トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2008年11月24日

中国GP主催者 「2010年以降も続行」

Chinese GP likely to stay after 2010 - organisers

中国のF1レース主催者によると、上海は世界有数のスポーツ都市になる取組みを続け、2010年以降も中国GPを開催する予定だという。

主催者である "Juss Events" 社のレオン・サンは、上海市は2010年以降グランプリ開催の5年延長契約をあきらめるかもしれないという上海市体育局のキュー・ウェイチャン(邱偉昌)副局長のコメントについて、翻訳ミスであると述べた。

上海市が所有する同社のイベント・マネージメント部のサン部長は、ロイターの電話インタビューで「キュー氏と話したが、グランプリが中国を去るようなことは言っていなかった」と述べた。

「おそらく翻訳で誤解があったのだろう。2010年以降も開催される可能性は高い。F1は当地でまだ5年しか開催されていない。観客ベースを作り出すのは簡単ではない。これは長期的な事業だ」

「我々は、F1は上海市にとって非常に優れた商品、非常に優れたイベントだと思っている。少なくとも我が社は、このイベントを宣伝して盛り上げていきたい」

「調査からも、中国のレースファンは増加していることが示されている。だからF1グランプリにノーと言うことはないと思う」

F1の商業権保有者バーニー・エクレストンは、今年の10月に開催された中国GPで、レースは長期的将来が確保されていると思うと語っていた。

今年グランプリ運営責任者となったサンは、2010年以降の契約延長の交渉を始める前に、さらに「内部で討議」が行なわれると語った。

中国GP会場は、上海郊外に3億5,000万ドルをかけて建設され、20万席のシートがあるが観客で満員になったことはない。

サンは、先月のレース日には約8万人の観客がが来場したと述べたが、少なくとも一部観客は「ビジネス・パートナーとの取引」によってチケットを入手していたことを認めた。

「この売上げについては、コストダウンであり宣伝材料であると考えている」

長期的運営
過去2年間、英国人のルイス・ハミルトンがドライバーズ・チャンピオンを上海で獲得する可能性があったが、2009年のカレンダーでは中国GPは4月に移動している。サンはこの移動は長期的には好都合であると考えている。

彼は「1年の前半は上海では国際イベントがあまり多くないが、秋はとても忙しい」と述べた。「イベントが変更された最初の年は大変かもしれないが、長期的に見ると移動してよかったと思う」

中国経済の中心である上海は、バイクのワールドチャンピオンシップ、ゴルフのアジア・オープン・トーナメント、男子テニスのシーズン最終戦であるATPマスターズ・カップを来年のカレンダーから失っている。

しかしチージョン(旗忠)テニス施設はマスターズ・カップの代わりに来年10月から新しいマスター・シリーズ・トーナメントを開催する。

"Juss" 社は、同イベントの「メインスポンサー」としてスイスの時計会社ロレックスと契約しており、サンは、世界的不況にもかかわらず、上海市は大きな国際イベントの誘致を継続すると自信をみせている。

新しい上海マスターズ1000の共同トーナメント・ディレクターを務めるサンは「上海でさらに多くのイベントが開催されることはまちがいない。ただそれがいつどのように開催されるかはわかっていない」と述べた。

-Source: Reutres.com
-Mobile: Amazonモバイル

+関連記事
2008年11月14日
上海、F1グランプリ(中国GP)廃止の可能性
2008年11月16日
バーニー・エクレストン、中国GPを後押し



2日間アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング


         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ