トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2010年02月01日

BMWザウバー、C29を発表

BMW Sauber launches new C29 car

BMWザウバー C29、ペドロ・デ・ラ・ロサ、小林可夢偉

BMWザウバーは、31日ヴァレンシア・サーキットでC29を披露し、2010年シーズンの新マシンを発表した3番目のチームとなった。

今シーズンはフェラーリ・エンジンを搭載するマシンは、2009年末BMWがF1から撤退したあと、チームにとって最初のマシンである。

2005年チームをBMWに売却したペーター・ザウバーは、BMWの撤退を受け、再びヒンウィルのチームを買い戻した。

ザウバーがチームを買い戻す前、チームが2010年グリッドに並べるかどうか疑問視されていたが、トヨタがF1からの撤退を発表したため参戦枠が空いた。

マクラーレンが新マシンに使用したのと同様のシャークフィンを搭載した新しいC29に乗るのは、ペドロ・デ・ラ・ロサと小林可夢偉である。

ペーター・ザウバー
「過去数ヶ月間は我々にとって非常に緊迫していた」

「まず我々はチーム存続のために戦い、その後は将来のために強力な土台を築くことに集中しなければならなかった」

「あのような混乱にもかかわらず、2010年マシンの技術的準備は途切れることなく継続され、2009年春以来計画に従っていた。我々は、有望な若手ドライバーと経験豊富なドライバーの組合せとする長い伝統を持っており、多くの成功をもたらしたのはこのアプローチである」

「ペドロは長年トップチームで技術的に最高レベルで仕事をしており、我々はその経験から利益を得ることができる。若い可夢偉も我々に提供できるものを多く持っている。特に昨年のアブダビの彼はわたしを感心させた」

ザウバーのマシンは、BMW時代に使用されたのと同じカラーリングを継続しているが、スポンサー不足のため白い部分が多い。

デ・ラ・ロサはマクラーレンのテスト・ドライバーとして7年間過ごした後、レーシングに復帰する。

ペドロ・デ・ラ・ロサ
「とうとうまた本物のレーシング・ドライバーだと感じることができる」

「トラックでの競争を本当に恋しく思っていた。しかし同時に、技術面やシステム面で多くのことを学んだ。その知識をチームに持ち込みたい」

昨年後半トヨタからF1デビューを果たした小林は、ペーター・ザウバーの期待に答えたいと述べた。

小林可夢偉
「ペーター・ザウバーが僕を信頼してくれたことをとても誇りに思います。彼を失望させるつもりはありません。僕の目標は、彼が僕のことを誇りに思うようになることです」

シーズン前テストがリカルド・トルモ・サーキットで始まる1日、ザウバーはC29を走行させる。

テクニカル・ディレクターのウィリー・ランプは、マシンは昨年チームがパフォーマンスで苦労しているときの経験を利用して設計されたと述べた。

ウィリー・ランプ
「BMWザウバーC29の開発は、昨年のチームの経験と、シーズンの最後3分の1のパフォーマンス改善に基づいている」

「しかし、レース中の給油禁止とフロント・タイヤ幅の縮小という新規約により、マシンの設計は大きく変更する必要があった」

-Source: autosport.com
-Diary: F1徒然日記
-Amazon: F1 2009 Wii | F1 2009 PSP

BMWザウバーC29、ペドロ・デ・ラ・ロサ、小林可夢偉
BMWザウバー C29、ペドロ・デ・ラ・ロサ、小林可夢偉

BMWザウバー C29、ペドロ・デ・ラ・ロサ、小林可夢偉

BMWザウバー C29

BMWザウバー C29

BMWザウバー C29

BMWザウバー C29

BMWザウバー C29

BMWザウバー C29





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: