トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2009年04月28日

トヨタとレッドブル、KERSを使う予定なし

Toyota, Red Bull, have no plans to use KERS

F1のヨーロッパシーズンのスタートが近づいているが、まだKERSシステムを搭載していない2チームが新技術をすぐに使う予定はないことを明らかにした。

先週末バーレーンのグリッドのフロント・ローを独占したトヨタは、昨年のうちに2009年シーズンはKERSなしでスタートすると発表していた。

ドライバーのティモ・グロックはバーレーンで「これまでのところKERSを使う予定はない」と語った。

ルノーのエンジンを使っているレッドブルもKERSを使う予定はない。

チーム代表のクリスチャン・ホーナーは「究極のパフォーマンスに関して、これはまだマシンに搭載するべきではないと感じている。しかし将来も使わないという意味ではない」と述べた。

「KERSについては非常にオープンに考えているが、現時点では導入する日は決まっていない」

同様にトロ・ロッソ、フォース・インディア、ブラウンもそれぞれエンジンサプライヤーであるフェラーリやメルセデスのシステムを使うことができるが、現在は搭載を控えている。

ウィリアムズはユニークなフライホイール・システムの開発を熱心に進めており、できるだけ早急に搭載する予定である。

しかしバッテリ式KERSシステムを使用している2チームは考え直している。ルノーのフラヴィオ・ブリアトーレはバーレーンで、「すべてが順調であればあと1、2戦で使うだろう」と述べた。

一方フェラーリは先週末KERSのメリットを詳細に分析し、フリー走行ではフェリペ・マッサのマシンに搭載したが、キミ・ライコネンのマシンには搭載しなかった。

チーム代表のステファノ・ドメニカリは「我々のプロジェクトはKERSを中心に生まれたので、マシン全体を変更するのはとても難しい。KERSを搭載しない場合は、最善の妥協点を見つける必要がある」と述べた。

-Source: DailyF1News
-Mobile: Amazonモバイル


markzu at 21:40│Comments(0)トヨタ | レッドブル

2日間アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング


         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ