トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2007年02月17日

フェラーリに移籍したトップ・ドライバー 2 アルボレート マンセル プロスト

赤色に−フェラーリへの移籍:パート2
Moving into the red - Part Two: The Official Formula 1 Website
シルバーから真紅に移籍したライコネンに歴史は味方するのか?

キミ・ライコネンは、フェラーリでの初シーズンに向けて準備をしているが、さらに3人の一流ドライバーがこの有名な赤いオーバーオールを身に着けてどうなったか、振り返ってみよう…

ミケーレ・アルボレート
アルボレートミケーレ・アルボレートはティレルに3年間在籍して2回優勝を果たした後、1984年にフェラーリに移籍した。アルボレートは才能あるドライバーであると広く認められていたが、ドライバーズ・タイトル争いに加わることができず、フェラーリに移籍してチャンスを狙うことにした。

彼はその10年間で初めてのイタリア人ドライバーとなり、ベルギーで優勝したあとさらに3回表彰台に上がった。しかしその後、フェラーリの信頼性の低下により彼のタイトル争いは挫折した。後半は8回のリタイヤを喫し、チームもドライバーも不満を募らせるしかなかった。

しかし、次第にフェラーリが強くなり、アルボレートも自信を深めたことが改善につながった。そして1985年、16戦中12戦目の段階で、彼はタイトル争いのトップに立つアラン・プロストに3ポイント差に迫っていた。しかしその後は4回のリタイヤという不運に見舞われ、タイトルへの希望は失われた。アルボレートはフェラーリでさらに3年間レースをしたが、イタリアのチームでも他のチームでも2度と優勝することはなかった。

ナイジェル・マンセル
マンセル1989年、当時F1の9シーズン目を迎えていたナイジェル・マンセルはフェラーリに加わった。それまでのウィリアムズでの4年間で2度タイトル争いに加わったが、1988年ウィリアムズは精彩を欠き、マンセルはフェラーリに移籍した。

フェラーリの1988年コンストラクターズ順位は2位であったが、フェラーリ・デビューとなるブラジル開幕戦でマンセルが優勝を果たしたことで、そのシーズンの見通しは明るいものになった。しかし、3回連続のギアボックス故障など一連の信頼性トラブルのため、彼のタイトル獲得のチャンスは危うくなった。その後マンセルはハンガロリンクで優勝してティフォシの称賛を勝ち取ったがほとんど役に立たず、最終的に順位は失望の4位であった。

1990年、マンセルは新しいフェラーリのチームメイト、アラン・プロストに次第に圧倒されつつあった。このシーズン、彼が優勝したのはポルトガルGPのみで、落胆したマンセルは苛立ちを募らせ、特に惨憺たる結果となった英国GP後に引退を発表したが、1991年彼はウィリアムズに意気揚々と移籍、代わりにジャン・アレジがフェラーリに加入した。1992年、マンセルは念願のドライバーズ・タイトルを獲得。

アラン・プロスト
プロストマクラーレンでの6年間、アラン・プロストは30回の優勝、3度のドライバーズ・タイトルを獲得した。しかしプロストと新しいチームメイト、アイルトン・セナとの陽気な競争心は間もなく激しい争いに変わっていった。1989年鈴鹿でのタイトル決戦で、プロストは自身のチャンピオンシップ野心のためにセナをリタイヤさせた。そのため、このフランス人はマクラーレンを離れることになった。

プロストはチャンピオンとして1990年フェラーリに移籍した。フェラーリは前年マクラーレンに100ポイント近い差をつけていたにもかかわらず、トップドライバーを求めており、プロストにとってはこの賭けはすぐに報われることになった。優勝5回、表彰台9回を手にしたプロストは、元のチームメイト、セナを追ってこの年もタイトル争いに加わった。

しかしこのふたりはまた鈴鹿で対決し、セナがワールドチャンピオンとなた。1991年シーズン、プロストは10年間で初めて1勝もできず、失望のシーズンとなった。彼はフェラーリを公然と批判して、シーズン途中にチームを離れた。翌年はテレビ解説者として過ごしたが、1993年にはウィリアムズに復帰し、4度目で最後となるタイトルを手にした。


+関連記事
2007年02月15日
フェラーリに移籍したトップ・ドライバー 1 ロイテマン シェクター アルヌー


markzu at 10:59│Comments(0)フェラーリ | F1特集
今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ