶対的な No.1 ですから。実績も伴っていますし。。。

        13. Posted by がりくそん   2005年09月14日 10:57
        12日の記事の方にも書いてしまったのですが、該当する部分と補足をこちらにも(笑)
        ルールをその場の状況に応じて柔軟に適応するのはあっても良いことだと思います。でも柔軟にすると公平な判断が損なわれる部分もあるのではないでしょうか。
        同じレース内で同様の罰則行為をしたものがいた場合、罰則内容は揃える必要があると思います。何らかの理由で一方の罰則内容を変更する必要が生じた場合でもこれは同様で揃えるべきだと思います。(でないとどうしたって不公平との声が出る)
        それが出来なくて、一方の罰則が重くなるのであれば軽くなる方と較べて重くなるだけの理由を明らかにすることが必要です。裁判官による判決ではちゃんと理由がのべられますよね。それが無いから今回の件では「論理的におかしい」と言われてしまうのだと思いますよ。
        14. Posted by Python   2005年09月14日 12:54
        mlvさん曰く

        「執行猶予がないのなら,たとえ前科があったとしてもペナルティの重さに影響しないのが筋だと思います。」
        それはもっともだと思います。

        しかし、琢磨がF1デビューして以来、トップクラスのドライバーよりも明らかに多くのクラッシュ等の問題を起こしてるのは、琢磨を応援する側も薄々気付いてる事だと思います。

        FIA側としてもドライバーの安全を守るのが一番のはずですから、前科があるドライバーがほとぼりが冷めないうちに問題を起こすと、情状酌量の余地はないとして、初めて(または久々に)問題を起こした者よりは、より重いペナルティを科すのも仕方ないことだと思います。

        最後に「ブラジルをうまく切り抜ければ日本グランプリには,いつもの位置に戻って来れるという,まさにズルいペナルティだというのは私の深読みし過ぎでしょうか???」

        上の意見に関してはまったく同感です。
        15. Posted by がりくそん   2005年09月14日 17:23
        Pythonさん

        なるほど、もし処分にそういう基準があるのであればFIAは、それをぜひ示しておいて欲しいですね。
        そうすれば琢磨の処分がピッツォニアより重い理由が誰の目からもはっきりするから「論理的におかしい」ていう評価も出ないと思います。
        16. Posted by ケィ   2005年09月14日 18:41
        がりくそん さん
        正論よ...
        でも、あのね....F1の楽屋裏って...サーカスの楽屋裏みたいもんで....いまのとこ、FIAに、「論理的におかしい」って、ごねてみても....相手にされないっていうか、相手をする準備ができてませんていうか...
        ただいま、みんなで、整備中につき....もう少々お待ちください!....だとおもう...
        mlv さん 「グラサン」の件、おもろかった...ぜひとも実現を期待
        ...自転車のレース用のミラータイプ...れいばんで...
        記事またいじゃうが...視点を2つ....
        〕祥気里覆ぅ泪ぅ吋...ノーガードで、予期せぬ追突に遭遇...逆上...のパターン
        ▲泪ぅ吋襦△気泙兇泙縫轡潺絅譟璽轡腑鵑気譴討い人縦蠅旅堝阿里劼箸弔髻△△両譴如⊆孫圈
        ま、いずれ、ほんとうのことは、あきらかになるだろうさ....

        17. Posted by ケィ   2005年09月14日 21:50
        「できるだけ早く忘れたい」ってマイケル逃げちゃったようだね...
        ほんとうのことは、闇の中へと葬り去られるのか...
        18. Posted by あじゃ   2005年09月15日 09:54
        初カキコです。皆様宜しくです。
        私は琢磨に対する思いペナルティは驚く事ではありません。
        簡単に言えば、琢磨が追突した相手がミハエル以外であればペナルティは軽かった。ただそれだけの事です。この意味はモントーヤファンなら解ると思います
        F1は我々の常識が通用する世界ではありません。サッカーなどのスポーツとは違い、グレーゾーンだらけのルールで行われるスポーツです。
        19. Posted by あじゃ   2005年09月15日 09:54
        初カキコです。皆様宜しくです。
        私は琢磨に対するペナルティは驚く事ではありません。
        簡単に言えば、琢磨が追突した相手がミハエル以外であればペナルティは軽かった。ただそれだけの事です。この意味はモントーヤファンなら解ると思います
        F1は我々の常識が通用する世界ではありません。サッカーなどのスポーツとは違い、グレーゾーンだらけのルールで行われるスポーツです。

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: