トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2008年02月11日

フェラーリF2008、開幕戦前に大幅見直し

Fast F2008 to go radical before Aus GP

すでにフェラーリ、特にキミ・ライコネンが圧倒的な強さを見せつけているが、メルボルン前のテストが大詰めを迎える中、チームの2008年マシンが大幅に見直しされるかもしれない。

イタリアの "Autosprint" 誌によると、F2008のオーストラリアGP仕様が最終決定される前に、マシンのフロントのユニークなソリューションがスペインでテストされるという。

伝えられるところによると、新パーツはマシンのノーズのアッパーフロント、現在 "Bridgestone" のBのロゴの場所に開口部があるという。

レッドブルのテクニカル・ディレクター、ジェフ・ウィリスは「うーん、面白いアイデアだな」とコメントした。

「おそらく、フロントウィングの中央部分を活用する機能があるのだろう」

チーム・マネージャーのルカ・バルディセッリはすでにF2008の冬季テストの成績に「非常に満足している」と明言していたが、フェラーリは来週バルセロナのサーキットで行われるテストで、新しいウィング、バージボード、エンジンカバーなどをテストする。

9日、フェラーリはトヨタとともに、バーレーンでの3日間テストを終了した。

フェラーリのスポークスマン、ルカ・コラジャンニは、土曜日のマッサ、日曜日マッサとライコネンに発生した信頼性問題を否定した。
「テスト中に発生するこのような細かい故障はとても重要だ。レースで同じような問題が発生すれば、修理のしようがないのでリタイヤにつながる」

彼は " Gulf Daily News" 紙に「非常に慎重になって今発見することが不可欠だ」と語った。

-Source: Home of Sport
-Mobile: Amazonモバイル


markzu at 21:08│Comments(0)フェラーリ 

2日間アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング


         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ