トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2009年11月17日

マナー、「リード」ドライバーとしてグロックと契約

Manor signs Glock as 'lead' driver

ティモ・グロック(27歳)は新しいF1チーム、マナーとレース契約を結んだ。

今月初めアブダビのパドックでは、グロックはルノーに移籍してロバート・クビサのチームメイトになることが確実視されていた。

しかしグロックは17日、マナーの「リード」ドライバーとして発表された。彼は2012年までオプションつきの2年契約にサインしたとみられている。

グロックは「2010年にはいくつかの選択肢があった。そのうちのいくつかは実績のあるチームだった」と語った。「(マナー)チームは小規模で新しいかもしれないが、大きな野心を持っており、とても印象的なマシンと開発プログラムを持っている」

またマナーは近いうちにサー・リチャード・ブランソンのヴァージン・ブランドとのタイアップも発表する予定である。

マナーは「(グロックの)発表は、マナーグランプリが計画とマシン開発プログラムの詳細を発表する年末の正式なチーム発表の前奏曲だ」と述べた。

テクニカル・ディレクターのニック・ワースは、2010年マシンの作業は予定通り進んでいると語った。

「最初の完成モノコックは1週間前に出来上がった。5月以来マシンのあらゆる分野のクラッシュテストを行なっている。クリスマスまでには公式FIAテストのほとんどを受けることができるだろう」

最新の報道によると、グロックのチームメイトは、ブラジル人のルーカス・ディ・グラッシ、あるいはアイルランド人のアダム・キャロルなどのペイ・ドライバーになる可能性が高いという。

ワースは、「開発プログラムに協力できる2009年マシンの経験があるドライバーを少なくともひとり起用する」ことをチームに勧めたと述べた。

2007年のGP2チャンピオンであるティモ・グロックは、ジョーダンとトヨタからグランプリに37回出走しており、脚と背中の負傷のため2009年最後の3戦を欠場した。

-Source: motorsport.com
-Mobile: Amazonモバイル

+関連記事
2009年10月28日
グロック、2010年契約交渉のためアブダビへ向かう
リストのトップは、ロバート・クビサのチームメイトになる件についてルノーとの交渉になるだろう。しかしマナーとザウバーも2010年の選択肢であると見られている
2009年10月30日
バリチェロとグロック、間もなく移籍発表
グロックのマネージャー、ハンス・ベルント・カンプスは「まだ契約はしていない」と主張した。「2010年に関しては有望のようだ。おそらく来週に意外な発表ができるだろう」
2009年11月17日
ティモ・グロック、マナーに移籍


markzu at 21:20│Comments(0)マナー 



今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: