トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2010年01月01日

2010年F1に望むこと

F1's New Year Resolutions

F1の関心を高めるのにミハエル・シューマッハ復帰にばかり頼ってはならない。新たなアイデアでF1を変革する時期だ。Planet-F1は議論のたたき台として微力ながら貢献する。

1. サイン会を廃止する。
F1がドライバーをファンにもっと近づけることを真剣に考えているのなら、オンラインでの活動をもっと用意するべきである。そうすれば、レースに来るわずかなファンではなく数万人のファンが利用することができる。ファンをサイン会に並ばせるのは無意味である。なぜなら半数の人々は、サインをeBayで売るためにそこにいるのだから。レース毎、ドライバーにX-Box360やプレイステーションをプレイさせてはどうだろうか? しかめっ面をしたり怒鳴り声を浴びせられたりするより、彼らが得意なことをさせればよい...

2. オーバーテイクを改善する。
オーバーテイクができないなら、新トラックに何百万ドル費やしても無意味である。例えばアブダビ。二本の長いストレートがタイトなコーナーに続いているが、コーナーを抜けるラインはひとつしかない。デイヴィッド・クルサードは、レース前にトラックを歩いてすぐにそれに気づいた。DCは、違うラインがとれるように出口を広げれば、オーバーテイクが増えるだろうと述べた。だから、複数のコーナーに渡ってドライバーが横並びに走ることができるニュルブルクリンクの最初のターン複合体とは異なり、リタイヤに終わるようなシャシーをこすり合う荒々しい動きはほとんどなかった。ブラジルを除いて、あらゆるレーストラックのひとつのコーナーを改修する必要がある。

3. リソース制限を厳守する。
我々は、資金が豊富なチームが資金を浪費する新しい手段を考案して、チャンピオンシップが二段階になることを望んでいない。メルセデス/フェラーリ/マクラーレン/レッドブル対残りのチームという構図になってしまうだろう。フランク・ウィリアムズとパトリック・ヘッドがグリッドに目を光らせているので、こういったチームは監視され続けるだろう。

4. アメリカGPを復活させる必要がある。
世界最大の経済なしにどうしてワールドチャンピオンシップと呼ぶことができるだろう?

5. 環境に配慮した技術は素晴らしい。
F1は環境議定書を軽視する国々でのグランプリを承認することはできない。これはエコ宣言ではない。我々は突然アンチ-ジェレミー・クラークソンになったりしない。しかしFIAがF1チームに環境に配慮した技術を押しつけるのなら、石炭を燃やす発電所を際限なく建設している国がエタノール燃料の車を走らせるのは矛盾している。したがって、中国GPはやめるべきではないだろうか。

6. スチュワードの裁定を公表する。
待望、そして緊急に必要とされているF1スチュワード・システムに関するジャン・トッドの改革の一環として、我々はスチュワードが特定の裁定を下した理由を知る必要がある。F1は、1シーズンに400試合もあるサッカーではなく、20戦よりも少ないのだ。F1の裁定における公平性と一貫性を得るために、我々はそれらを記録する必要がある。モズレーは透明性の改善を約束したが実現しなかった。トッドならもっと信頼できるだろう。

7. マルチ-チャンネルTVに対応する。
デジタルTVやインターネット・テレビにおける進歩を利用し、バーニーはマルチ-チャンネル・サービスを再導入するべきである。レース後、BBCはしばしばスタートから各種マシンからの車載映像を放映している。これは彼らの放送の最も興味深い部分である。こういったものは、デジタルTVあるいはインターネット放送を通じてレース中に提供されるべきである。2002年、スカイ・スポーツが放送していたときは、メインの放送と車載チャンネルを切り替えながらレースを再び観戦して、最初の放送で見逃した部分を知ることができた。F1は非常に大きなチャンスを見逃している。

8. 第二の計画を考案する。
燃料満載レースがヴァレンシアGPと同じように退屈だと判明した場合の対策が必要である。

9. 無線なしのレースを実施する。
テレメトリとモニタリングが高度化されているので、ドライバーがレース中に変更できるものが非常に多岐に渡るようになり、ハンドルのボタンも増えてきた。最近では成り行き任せがなくなった。通信手段はピットボードのみというレースを試すのはどうだろうか?

10. タイヤのトライアル。
現時点では、ブリヂストンは1レースに2種類のコンパウンドを供給しており、チームは両マシンとも同じコンパウンドでスタートさせることができる。状況を混乱させるため、最適タイヤでスタートできるのは一方のマシンだけというシステムを試すのはどうだろうか?

-Source: Planet-F1
-Mobile: F1携帯日記
-Amazon: F1 2009 Wii | F1 2009 PSP


今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ