トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2009年06月18日

ニキ・ラウダ 「F1をまだ見ている人がいたら奇跡だ」

Lauda: It's a miracle anyone is still watching F1

元3度のワールドチャンピオン、ニキ・ラウダ(60歳)は、F1では予算制限の内紛が続いているため「まだ見ている人がいる」とは信じられないと語り、モータースポーツの頂点が文字通り分裂しかねない論争について「自己中心的な管理職同士」の「個人的確執」であると非難している。

FIA-FOTAの行き詰まり状態において一進一歩が続いているため、政治的内部闘争がトラック上のアクションに影を落としており、今週末シルバーストンで開催される最後のイギリスGPを混乱させる可能性が高い。

ラウダは3度のドライバーズ・タイトルのうち2回をフェラーリで獲得しているが、関係者(特にFIAのマックス・モズレー会長とF1に最も忠実で長く参戦しているフェラーリ)はF1の将来に煙幕を張って個人的な利益を追求しようとしていると考えている。そして現在進行中の対立の公的性質のため最終的にF1の世界的ファン層を破壊すると述べた。

グランプリ優勝25回のラウダはドイツ紙 "Stuttgarter Zeitung" に「彼ら(フェラーリ)は2012年までFIAと契約がある」と語り、離脱シリーズを「お笑いぐさ」であり「全く非現実的」だと一蹴した。「誰もが面目を失うことを一番心配している。だからすべてが失敗する可能性がある。そうなれば最大のジョークになる」

「本当に馬鹿らしいのは、誰もが基本的にコスト削減には問題があることで意見が一致していることだ。外部効果に関してこれほど非生産的なことは経験したことがない。F1をまだ見ている人がいたら奇跡だ。この闘争に興味を持つ人などいない」

商業権保有者のバーニー・エクレストンは、FOTAとFIAの長引く対立に激怒しており、今週は「さらなる会議」があるが「ほとんど進展がない」と予想している。そしてドイツ誌 "Auto Motor und Sport" に「これほど会議ばかりしているのなら、ミネラルウォーターの会社の株を買うべきだった!」と嫌味をこめて語った。

モズレーは、FOTAチームに19日までに2010年ワールドチャンピオンシップ参戦の「条件」を撤回するようもとめているが、ブラウンGPのチーム代表ロス・ブラウン(54歳)は、満足のいく解決策が見出せると期待している。ブラウンは、F1は醜いシナリオに展開するのを防がなくてはならないところまで来た、この危機から学ぶべきだと訴えた。

彼はまた、昨シーズン後半に世界的金融危機が始まったことが現状を悪化させたとしている。当時はコンコルド協定がなかったため、FIAは新規約に関してチームに相談する契約上の義務がなく、モズレーが不況に対応して4,000万ポンド(62億7,375万円*)の予算制限を導入してこの論争につながったのである。

ブラウンは "Auto Racing Daily" に「我々全員が、この状況から教訓を学ぶ必要があると思う」と語った。ブラウンGPは条件つきで来年の参戦を申請した5チームのうちのひとつである。

「ホンダの撤退には誰もがショックを受けたと思う。誰もが、自動車メーカーと経済全体が経験するであろう苦労に気づいていた。昨年末から今年はじめにかけてチームからもFIAからもいろいろな反応があった。両者の反応の一部はおそらく以前の原則から外れていたかもしれない」

「経済危機がなければ、このようなことは起こらなかっただろう。そしてコンコルド協定がなかったことで、事態はこのような展開になってしまった。すべてが一度に起こって今の状態になった。我々はそこから学ぶ必要がある」

「今週、この問題を解決するチャンスがあると思う。問題が解決されれば喜んで参戦する。今週中に解決されることを期待しているが、週末に撤退することになるのかどうかはわからない。そういうレベルではないと思っている」

-Source: Crash.net
-Mobile: Amazonモバイル

FIA vs F1チーム コスト制限チーム規約での対立関連記事リンク集

*日本時間2009年06月18日23:09 の為替レート:Yahoo!ファイナンス 外国為替情報


markzu at 23:23│Comments(0)F1OB | FIA



今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: