トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2007年02月08日

フランク・ウィリアムズ Q&A カスタマー・マシン問題を語る

Q & A with Frank Williams: autosport.com
スーパーアグリとスクーデリア・トロ・ロッソを巡る論争がこれまでのところ解決策を見出せていないので、F1はメルボルンでカスタマー・マシン論争の山場を迎えつつある。

これまで、カスタマー・マシンを走らせるというこの2チームの計画に対して最も公的に批判をしているのは、スパイカーのチーム代表コリン・コレスである。彼はこの状況について数ヶ月間不満を抱いている。

しかし舞台裏では、彼はフランク・ウィリアムズと同盟を結んでいる。そしてチーム代表会議において、ウィリアムズはこの件とF1におけるカスタマー・マシン認可の動きに強い不満を抱いていることを表明した。

これまでウィリアムズは、この状況が水面下で解決されることを期待して、この件について公的には沈黙を守っていた。

しかし何の解決策も見出せないため、ウィリアムズは "sutosport.com" にスーパーアグリとトロ・ロッソに対する考えと、独立チームの数が少なくなることを恐れている理由を語った。

Q:コリン・コレスは、あなた方とスパイカーはカスタマー・シャシーの脅威を感じていると発言しています。彼は、スーパーアグリとトロ・ロッソはコンストラクターズではないので、コンコルド協定の元ではポイントを付与すべきではないと考えています。あなたも同じ見方ですか?
フランク・ウィリアムズ:ふたつの問題がある。ひとつ目は、2007年コンコルド協定の元で2つのグループ(トロ・ロッソとスーパーアグリ)がいること。ふたつ目はマックスのBチームという新しい提案だ。

まずひとつ目の問題だが、我々の理解するところでは、スーパーアグリと、おそらくトロ・ロッソとレッドブル・レーシングは、ある第三者企業が知的所有権を持っているので、(レッドブルとトロ・ロッソは)共有できると言っている。しかし、英語で読む限りコンストラクターの規定は非常にはっきりしている。コンストラクターは単数形だ。単数形で、こうはっきり書かれている。「コンストラクターとは、…を保有する個人または法人組織」 全部単数形だ。はっきりしている。変えようがないんだ。

Q:しかし、マックス・モズレーはこれまで規約を白か黒かで見たことはありません。問題はないのですか? 規約には解釈がいろいろあるのでは?
フランク・ウィリアムズ:規約を解釈するのはマックスではない。これはコンコルド協定の問題だ。最終的にはローザンヌの法廷で解釈されるだろう。我々が向かう場所はそこだ。

Q:このまま何の協定も結ばれないままメルボルンに行ったら、まず抗議を行うのですか?
フランク・ウィリアムズ:事実を確認したら、たぶんそうなるだろう。でもまだマシンを見ていないからね。

Q:しかしスーパーアグリは昨年のホンダ、トロ・ロッソは事実上エイドリアン・ニューウィのRB3と同じだとわかっていますよね?
フランク・ウィリアムズ:確かに。感心なことに彼らは公言している。

Q:しかし、そのようなマシンが出走してポイントをとると問題ですね? 調停には何年もかかります。
フランク・ウィリアムズ:何年もかかったりしないよ。せいぜい1年だが厄介なことになるだろう。しかしそうなるとマックスが強硬措置をとるかもしれない。彼はこの件はコンコルド協定の問題だから関わりたくないと言っていた。しかしその彼もコンコルド協定にサインしているわけだからね。

Q:どういう成り行きを期待していますか? 2チームについて、失格、出走停止、チャンピオンシップ・ポイント不可、どれを望みますか?
フランク・ウィリアムズ:チャンピオンシップ・ポイントなしと配当金の取消しだね。彼らが何をするにしろトラックの上で我々を負かすと、我々は配当金がもらえなくなる。つまりこれが商業面での現実だ。

Q:では2008年から12チームでテレビ収入を分配するという話はどうなるのですか?
フランク・ウィリアムズ:いや、そんな話は受け入れていない。我々がサインした2008年規約はそういう原則ではない。独立チームは、コストにおける同じ立場と、公平な収入がなくては生き残ることはできない。収入を伴わないシャシー共有は独立チームを破滅させるだろう。

Q:その見解は、独立チームはF1の将来にとって重要であるという数年前の話に反しますね?
フランク・ウィリアムズ:全くその通り。6ヶ月前、マックスは独立チームを支持していた。今や彼は正反対の意見を持っているように見えるね。

Q:2008年カスタマー・マシンを認める文書にはまだサインしていないと最近おっしゃいましたね。これについて説明していただけますか?
フランク・ウィリアムズ:ああ、2008年のコンコルド協定はまだ準備ができていない。こういう風に言おうか。どのチームもマックスから「コンストラクターズ・チャンピオンシップについては忘れよう。これからは全く変わるんだ」という通知は受け取っていない。彼は一度もそんなことは言わなかった。昨年11月にバーニー(・エクレストン)と協定を結んだ翌日にマックスに会って、おめでとうという話をした。コンコルド協定が違うものになるという話はなかった。

Q:この件を調停に持ち込んだ場合、スポーツに関したことなので判事がまじめに受け取ってくれないかもしれないと思いませんか?
フランク・ウィリアムズ:これは高度に法的な問題だ。コンコルド協定に関するものは協定、つまり契約なんだ。

Q:2003年に起こした調停はどうなりましたか? まだ続いているのですか?
フランク・ウィリアムズ:調停に持ち込まなかったんだ。手続きを始めたのだが、裁定者を登録しなかった。

Q:近いうちにこの4チームで話し合う予定はありますか? それともバーニーが解決するのでしょうか?
フランク・ウィリアムズ:バーニーはすでに提案を出してくれたが、それがどういうものかは言いたくない。2008年のコンコルド協定に関しては、変更に関して投票がない限り、規約は基本的には同じである。マックスは無理やり変更を通そうとするかもしれないが、我々は何も聞いていないので「事実の誤認」という問題が発生するだろう。それに誰もコンストラクターズ・チャンピオンシップを大幅に変えたいとは思っていない。

デイヴィッド・リチャーズを攻撃しているのではないよ。彼とは素晴らしい関係にあるからね。彼はウィリアムズを傷つけるようなことはしていない。でもコンストラクターであるならば、これまでF1が何十年もしてきたように、自分のレーシングカーを作らなければならない。マシンを買うのであればコンストラクターではない。

Q:しかし、もう起こりつつありますね。2チームはカスタマー・マシンを走らせようとしています。規約変更を望んでいますか? あるいは、2年間カスタマーとして参戦し、自らのリソースを築いてその後コンストラクターになるというアイデアはいかがですか?
フランク・ウィリアムズ:それは早まった考えだね。規約にちゃんと書かれている通り、2008年コンコルド協定が変更されない限り、自分でマシンをつくらなくてはならないんだ。例えばマクラーレンからマシンを買ったチームはコンストラクターではない。ではチャンピオンシップでどうやってポイントを獲得するんだ?

チャンピオンシップはコンストラクターズにとってとても大切なもの、とても重要なものだ。マックスは、規約を変更すると我々に言うべきだった。

Q:でも、足元をすくわれるリスクがあるのでは? あなたはコンコルド協定にサインしているので、あなたの承認なしに物事が決まる可能性はないのでしょうか?
フランク・ウィリアムズ:我々は、バーニーとマックスに対して、彼らのチャンピオンシップに参戦するという契約を交わした。本文では「簡単な規約の整理」とだけ書いてあったと思う。他のチームのほぼ同じ文言でサインしている。問題があるかね? 哀れなウィリアムズだけではないんだ。これに関して発言している人はかなりいる。ロンも、Bチームが認められればシャシーを販売すると言っている。しかし原則の問題として、わたしはこれに100%反対している。

Q:ウィリアムズ、スパイカー、スーパーアグリ、トロ・ロッソでテレビ収入をプールするという提案もありましたね。これを検討するつもりはありますか、それともカスタマー・チームはポイントを付与されるべきではないと断固主張しますか?
フランク・ウィリアムズ:ポイントなし、カネもなし。他のチームが請求書の支払いに苦労しているのに、デイヴィッド(・リチャーズ)が約2,000万ポンドの投資で参戦できるわけがないだろう。我々は彼なしでF1をつくってきた。デイヴィッドはマシンを買うことでどれほどの責任を果たしたというのだろう? 2年後に撤退することもできるんだからね。

Q:厄介な法的措置以外には解決方法がないように見えますが?
フランク・ウィリアムズ:問題はないよ。法的な面では、バーニーの弁護士によると合意に達しない場合は去年と同じ方法で運営されることになっている。合意に達しない場合はそうなるんだ。そういう設定になっている。

Q:2チームの参戦に対する差し止め請求をメルボルンで出すのですか?
フランク・ウィリアムズ:そこまでは考えていない

Q:法的措置を検討しているのはウィリアムズとスパイカーだけですか?
フランク・ウィリアムズ:ホンダ/スーパーアグリ、レッドブルの件に関してはその通り。他のチームからは口頭での支持を得ているが、彼らは直接的に関わっていない。


+関連記事
2006年04月23日
フランク・ウィリアムズ コスト削減は究極の競争というF1の名声を損なう
2007年02月06日
カスタマー・マシン問題、チーム別関連記事リンク集





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

        この記事へのトラックバック

        1. カスタマーシャーシ問題の夜 (長文注意  [ beatnicの密かな憂鬱 ]   2007年02月09日 06:33
        Super Aguri F1 Teamは大丈夫だと、そんなことを書いた矢先、F1通信に 「フランク・ウィリアムズ Q&A カスタマー・マシン問題を語る」 と、フランクがメディアにコメントを披露している。 ポイントになる部分は ●知的所有権の共有は不可 ●裁判へ持ち込まれるか否かは....
        2. サー・フランク語る!  [ SAF1-TOPICS ]   2007年02月09日 11:34
        フランク・ウィリアムズ Q&A カスタマー・マシン問題を語る(F1通信さんより) スーパーアグリとスクーデリア・トロ・ロッソを巡る論争がこれまでのところ解決策を見出せていないので、F1はメルボルンでカスタマー・マシン論争の山場を迎えつつある。 これまで、カス....
        3. 「重い」フランクの想い  [ JUNO Formula Communications ]   2007年02月09日 15:10
         「重い」という言葉には,様々な意味がある。??目方がある。??気分が晴れ晴れしない。??注意深く,軽々しく行わない。??体の働きや動きがよくない。??程度が大きい・・・。このところの私は,明らかに??である。連日のように飛び込んでくる,シャシー問題に
        4. スーパー・アグリ情報といえば…  [ ★カンジのあなた!(H氏公認)★ ]   2007年02月10日 22:32
        出てくる話題と言えば… オランダくんとスパイカーに絡む移籍問題と カスタマー・シャーシ問題ばかり… 出てくるのは… ため息ばかりだね… 早く出てこい! 文句を言わせぬ、SA07! ファンとしてはこの立ちこめる霧を晴む

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: