トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2010年01月29日

マクラーレン、MP4-25を発表

mclaren.com

ニューベリーにあるボーダフォンの英国本部で午前11時(日本時間20時)から、新マシン(MP4-25)発表会をマクラーレンの公式ウェブサイトでインターネット生中継した。

マクラーレン MP4-25、ジェンソン・バトン、ルイス・ハミルトン
マクラーレン MP4-25マクラーレン MP4-25

マクラーレン MP4-25

McLaren launches radical new MP4-25

マクラーレン・メルセデスは、29日午前両タイトル獲得を目標とする2010年シーズンを戦う新マシンを発表した。

メルセデスエンジンを搭載するMP4-25は、ニューベリーにあるボーダフォンの英国本部で披露された。

エンジン・パートナーのメルセデス-ベンツが自社の「シルバー・アローズ」チームに注力することになったが、マクラーレンの新マシンは近年と同じくシルバー・カラーのままである。

マシンには、チームが2009年使わなかったリア・カバーに続く高いシャークフィン・エンジンカバーが取りつけられている。

MP4-25を走らせるのはルイス・ハミルトンと、昨年タイトルを獲得したあとブラウンGPから移籍してきたジェンソン・バトンである。

マーティン・ホイットマーシュ チーム代表
「成功の鍵は準備であると言ったのはグラハム・ベルだった。今シーズンの我々はこれまでにないほど総合的に準備をした」

「チーム代表として、この素晴らしいチームを代表できることは名誉である。しかしわたしは、献身的な素晴らしいスタッフの一部に過ぎない」

「偉大なチームと競争力のあるマシンであっても、最高のドライバーがいなければ成功できない。我々のドライバーはワールドチャンピオンなので、改めて紹介する必要はないだろう。我々は、今年ルイスとジェンソンがチームを代表することに興奮している。両ドライバーとも優勝経験があり、今年も勝ちたがっている」

「F1レーシングは毎年新たな規約のチャレンジを突きつけるが、2010年も例外ではない。我々は二層ディフューザ・コンセプトを活用したマシンを設計した」

「多くの新人と、そして少なくともひとりの古顔が参戦するエキサイティングなチャンピオンシップを楽しみにしている。我々はメルセデス-ベンツのパートナーとして留まるが、ワークスチームを倒すために全力を尽くさなくてはならない」

「我々の目標は明確だ。勝つことを目指している」

パディ・ロウ エンジニアリング・ディレクター
「第一に、ひとりではなくふたりのワールドチャンピオンがマシンに乗るという大きなチャレンジに直面している技術的チームである。務めを果たす正しいマシンを提供するというプレッシャーを感じた。我々は真剣に受け止めた」

「非常に高機能なマシンであるが、とてもエレガントである。これは、空力学チームと機械設計チームとの前例のない協力のおかげである」

2月1日からヴァレンシアでシーズン前テストが始まるが、マシンを最初に走らせるのはテスト・ドライバーのゲイリー・パフェットである。

-Source: autosport.com
-Diary: F1徒然日記
-Amazon: 2009 FIA F1世界選手権総集編 [DVD]

マクラーレン MP4-25
マクラーレン MP4-25
マクラーレン MP4-25
マクラーレン MP4-25





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: