トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2008年10月31日

全チーム、レッドブルの異なるカラーリングを承認

Teams allow different liveries for Red Bull

チーム代表らは、今週末のブラジルでレッドブルが2種類のカラーリングを走らせることを全員一致で承認した。

30日、デイヴィッド・クルサードの最後のレースのために、彼のRB4は "Wings for Life" 財団に敬意を表して、白を基調としたカラーリングになることがわかった。

マーク・ウェバーが乗るもう1台のレッドブルは、チームの通常のダークブルーのカラーリングである。

クルサードはインテルラゴスで「別のカラーリングにしたマシンを走らせることについて全チームから承認を受けた。これは近代F1において初めてのことだと思う」と述べた。

1999年、BARはブリティッシュ・アメリカン・タバコのブランドである555とラッキーストライクの2種類のカラーリングを使う許可を求めたが、このときは他チームが同意しなかった。

そのためBARの2台のマシンは、左右を異なるカラーリングで走行した。

F1の競技規約によると、同じチームに所属するマシンはいずれも同じカラーリングでなければならないと規定されている。ただし、カーナンバー、ドライバーの国旗、名前などのわずかな違いは認められている。

-Source: Home of Sport
-Mobile: Amazonモバイル

+関連記事
2008年10月31日
クルサード、特別カラーリングで最後の出走 <写真>

BAR 1999年
BAR、1999年BAR、1999年


今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ