トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2010年02月25日

F1エンジニアがつくった自転車(BERU ファクター001)

BERU Factor 001: Formula 1 engineers create a bicycle

F1エンジニアがルールに従わないでマシンをつくったらどうなるか? そう、これがその答えである。ただしそれはクルマではない。自転車である。

英国のエンジニアリング企業BERU f1システムズ社の製品ファクター001は、おそらくロードバイクの頂点だろう。特定の自転車シリーズの規約に従う必要がないので、BERUはゼロからスタートし、最適の方法で設計された。カーボンファイバーのモノコックフレームは、顧客の仕様と体格に合わせて手間ひまかけて製造され、カーボンセラミック製ブレーキとバイオメトリックスや各種測定値を表示するLCDタッチスクリーンを備えている。

BERU f1システムズ社のマネージング・ディレクター、ジョン・ベイリーは「この自転車のあらゆるカーボンコンポジット部品は、F1部品の製造に利用されるのと同じ技術に基づいた社内設計でつくられている」と語る。「各モデルの製造には、非常に熟練したエンジニア6人で1週間かかる。(数百台に)製造数を限定するので、ファクター001は魅力のあるコレクターズ・アイテムになると期待している」

カーボン・モノコックの自転車は、洗練された可動トレーニング・システムとしても意図されており、バイオメトリック・データ、環境データ、体力データなど100チャンネルを記録することができる。これを測定するために、自転車のフレームには複雑なセンサー、配線、バッテリ、油圧ブレーキング・システム用の制御ケーブルや配線が含まれているが、これらはすべて製造中にコンポジット中に組み込まれている。

BERUは、時間的要因のためファクター001を数百台しか製造しない。各モデルの製造には6人のエンジニアで1週間かかる。現在この自転車はロンドンの科学博物館とハロッズ百貨店に展示してある。価格は、心の準備はよいだろうか? なんと22,000ポンド(303万7,033円*)からである。

BERU ファクター001
BERU ファクター001
BERU ファクター001
BERU ファクター001

-Source: autoblog.com
-Sourec: PistonHeads.com
-Amazon: F1 2009 Wii | F1 2009 PSP

BERU Factor 001 公式サイト

*日本時間2010年02月25日10:40 の為替レート: 1ポンド=138.046951円





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: