トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2005年09月25日

佐藤琢磨、ジョーダン、トヨタ

来季トヨタエンジンを積むジョーダン(ミッドランド)に佐藤琢磨が乗る場合は純粋にチームの判断でトヨタは関係していないとトヨタ・モータースポーツ社長のコメント。佐藤琢磨とホンダの関係から、トヨタのこのコメントは常識的な範囲でしょう。

佐藤、トヨタからの援助は期待できず
Sato can expect little help from Toyota: REUTERS UK
日本の佐藤琢磨は2006年のF1ドライバーズシートを探しているが、トヨタはほとんど援助はできないと述べている。

トヨタエンジンを使っているジョーダンは、ホンダがバックアップするBARのシートを失ったこの日本人ドライバーに興味を示しているが、トヨタ・モータースポーツのジョン・ハウェット社長は、トヨタ側はチームの決定に影響を及ぼすつもりはないと語っている。

ハウェットは24日ブラジルGPで「彼ら(ジョーダン)が佐藤を採用するなら、それは純粋に彼らの判断だ」と述べた。

「わたしは、彼らが選択肢のひとりとして佐藤と話し合っているものと見ているが、我々からの影響を受けることはない」

トヨタのライバルであるホンダが一部所有しているBARは、イギリス人ジェンソン・バトンが残留し、フェラーリから移籍するブラジル人ルーベンス・バリチェロとパートナーを組むことを正式に発表した。この決定により、来年は日本人ドライバーがいなくなる恐れがでてきた。

ハウェットは、トヨタには独自の若手ドライバー・プログラムがあり、ヨーロッパF3には平手晃平、フォーミュラ・ルノーには小林可夢偉という有望な日本人ドライバーがいると指摘した。

「我々の将来像は、3〜4年後にはこれらドライバーがF1に昇格しているというものである」

ジョーダンチームのコリン・コレス代表はロイターに、来年ミッドランドと改名する彼のチームは、他の数人のドライバーと同様、佐藤と話し合っていると述べた。

「彼はF1に残りたがっており、我々はシートを持っている。解決策を見つけたい」

「彼が持ち込まなければならないものとは、金銭上の問題ではない。それはアンソニー(・デヴィッドソン)についても同じだ。来年チームが確保すべきスポンサーシップの問題である」

「(タバコスポンサーの)ベンソン・アンド・ヘッジズあるいはギャラハーが、これまでのようにチームに資金を提供してくれるのであれば、チームに英国人ドライバーをほしがるのではないかと思う」

BARのリザーブドライバーであるデヴィッドソンは、先週シルバーストンでジョーダンのテストを行っている。

しっかりしたバックアップを有するオランダ人クリスチャン・アルバースがミナルディからの移籍を確実にしつつあるとの噂にもかかわらず、コレスは、ジョーダンは2006年のドライバー契約は誰とも結んでいないと述べた。

チームの現在のラインアップは、インド人ナレイン・カーティケヤンとポルトガル人のティアゴ・モンテイロである。

「チームがよいドライバーを獲得する素晴らしいチャンスだと思う。いずれはっきりするだろうが、現時点では有利な立場にいると考えている」

モータースポーツ Ranking





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

        この記事へのトラックバック

        1. 佐藤琢磨、ミッドランド・TOYATAへ移籍か  [ 札幌ではたらく社長のBlog ]   2005年09月25日 20:25
        当ブログで取り上げてきた、カーリンx琢磨・琢磨のマネージャーであるスコットxトヨタのパイプ等、琢磨のトヨタ系チームへの移籍に関して申し上げてきたが、ここに来て、琢磨のトヨタ系チームへの移籍について公言される状況になってきた。 まだ、確率は低いとは思うが....
        2. 佐藤琢磨、ミッドランド・TOYATAへ移籍か  [ 札幌ではたらく社長のBlog ]   2005年09月25日 20:27
        当ブログで取り上げてきた、カーリンx琢磨・琢磨のマネージャーであるスコットxトヨタのパイプ等、琢磨のトヨタ系チームへの移籍に関して申し上げてきたが、ここに来て、琢磨のトヨタ系チームへの移籍について公言される状況になってきた。 まだ、確率は低いとは思うが....

        コメント

        1. Posted by 部長   2005年09月25日 20:05
         トヨタがうすうす興味を示してるみたいだからまずはジョーダントヨタで山本左近とコンビかな。それからトヨタに昇進してマシンもドライバーもタイヤもジャパンてことで
        2. Posted by このコメントは削除されました   2005年09月25日 20:24
        このコメントは削除されました
        3. Posted by まゆ   2005年09月25日 23:15
        左近さんは、鈴鹿限定・・・なのでしょうか?
        日本向けのサービス・・・と聞きましたが。
        4. Posted by mlv   2005年09月26日 00:45
        ● 山本左近について

        まゆさん曰く:

        『左近さんは、鈴鹿限定・・・なのでしょうか?』

        最近のジョーダンのテストでのタイムの出方だけを見ると、多分、鈴鹿スペシャルでしょう。はっきりいって、最初から周りをうならせるタイム出さない事には、テスト待ちの新人がゴロゴロころがっている世界ですから。。。
        5. Posted by mlv   2005年09月26日 00:51
        ● 琢磨 in ジョーダン(ミッドランド)(その1)

        トヨタが琢磨がジョーダンに乗ることに問題はないが、ドライバーの選択にはトヨタは関与しないというのは、実にトヨタらしい対応ですね。

        トヨタは、ジョーダンにエンジンを提供していますが、サプライヤーとしてであり、チーム運営には関与していないのですから、トヨタがわざわざコメントをリリースするまでもないにも関わらず、それとなく、どちらにころんでも準備万端の体制を整えているというメッセージを伝えているんですよね。
        6. Posted by mlv   2005年09月26日 00:59
        ● 琢磨 in ジョーダン(ミッドランド)(その2)

        琢磨=ホンダという図式はトヨタも理解しているので、現在の状況を落ち着いて冷静に判断できるまでは、トヨタとしては静観する立場をつらぬくというメッセージ。

        それと、もし琢磨が自分の決断で HONDA と決別するなら、あくまでトヨタがバトンゲートに便乗して横から手を出したり差し伸べたりしたのではないという条件を整えるためのメッセージ。

        ***

        トヨタは、このプレスリリースと同時に、ホンダユーザがトヨタに興味を示してくれるかもしれないという極秘のマーケティング戦略(TAKUMA on TOYOTA)のシミュレーションに着手したかも。
        7. Posted by このコメントは削除されました   2005年09月26日 02:00
        このコメントは削除されました
        8. Posted by このコメントは削除されました   2005年09月27日 01:26
        このコメントは削除されました
        9. Posted by まゆ   2005年09月27日 22:18
        mlvさん、再度ありがとうございます。

        あぁ・・・、「ホンダが琢磨くんをクビにした」と、
        本気で思っている人も少なく無いのかなぁ?
        鈴鹿でバトンにブーイングする人など、いて欲しくない。

        ホンダさん、しっかりしてなさいまし。
        ・・・と独り言です。

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: