トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2010年03月13日

チャンドック、フリー走行で一度も走れずF1デビューはお預け

No practice means no GP debut for Chandhok

カルン・チャンドックは、バーレーンGP予選前のフリー走行で1周も走らなかったため、今週末の彼のデビューは不可能になったようだ。

金曜日は技術的トラブルのため全く走行できなかったチャンドックは、土曜朝止まっているHRTマシンに少なくとも乗り込んだ。

彼のメカニックは一晩中ホテルに戻ってこなかったが、ダラーラ製のマシンは1速ギアに入らなかった。

FIA規約は「少なくとも1回のフリー走行セッションに参加しなかったドライバーはレースをスタートできない」と規定している。

チャンドックはBBCに「今朝はマシンに乗り込みすべてが大丈夫のように見えた。しかしまたもや油圧系に問題があった」と語った。

「おかげで僕らは今、大変な思いをしている」

もう1台のマシンでは、チームメイトのブルーノ・セナが金曜のフリー走行中11周走る間にタイムを短縮したが、HRTは依然として次に遅いロータスやヴァージンのマシンからも数秒遅れていた。

またヴァージンチームにとっても惨めなセッションとなった。というのもティモ・グロックのホイールフェアロングがナットの緩みのために脱落してFIAオフィシャルの不興を買い、ルーカス・ディ・グラッシはギアボックス・トラブルで1周も走れなかったからだ。

またルイス・ハミルトンも苦戦した。彼のマクラーレンは、ブレーキダクト故障により8周しか走行できず、ジェンソン・バトンは、フェラーリ、メルセデス、レッドブルのペースを下回った。

フェルナンド・アロンソのフェラーリは1分54秒というラップタイムで強い印象を与えた。彼は、3回連続でチームメイトのミハエル・シューマッハを上回ったニコ・ロズベルグよりも速かった。

-Source: motorsport.com
-Amazon: F1 2009 Wii | F1 2009 PSP

+関連記事
2010年03月13日
第1戦バーレーンGP土曜フリー走行 アロンソ1位 小林可夢偉17位


markzu at 19:54│Comments(0)HRT 



今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: