トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2010年03月28日

ハミルトン、マクラーレンの作戦を批判

Hamilton criticises McLaren's strategy

ルイス・ハミルトンは、オーストラリアGPは彼のキャリアで最高の走りのひとつだたが、まずい作戦とマーク・ウェバーのミスのせいで、よい結果が得られなかったとしている。

彼はグリッド11番からスタートして、レース中盤までにロバート・クビサと2位争いをしていた。しかしその後他の大半のドライバーと同じく新しいタイヤに交換するためピットに入った。

ジェンソン・バトン、ロバート・クビサ、フェリペ・マッサ、フェルナンド・アロンソは、フィニッシュまでタイヤを温存することに決めたため、ハミルトンは5位に後退した。彼はルノーと2台のフェラーリのバトルに巻き込まれ、その後残り2周でウェバーによってスピンさせられ、6位に終わった。

「レースをまとめると、僕の人生で最高の走りのひとつだったと思うが、残念ながら作戦のせいで後退し、マーク・ウェバーにはじき出された」

「自分の仕事には満足している。今日は本当に渾身の走りをしたと思うし、もっとよい結果がふさわしかった。しかし次のレースでも戦い続ける」

ハミルトンは無線でマクラーレンの作戦を批判しており、2回目のピットインは間違っていたと確信している。

「スタッフはいつも素晴らしい仕事をすると知っている。しかし今回の作戦は正しくなかった。僕より前のドライバーは全員1ストップだったのに、なぜか僕だけ2ストップだった」

2回目のピットストップは誰の決定だったのかという質問に、ハミルトンは「わからないが、いずれわかるよ」と答えた。

-Source: autosport.com
-Amazon: F1テクノロジーの最前線<2010年版>

+関連記事
2010年03月28日
F1第2戦オーストラリアGP決勝 バトン優勝 小林可夢偉リタイヤ





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         
        BBC Top Gear [UK] August 2017 (単号)
        BBC Top Gear [UK] August 2017 表紙は旭日旗(Rising Sun Flag)