トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2010年05月02日

ミハエル・シューマッハの秘密日記ブログ: 負け犬

Off On F1 - Schumi's Secret Tageblog: Losing It

ハロー、僕のゴージャスな日記ブログのファンのみなさん。前回の日記ブログからしばらく経ってしまったが、みなさんにもおわかりのように、僕はかなり忙しかった。

ミハエル・シューマッハ、F1中国GP

正直なところ、カムバック後の初優勝の気持ちを書くつもりだったが、今はそれは不可能だ。ご覧の通り、僕が想像していたほど結果がよくないからだ。

なぜなら、僕はマシンが積極的にターンインすることを期待してるが、マシンはひたすら直進しようとしているからだ。

これが、今ニコが僕を上回っている理由だ。長年ウィリアムズをドライブしてきた彼は、自分の思い通りにならないマシンに慣れているんだ。彼はマシンがターンインすると思っていないし、それでも失望しない。

ロスとロリーと一緒に長年スクーデリアで走ってきたが、そうあるべき走りをするマシンにとても満足していた。コーナーに来ると赤いマシンはちゃんと曲がるのだ。

セットアップに対する僕の答えは、リアを滑りやすくするというものだったが、そうするとスライディングによってリアタイヤが損なわれ、後退してボーイスカウトのアルグエルスアリと戦う羽目になってしまった。

しかし救う方法もある。新しいシャシーのおかげでグリッド順位が上がり、初の表彰台も間近だろう。セバスチャン・ヴェッテルから影響を受けて、自分のマシンにニックネームをつけたんだ。妻にちなんで「曲線美のコリーナ」と呼んでいる。「かっこいいザビーネ」とか他の女性の名前で呼んだら家から追い出されると思う(そういうことがあるというわけではない)。

多くの人が僕の失敗について書いている。"Autosport" は今週号の表紙で「シューは負けたのか?」と問いかけている。彼らはスターリング・モスに質問し、彼は僕のことを負け犬だと思っている。しかしその彼も、そこにないエレベーターに乗ろうとした人物だった。

サー・スターリングは「人々は、7度のワールド・タイトルを獲得したので彼が最高だと言う。しかし必ずしもそれが本当とは限らない」と言った。でも僕は「1950年代に非常に速かったが、最終的に卑劣な闘争本能に欠けたためマイク・ホーソーンにワールドチャンピオンシップを奪われた好人物」よりも「7度のワールドチャンピオン、ミハエル・シューマッハ」と呼ばれた方がいいと思う。

もし僕が負け犬なら、なぜ僕はレース・オブ・チャンピオンズでほぼ毎回優勝しているのだろう。正直なところ、他人が僕のことを完全な負け犬と見ようが、一部負け犬と見ようが、半分負け犬と見ようが、気にしない。実際、Fダクトは渡さないからね。

最近、僕の名前がルイス・ハミルトンに結びつけられたと聞いた。彼はセパンのメインストレートで「シューのような蛇行」をしたと言うんだ。ルイスがしていることは完全に間違っている。僕はレース後、彼を隅に連れて行って講義をしたよ。あまりに多くのミスがあった。

・ 後続のドライバーが動いたときに「シュー蛇行」を始めなければならない。ルイスは早過ぎた。
・ 後続のドライバーの少なくとも二輪を芝の上に追いやらなくてはならない。ペトロフは簡単にタルマック舗装の上を走っていた。
・ 後続のドライバーをピットウォールに追いやらなくてはならない。ルイスはほど遠かった。

要するに、ルイスのあの動きを僕と結びつけられたことを恥ずかしく思う。あれは「シュー蛇行ライト」あるいは女の子用の「シュー蛇行」だった。

さて、僕が落胆していないこと、僕のお笑いのモチベーションが高いことを見せなくては。次のジョークは、ジョークの受け手によく知られた方式を使った意外なユーモアと、モータースポーツの知識を組み合わせて、インパクトを強めたものだと思う。このジョークを正しく理解するには、今年の開幕4戦を観戦していなければならない。事前に理屈を説明しても期待を裏切ることはないと思う。では、どうぞ。

Q: 電球を交換するのに、ザウバーのメカニックは何人必要か?
A: ふたり。ひとりは電球を交換し、もうひとりは前ほど明るくないと言う。

Q: 電球を交換するのに、レッドブルのメカニックは何人必要か?
A: 5人。ひとりは電球を交換し、他人に面白そうだと思わせるために4人がその前に立っている。

フランク・カーソン(アイルランド出身のコメディアン)なら「それがわたしの説明方法だ」と言うだろう。

愛とキスをこめて

The Schu

-Source: Planet-F1
-Amazon: 不気味な笑い フロイトとベルクソン

Planet-F1の「Off On F1」は、お遊び記事のコーナーです - markzu





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         
        BBC Top Gear [UK] August 2017 (単号)
        BBC Top Gear [UK] August 2017 表紙は旭日旗(Rising Sun Flag)