トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2007年09月08日

FIAからアロンソ ハミルトン デ・ラ・ロサへの書簡内容:FIA公式プレスリリース

FIA公式プレスリリース
ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス
2007年9月7日

FIAは、ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスの調査における新しい証拠に関して世界中のマスコミがさまざまな報道を行っていることに注目している。

完全な透明性のため、FIAは2007年8月31日にフェルナンド・アロンソ、ペドロ・デ・ラ・ロサ、ルイス・ハミルトンに宛てられた書簡の内容を公表することにした。

書簡の内容から、3人のマクラーレンのドライバーは、この調査の完了のため、FIAに全面協力をするよう要請されていることが明らかであろう。

FIAフォーミュラワン・ワールドチャンピオンシップの公平性と合法性を保証することは、F1関係者全員の責任である。

3人のマクラーレン・ドライバー宛の書簡は以下の通り


国際自動車連盟(FIA)
ファクス送信および郵送
2007年8月31日

デ・ラ・ロサ様

ご承知の通り、FIAは最近、マクラーレンがフェラーリの機密技術情報を所有していたのか、あるいはいかにしてどの程度まで所有していたのかを調査しております。FIAはその後、ひとり以上のマクラーレン・ドライバーが、この調査に関連する書面による証拠を所有している、あるいは最近まで所有していたとの申し立てがあることを知りました。

F1とチャンピオンシップのために、FIAが監督機関として、この申し立てが事実に基づいているものかどうか、明確かつ迅速に確認することが重要です。

したがってFIAは、貴殿が所有あるいは入手できる可能性があり、本件に関連する可能性のある関連書類のコピーを作成することを正式に要請します。ここでいう「文書」とは、物理的な手段あるいはハードコピーあるいは電子的形態で保存されたあらゆるe-メール、書簡、電子通信、テキスト・メッセージ、ノート、覚書、設計図、図表、データなどを含みます。(この要請の一般論に限定されませんが)特に、FIAは本件に関連する可能性があり、フェラーリ、ナイジェル・ステップニー、フェラーリあるいはステップニー氏に由来する、あるいは関連づけられる技術的情報、その他の情報を言及している電子通信のコピー(どのような方法で伝達あるいは保存されたものでも構いません)を受け取りたいと願っています。上記の説明に当てはまる文書が存在すること、あるいは以前に存在していたことをご存知であり、コピーを作成できる立場にないのであれば、問題の文書の内容と、いかにしてそれを知ったかの状況、コピーを作成できない理由について説明してください。文書が上記の説明に当てはまるかどうかわからない場合は、その文書(あるいはその説明)を提出していただければ、FIAが判断のお手伝いをいたします。

全競技者およびスーパーライセンス・ホルダーは、フォーミュラワン・ワールドチャンピオンシップの公平性と合法性を保証する責任を有していることを認識していただきたく存じます。したがって、貴殿が上記のような情報を有している場合、至急提出していただかなければなりません。この問題の重要性を鑑み、この書簡に対して情報を提供していただいた場合、貴殿に対して国際競技コードあるいはF1規約の違反手続きをとることはないと私が保証します。しかし、のちに貴殿が関連する可能性のある情報を公表しなかったことが明らかになれば、深刻な結果につながる可能性があります。

我々は、同じ書簡をフェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンにも送付しております。できるだけ早いお返事をお待ちしております。ご協力を感謝します。

敬具

マックス・モズレー


+関連記事
2007年09月05日
FIA、スパイ事件で新証拠受理、9月13日再召集:FIA公式プレスリリース
2007年09月06日
FIAの発表に対するマクラーレンの反応
2007年09月07日
深刻な問題(ステップニーゲート)に立ち向かうF1
2007年09月07日
ドイツ誌 「FIAの新証拠にアロンソが関与」
2007年09月07日
「新しい証拠」に関するさらなる情報

ステップニー フェラーリ コフラン マクラーレン ホンダ スパイ事件関連リンク集





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

        コメント

        1. Posted by これは・・・   2007年09月08日 10:40
        緩やかな、脅しでしょうか。
        いままでは、ドライバーはこの事件では無関係、
        チャンピョンシップの影響を考えて、
        マスコミを避けさせるような対応をチームは取ってきましたが、
        今後はどうなるのでしょうか?
        そして、チームぐるみのスパイ活動となれば、
        枕のポイント剥奪の可能性がちょこっと現実味を帯びてきた?

        チャンピョンがポイント的に決まっても、
        この事件が決着するまで今シーズンは目が離せなくなってきました。

        IPアドレス 211.5.252.146
        2. Posted by 春代   2007年09月08日 17:45
        『証拠は挙がってるんだ。吐け…吐くんだ…吐けば手心は加えてやるぞ?さもなくば…。』

        という訳ですね。何だか面白い推理小説を読んでる気分になってきました。不謹慎ながら。

        IPアドレス 124.83.159.138

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: