トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2008年12月05日

ニック・フライ、ホンダF1チームの予定を説明

Fry gives details of Honda plans

ホンダレーシングF1のニック・フライ社長は、来シーズンの開幕時にもF1グリッドに並ぶことを期待していると述べている。

フライは「この12時間で、すでに3人がチームを買収したいと言ってきた」と語る。「これはこれまでのF1チームが撤退した時とは全く異なる状況だ。このチームは最も資金力があるチームのひとつであり、ピットレーンで最高の資産、最高のリソース、素晴らしいスタッフ、何度もワールドチャンピオンシップで優勝したロス・ブラウンが設計したマシンがある。来年の用意もできている。買い手にとっては魅力のある資産になると思う。このチームが前進すると楽観的なので、買い手にとっては大きなチャンスだ。これは世界の経済情勢に関係している。ご存知のようにすべての自動車企業が売上減少にひどくダメージを受けている。トラックでもっと成功していればよかったのかもしれないが、これはもっと大局的な問題である」

英国のファンにとって最大の疑問は、ジェンソン・バトンがどうなるかである。

フライは「ジェンソンはチームと契約がある」と言う。「新しいオーナーが見つかれば、彼は残留できるだろう。彼はすでに何年もチームにとって不可欠なひとりだ。素晴らしいドライバーだし、チームをさらに魅力的にする大きな資産だ」

チームが救済されない場合、バトンはフリーになる。理論上は、バトンの唯一の選択肢はスクーデリア・トロ・ロッソであるが、バトンのようなドライバーがフリーになれば、他チームも門戸を開くかもしれない。

フライは、買い手探しが続いているので、チームは2009年の準備を進めると述べた。

-Source: GrandPrix.com
-Mobile: Amazonモバイル

Huge determination to continue - Fry
ニック・フライ、Huge determination to continue - Fry


+関連記事
2008年12月05日
ホンダ・レーシングF1チームの将来
2008年12月05日
ホンダ、F1撤退





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: