トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2010年02月10日

レッドブルRB6、 ヘレスでの分析

Analysis: Red Bull launch RB6

レッドブル RB6
レッドブル RB6
レッドブル RB6
レッドブル RB6
レッドブル RB6
レッドブル RB6

レッドブル・レーシングは2010年のマシン、RB6を発表した。2009年シーズン末、先頭を走っていたRB5の進化形である。新マシンはリアのプルロッド・サスペンション、Vノーズ、リア・ウィングにつながるシャークフィンを維持している。

新マシンは皆が望んでいたような革命的マシンではなく、したがって昨年のマシンに非常によく似ている。

シーズン開幕前に新しいフロント・ウィングが導入される可能性が高い。現在のバージョンは、RB5と同じである。重層されたウィングは、先端が翼端渦流を抑制するために丸くなっているのでやや変更されている。フロント・ウィングのエンドプレートは、これまで発表されたマシンの中で最もシンプルである。実際、フロントタイヤの前で鋭くカーブしている単純なパネルである。

ノーズコーンはやや幅が広くなっているが、依然として下面は丸く、上部のふたつの耳はやや短くなってはいるものの残っている。フロント・サスペンションのプッシュロッドのための一連のロッカーを納めるためにハブが使用されている。しかしチームはステアリングアームの位置を変更し、以前よりやや低い場所にとりつけられている。

ノーズの興味深い点は、フロント・サスペンションアーム前のノーズの両側に追加された細長い凸部分である。エイドリアン・ニューウィは明らかにブラウンBGP001から学んだようだ。

サイドポッドの前側部分もほとんど変わっておらず、冷却口は去年と同じに見える。バージボードは端がギザギサになっており、ミラーは他チームと同様サイドポッド・パネルにとりつけられている。

かなり大きな燃料タンクを設置したにもかかわらず、サイドポッドは依然として大きくアンダーカットされている。見たところ、ドライバー頭部より後ろの部品のほとんどが成功したレッドブルRB5から持ち越されたことは立派であると見なすべきだろう。

-Source: F1 Technical
-Amazon: F1 2009 Wii | F1 2009 PSP

+関連記事
2010年02月10日
レッドブル、RB6を発表





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: