トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2008年02月18日

マッチ棒でできたF1マシン

Formula One car created out of matchsticks

マッチ棒でできたF1マシン


100万本近いマッチ棒、6年以上におよぶ数千時間の工数、莫大な量の接着剤を使って何ができるだろう? 木製のF1マシンである。

これはドイツ人のレーシング・ファン、ミハエル・アーントがなんと95万6,000本のマッチ棒を使って完成させたものである。

彼は、マッチと接着剤に4,500ポンド(95万円*)を費やして、実物大モデルをキッチンで作成した。この傑作を固定するために1,686本の接着剤を必要とした。

アーント氏は、マッチ棒の両端を切りとって、ピンセットでマッチ棒を慎重に組み合わせた。

この作品は45のパーツに分解することができる。彼はこの最愛のモデルをマッチ棒構築物大会に出品する予定である。

-Source: Metro.co.uk
-Mobile: Amazonモバイル

*日本時間2008年02月18日09:59 の為替レート:Yahoo!ファイナンス 外国為替情報





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: