トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2009年06月27日

政治闘争を終結させたいルカ・ディ・モンテツェモロ

Montezemolo wants end to political rows

ルカ・ディ・モンテツェモロフェラーリのルカ・ディ・モンテツェモロ会長は、ファンは論争に飽き飽きしていると感じており、F1を脅かしている政治闘争を即座に終わらせるよう求めた。

FIAのマックス・モズレー会長は、今週F1の将来を保証するために達した合意の条件にチームが違反したと考え、F1は新たな問題に直面するだろうと警告したため、離脱チャンピオンシップの懸念が再び生じている。

しかしディ・モンテツェモロは状況を前向きにとらえており、論争を続けるよりもF1を改善することに集中するべきだと考えている。

今週FIAとFOTAの間の合意に対するファンの前向きな反応について質問されたディ・モンテツェモロは、フェラーリの公式ウェブサイトで、合意の内容を楽観視していると語った。

「合意には非常に満足している。観客は、プレスリリース、不明確な規約、6ヶ月ごとに変更される規約や、こういった論争にうんざりしていると思うので、彼らの反応は意外ではなかった」

「我々は安定性、平和、透明性を必要としている。我々はF1を愛している。我々はF1が、技術においても競争においても究極であることを求めている。最高のドライバー、最高のチーム、最高のマシン、我々はそれを達成しようとしている」

「今回の結果には非常に満足しているし、パリでのFIA世界モータースポーツ評議会の雰囲気も非常によかった。したがって、我々はFIAとともに将来を見据えた素晴らしい合意に達したと思う」

「我々はF1を愛しているので、もはや論争はやめるべきだ。F1の大きな魅力とユニークな要素を失わせるようなことに...関わりたくない」

モズレーは、今週FOTAが意図的にマスコミを騙そうとしたとして、公の謝罪を求めている。FOTAからこのような声明はまだ出されていないが、ディ・モンテツェモロの姿勢は、チームがFIA会長との対立を望んでいないことを示している。

FOTA会長のディ・モンテツェモロは、トラックでのショーを改善しファンに協力することでF1をよりよいものにすることに集中していると語った。

「何よりも、我々には非常に重要な3つの要素を手に入れたと思う。安定性と低コストとF1である。コストは1990年代のレベルに戻すという意味だ。F1はさらに重要で、F3ではなくF1として存続できるという意味だ。これは我々にとって極めて重要である」

「もちろん、すべてを改善しなければならないし、だからこそ我々はF1の決定にもっと関わりたいと願っている。現在のチケットは高価すぎるので、チケットを安くして、もっと多くの観客にサーキットに来てもらい、見どころを増やしたい」

「オーバーテイクを増やすために、一部、あるいは全部のチームがサードカーを走らせる可能性もあるだろう。しかし技術的研究、究極のパフォーマンス、全体的な競争も強化しなければならない」

-Source: autosport.com
-Mobile: Amazonモバイル

+関連記事
2009年06月26日
マックス・モズレー、FOTAに激怒! 合意破棄と引退撤回の可能性も

FIA vs F1チーム コスト制限チーム規約での対立関連記事リンク集


markzu at 10:17│Comments(0)フェラーリ | FIA
今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ